本・雑誌・記事

ジュリーと拓郎さん、ライブは当分中止!

投稿日:

毎日、様々な話題がネットに流れてきます。

 

ジュリーと拓郎さんの話題。

(昔「LOVE LOVE 愛してる」のゲストにジュリーが出たことがありましたね。このとき、拓郎さんがジュリーのことを”スター”だったと語っていましたっけ)

二人とも、このコロナ禍にあっては、ライブはしない方針だそうで。

参考記事はこちら。

ファンクラブ解散のジュリー「気ぃ長ぁ~に暮らしましょう」ライブ再開へ望みも〈週刊朝日〉

ライブの開催が難しい状況では、ということで『ファンクラブ』の解散を決め、ライブ再開がかなう日まで元気にすごしましょう!というメッセージを送っています。

ファンクラブの解散まで決められるのは、個人事務所だから?

 

自身もそうですが、昔からのファンには高齢者も多く、ライブは当分しない、という方針を明らかにしています。

 

なんとかできる形を考えて、(たとえば観客を制限するなど)ライブをしようとするのも、もう当分無理と見定めて時期を待つのも、それぞれの考え方でしょう。

ファンはどちらにしても、大好きな人にまた会える日を信じて待つだけなのですから。

 

そういう意味で、エンタメは、今すぐに必要というよりも、

『いつかを信じて待つ』ためのエネルギーにもなるのですね。

 

他の人での代替えがきかない、唯一の大好きな人にまた会うために、と思えば、どんな状況にも耐えられるはず、とは思います。

 

第三波といわれるこの感染拡大は、すぐには収まるとは思えず、落ち着いて推移を見守るしかなさそうですから。

 

見守るしかないとしても、

『いつかまた、きっと!!』と信じていられれば、待つのも苦にはならない・・・、と思いたいです。

どこまで続くのか、見えない状況ではあります。

経済的な影響もあります。

雇用がどうなるのか、新社会人の就職は?

職種によって大変さが違うでしょうし、これまでに経験のないことが始まるのかもしれません。

それでも、逃げるわけにはいきません。

 

それこそ

「楽しいことに満ち溢れている毎日」

ではありませんが、

「あきらめずに」

やっていくしかありません。

山も谷も人生の一部です。それが「全て」ではなく、「一部」です。

いい時も悪い時もあります。それも『人生』の味わいなのかもしれません。

それぞれの一度だけの人生です。

諦めず、放り出さず、ヤケにならず、時を待ち、希望を持って行きましょう!

 

関西は寒気がやや緩んで、今日は昨日よりは暖かな気がします。

太陽の温かさが少し感じられます。

春はまだ遠いけれども、やがてやってくるでしょう。

それまで元気に過ごしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:

関連記事

「売れないもの」優先のKinKiFCって意味ありますか?

まあ、すでにFCを退会している私が言うのもね、とは思いますが、ここでもKinKi=エンドリ路線があると思うわけです。   基本「売れないもの」を宣伝するらしいですから、光一さんファンにあちら …

日経エンタ・・・の前にTOKIOのFCメールに脱力!

  TOKIOのFCメール、事件後初のFCメールの内容がなんと「島茂子の衣装展の案内」だったそうで・・・。 なんでしょうね、もう腹が立つ以前の問題で、ただ・・・脱力。   前々から …

記事『『SHOCK』開幕の堂本光一 対コロナ仕様舞台の苦労明かす』

この記事を読んで、昨今の俳優さんの「自殺」のニュースを思い、コロナ禍における多くの努力と、覚悟と、なかなかわかりにくい関係者の方々のジレンマなど、考えさせられました。 記事はこちらです。 『SHOCK …

山本寛斎さん追悼。『七人の侍』

山本寛斎さんが7月21日に亡くなっていたことが27日にわかったそうで。 光一さんの追悼文。 堂本光一「とにかく豪快な方。衣装を身にまとえた事は誇り」    もうあれから10年なのですね。 「 …

「悲劇喜劇」2020年1月号・・・ジャニーさん追悼特集!

おそらくここで初めて語られたのが、 ”まず観客を作る”というジャニーさんの戦略です。 先輩のステージに「ユー、あがっちゃいなよ!」とジュニアを立たせ、デビュー前の若い子たちのファンを作る。 そのファン …