覚え書き

「未来」が見えない・・・・・!?

投稿日:

今週のTV誌の表紙はKinKiのようで。

本屋さんでチラッと見ました。

まあ新曲発売の週なので仕方ないかも。

ただこの写真はどこかで見た・・・・と思ったら、ジャニーズWEBのKinKiの写真でしたね。

この時期だけに、新たに写真撮影をして、というわけではなく、ある意味淡々としているのでしょうか?

中身は読んでいないので知りませんが。

 

 

手越くんの退所も明らかになり、NEWSはとうとう3人に。

この手越くんの後に番組に誰を入れるかで、ジャニーズ事務所と日テレが話し合い中だとか・・・・。

まあ、どうでもいいようなことなのですが、ちょっと興味深いのは、日テレが希望しているのが平野紫耀くんと中島健人くんだとか。

この二人が人気がある、ということ?

ジャニーズ事務所にとっては『将来の事務所の看板候補』なのだそうで。

少しは知識を増やしておこうか、と思っただけなのですが。

この二人は名前を覚えておくべきらしいですね。

 

 

まあ、それはともかく、KinKiの新曲は前回、前々回の曲(なんでしたっけ?よく知らないけれども。)よりも売れているらしい。

これだからKinKiファンは理解できません。

何を求めているのか。意味不明。

さらに言えば、KinKiがどこへ行くのかも不明。

 

 

こういうことではなく、今日見た「俳優さんたちの映画」について感想を書きたかったのです。

ニュースの一こまだったでしょうか。

俳優さんもスタッフさんも、まったくのノーギャラで集まったらしいのですが、「2メートルのソーシャルディスタンス」を保ってマスクをつけて。

この状態で、「野外で」稽古をして、10分ほどの「動画」を作成。

今の「仕事」のない状況に危機感を持った人たちが集まって「演劇」の存在を残しておきたかった、ということのようですが・・・。

 

たしかに、稽古場にしても「密」の状態が避けられず、「SHOCK」では集団の殺陣もあって、2メートル間隔を保てるとも思えません。飛沫も飛ぶでしょうし。

そういう状態を『避けて』そもそも舞台は成り立つのか?

光一さんの言う「新しいコンテンツ」は可能なのか?

「with  コロナ」と言い、「after コロナ」と言いますが、そこに、参加することすら厳しいジャンルもあるのではないか。

そう思うと、「未来」の姿はなかなか見えず、今年、中止になった上演予定の演目を眺めながら、これがいつ見られるのか、とため息が出ます。

ライブハウスも劇場も、観客側からというよりも、舞台側から見た時に、どんなパフォーマンスが可能なのか、なかなか見えてきません。

当面は『過去の映像』しかないのでは?と思います。

再開できる分野と、再開への道すら見えない分野があって、次第にそれが見えてきた気がします。

まだまだ『第2波』も予測される中で、どんな社会ができてゆくのか?

特に「演劇」はどうなってゆくのか?

今、光一さんはどう考えているのだろうか?

 

博多座、梅芸、帝劇、またここで「SHOCK」は観られるのでしょうか?

妙に肌寒い6月は、ちょっと悲観的。

 

 

 







-覚え書き
-, , , ,

執筆者:

関連記事

まだまだ続く「トニー賞への招待」に思うこと

井上さんは、今関西で「12番目の天使」公演中。 今日4月27日のチケットを取っていたのですが、気管支炎の咳があまり改善されず、観劇を断念。 チケットは当日受け取りとしていたので念のため電話でキャンセル …

「僕の背中には羽根がある」

なんとなく「眺めていた」ツイートに、吉田拓郎さんのラジオの話があって、そこでKinKiで一番好きな歌の話題になり、拓郎さんは「フラワー」が好きなのだけれども光一さんから『僕の背中には羽根がある』が一番 …

改めて考える。「エンタメは社会生活に必要か?」

東京の「寄席」が当初開け続けると言っていましたが、結局休むことになりました。 その際、エンタメは社会生活に必要だから、といっていましたね。 私は、エンタメはまさに平和な時代にこそ花開くものだと思ってい …

あと1日で2021年が終わり

喜びと悲しみの一年 という気がしています   今はグループ活動で忙しそうですが   6年ぶりのソロコン 3年ぶりのナイツテイル 久々のSHOCKの映像化 Instagramの開設で …

インスタライブのお知らせが!!今夜(5/2)20時から!!

Instagramのチェックも結構忙しいです! たった今、そのお知らせを発見しました! 『菊田一夫演劇大賞」受賞について、だそうですよ。 光一さん、またあの黒い椅子かしら? またあの黒Tシャツかしら? …