本・雑誌・記事

ジュリーと拓郎さん、ライブは当分中止!

投稿日:

毎日、様々な話題がネットに流れてきます。

 

ジュリーと拓郎さんの話題。

(昔「LOVE LOVE 愛してる」のゲストにジュリーが出たことがありましたね。このとき、拓郎さんがジュリーのことを”スター”だったと語っていましたっけ)

二人とも、このコロナ禍にあっては、ライブはしない方針だそうで。

参考記事はこちら。

ファンクラブ解散のジュリー「気ぃ長ぁ~に暮らしましょう」ライブ再開へ望みも〈週刊朝日〉

ライブの開催が難しい状況では、ということで『ファンクラブ』の解散を決め、ライブ再開がかなう日まで元気にすごしましょう!というメッセージを送っています。

ファンクラブの解散まで決められるのは、個人事務所だから?

 

自身もそうですが、昔からのファンには高齢者も多く、ライブは当分しない、という方針を明らかにしています。

 

なんとかできる形を考えて、(たとえば観客を制限するなど)ライブをしようとするのも、もう当分無理と見定めて時期を待つのも、それぞれの考え方でしょう。

ファンはどちらにしても、大好きな人にまた会える日を信じて待つだけなのですから。

 

そういう意味で、エンタメは、今すぐに必要というよりも、

『いつかを信じて待つ』ためのエネルギーにもなるのですね。

 

他の人での代替えがきかない、唯一の大好きな人にまた会うために、と思えば、どんな状況にも耐えられるはず、とは思います。

 

第三波といわれるこの感染拡大は、すぐには収まるとは思えず、落ち着いて推移を見守るしかなさそうですから。

 

見守るしかないとしても、

『いつかまた、きっと!!』と信じていられれば、待つのも苦にはならない・・・、と思いたいです。

どこまで続くのか、見えない状況ではあります。

経済的な影響もあります。

雇用がどうなるのか、新社会人の就職は?

職種によって大変さが違うでしょうし、これまでに経験のないことが始まるのかもしれません。

それでも、逃げるわけにはいきません。

 

それこそ

「楽しいことに満ち溢れている毎日」

ではありませんが、

「あきらめずに」

やっていくしかありません。

山も谷も人生の一部です。それが「全て」ではなく、「一部」です。

いい時も悪い時もあります。それも『人生』の味わいなのかもしれません。

それぞれの一度だけの人生です。

諦めず、放り出さず、ヤケにならず、時を待ち、希望を持って行きましょう!

 

関西は寒気がやや緩んで、今日は昨日よりは暖かな気がします。

太陽の温かさが少し感じられます。

春はまだ遠いけれども、やがてやってくるでしょう。

それまで元気に過ごしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:

関連記事

STAGE SQUARE vol.33・・・・光一さんの腕が・・・・!

本屋さんに3冊ならんでいる景色が、とても嬉しい😃 ただ、どれも3〜4冊しかないのですが。     まずは『STAGE  SQUARE』   表紙を見ると、 …

「座長祭り」の始まり‼️

やはり書店に舞台誌が並ぶようになると 「SHOCK」の季節が来たな‼️と思います。 今年は20周年、かつ光一さんが「演出」でクレジットされることもあって、ライバル、アンサン …

Instagram更新と、世界はうごいてゆく!

Instagram更新されていましたね、ストーリーズです。 奈落の光一さん……好き!!     こうして博多座カウントダウンに入っても、 日々世界は動いているわけで。 国葬あり、コ …

ロックな皆さんのグループ!!

もう皆さんいい大人なのにこのチャレンジ精神がすごいと思います。 確かに、まあ年齢的にも今がいい時なのかも・・・。 それぞれが「プロ」ですから。 こういう方たちのグループ結成はやはり注目したいですね! …

こんな記事も発見!

こちら。 堂本光一「SHOCK」“階段落ち”2年ぶりに魅せた 22段「あぁ、あの痛みだ」 「22段、高さ4・84メートルの階段を転げ落ちる名物の「階段落ち」。帝劇で本編の映画作品を無観客撮影した202 …