覚え書き

「未来」が見えない・・・・・!?

投稿日:

今週のTV誌の表紙はKinKiのようで。

本屋さんでチラッと見ました。

まあ新曲発売の週なので仕方ないかも。

ただこの写真はどこかで見た・・・・と思ったら、ジャニーズWEBのKinKiの写真でしたね。

この時期だけに、新たに写真撮影をして、というわけではなく、ある意味淡々としているのでしょうか?

中身は読んでいないので知りませんが。

 

 

手越くんの退所も明らかになり、NEWSはとうとう3人に。

この手越くんの後に番組に誰を入れるかで、ジャニーズ事務所と日テレが話し合い中だとか・・・・。

まあ、どうでもいいようなことなのですが、ちょっと興味深いのは、日テレが希望しているのが平野紫耀くんと中島健人くんだとか。

この二人が人気がある、ということ?

ジャニーズ事務所にとっては『将来の事務所の看板候補』なのだそうで。

少しは知識を増やしておこうか、と思っただけなのですが。

この二人は名前を覚えておくべきらしいですね。

 

 

まあ、それはともかく、KinKiの新曲は前回、前々回の曲(なんでしたっけ?よく知らないけれども。)よりも売れているらしい。

これだからKinKiファンは理解できません。

何を求めているのか。意味不明。

さらに言えば、KinKiがどこへ行くのかも不明。

 

 

こういうことではなく、今日見た「俳優さんたちの映画」について感想を書きたかったのです。

ニュースの一こまだったでしょうか。

俳優さんもスタッフさんも、まったくのノーギャラで集まったらしいのですが、「2メートルのソーシャルディスタンス」を保ってマスクをつけて。

この状態で、「野外で」稽古をして、10分ほどの「動画」を作成。

今の「仕事」のない状況に危機感を持った人たちが集まって「演劇」の存在を残しておきたかった、ということのようですが・・・。

 

たしかに、稽古場にしても「密」の状態が避けられず、「SHOCK」では集団の殺陣もあって、2メートル間隔を保てるとも思えません。飛沫も飛ぶでしょうし。

そういう状態を『避けて』そもそも舞台は成り立つのか?

光一さんの言う「新しいコンテンツ」は可能なのか?

「with  コロナ」と言い、「after コロナ」と言いますが、そこに、参加することすら厳しいジャンルもあるのではないか。

そう思うと、「未来」の姿はなかなか見えず、今年、中止になった上演予定の演目を眺めながら、これがいつ見られるのか、とため息が出ます。

ライブハウスも劇場も、観客側からというよりも、舞台側から見た時に、どんなパフォーマンスが可能なのか、なかなか見えてきません。

当面は『過去の映像』しかないのでは?と思います。

再開できる分野と、再開への道すら見えない分野があって、次第にそれが見えてきた気がします。

まだまだ『第2波』も予測される中で、どんな社会ができてゆくのか?

特に「演劇」はどうなってゆくのか?

今、光一さんはどう考えているのだろうか?

 

博多座、梅芸、帝劇、またここで「SHOCK」は観られるのでしょうか?

妙に肌寒い6月は、ちょっと悲観的。

 

 

 







-覚え書き
-, , , ,

執筆者:

関連記事

「大人が本気でふざけたら・・・」日経エンタ7月号より

僕の動画に関しては、 「大人が本気でふざけたらこうなりましたって言うことですかね(笑)」 と日経エンタの連載で話している光一さんです。   この「大人が本気でふざけたら」というフレーズがずっ …

近づく春!ゆっくりゆっくりやって来い!

上は甲山、かぶとやまと読みます。 下は春らしい鮮やかな黄色。 今日の朝は、春をおもわせる綺麗な青空でした。 でも、明日は雨の予報、 こうして春が近づいてくるのですね。   春を呼ぶ「SHOC …

『光一クオリティー』は健在!!

  というか、こんな時期だけに、まずは公演を行うこと、に重点を置く、ということではなく、どんな時期であろうと、提供できる最高のものを提供する、という『光一クオリティー』は健在であるらしい、と …

6/24日曜日になってしまった!

昨日は一日中バタバタで電話もできす、密かに密かに期待していた帝劇ハガキ枠も音沙汰無し(泣)   何年出しても当たらないし、ほぼ諦めてはいたものの、やはりテンションは下がります。   …

『平成300の顔』に”堂本光一・俳優”!!

読売新聞さんに感謝です!! なんといっても『俳優』堂本光一。 ジャニーズではSMAPのみなさんと光一さんだけが掲載されたとか。 SMAPのみなさんは「SMAP」として。 光一さんはGの肩書ではなく「俳 …