本・雑誌・記事

こちらはネットの記事。

投稿日:

堂本光一、『SHOCK』7ヶ月ぶり再開に決意 感染対策徹底&階段落ちも封印「赤字覚悟で…」

まずはこちらの記事。

いらない「KinKi Kidsの」がついているのですが・・・・。

注目はここ。

一方で、もう1つ名物でもあるフライングは当初、実施しない予定だったが「客席上空を飛ばなければいいということなので」とパフォーマンスを決定。「みなさんが楽しみにしていると思えるシーンができるというのは、よかったと思います。フライングは僕にも計り知れない、いろんな計算で成り立っているので、それはスタッフの頑張りがあって実現した。それはすごくうれしいのでステージ上で返さないと」と気を引き締めた。

 

このフライングも含めて、光一さんのさまざまな工夫が楽しめる舞台なのでしょうね。

 

こちらはスポニチ。

新聞を買えなかったので、いただきものです。

ネットではこんな記事になってます。

堂本光一飛んだ!「SHOCK」スピンオフ in 大阪 コロナ禍で当初断念も「やはりやりたい」

当初は見せ場であるフライングは行わない予定だったが、堂本の「作品の象徴であり、やはりやりたい」という考えから協議。その結果、これまで客席上空で行っていたフライングではなく、ステージ上空だけを舞うフライングに変更して実現。』

大人数が至近距離で行う殺陣は、3密と飛沫(ひまつ)防止のためスローモーションで演じる。同時にオリジナル版の殺陣の映像を流すことで迫力を生み出している。フライングと並ぶ見せ場の“階段落ち”も映像で表現。堂本は「リスクを回避しながらどうやって目でも楽しめるかなというのを考えながら演出した」と自信を見せた。

とも書かれてます。

次第にいろいろ分かってきましたね。

 

今日18日は関西はやや雨がちな一日でした。

舞台は夜の一公演のみ。

20日の日曜日は2公演ですが、それ以外は24日の休演日まで一公演ずつの公演。

観客は半分の1000人、と書かれていましたが、感染対策を十分にした上での上演です。

観客の拍手も、行かない決断をしたファンの分まで熱かったはず。

それは今後もそうだろうと思います。

 

そうして、またいつか、「満員御礼」の看板が立つに違いない「Endless SHOCK」本編を楽しみにしています。

今の座長の姿勢が、今後の舞台の素晴らしさをすでに示していますし、未来には、楽しみと期待しかありませんから。

 

 

 

 

 

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:

関連記事

読売新聞 『週刊エンタメ』・・・と「一般販売」・・・。 

まずは読売新聞11日朝刊の「週刊エンタメ」の記事です。 20年を迎えた「Endless SHOCK」についての記事ですね。 特にここが嬉しかったです。 「初演から全席完売のミュージカルは他にない。上演 …

吉田拓郎さん!!

拓郎さんが「終活」? こんな記事を読みました。 吉田拓郎 ラストアルバム協力者に指名したKinKi Kidsとの強い絆   書き出しはこんな感じ。 『年の差が30才以上ある親友を持つ人はどれ …

日経エンタ連載 特別編 vol.73

  これは7月9日ジャニーさんが亡くなった日の翌日、光一さんからの申し出によって、すでに取材を終えていた別テーマの記事に替えてインタビューをやり直した記事。 ページ数もこれまでの2ページから …

「光一さんは菩薩のような・・・」と、斗真くん、結婚おめでとうございます!

今日は一日バタバタで書店にも行けず(日経エンタチェックのため)夕方になってやっとネットのニュースで、生田斗真くんの結婚を知りました。 「おめでとうございます!」 お幸せになってください! 風間くんもそ …

TV誌のレポと写真!

このところバタバタで情報に疎くなっているなあと自覚もしているので、書店でTV誌を少し見てみました。   舞台のレポと写真を発見。 特に写真! ピアノの鍵盤の上に隠れた? なんのこっちゃ ? …