映像

「映画」を語る!

投稿日:

今、Instagramでも、「映画」に関して更新が続いていますね。

たとえばこんな感じ。

スクリーンで観るEndless SHOCK 本編の流れのままで撮影した後に、いくつかの場面で、映像ならではの表現を求めて「別撮り」を行いました。 ジャパネスクで、コウイチが階段に刀を突きたてる場面のカメラの位置をディスカッション中 #なめる #手前に相手役など映り込みがある中で被写体を撮影する意味の専門用語 #タツヤが手前に映り込みながらコウイチを撮影するかどうか #結局どうなったかはスクリーンでご確認ください

 

さらにネットではこんなインタビュー記事もありました。

堂本光一、『Endless SHOCK』への不変の姿勢 映画化、スピンオフ上演「今できることに全力を捧げるだけ」【インタビュー】

 

『今までBlu-rayなど過去に出したときもありますが、その時は編集するにあたって、『いかに劇場で見ているか』ということを意識しているんです。今回は映画館で上映されることもあり、ひとつの映像作品としてどう残そうかというのは意識しました。

⇑このあたりが『映画』ならでは、の特色かもしれませんね。

 

新たに「監督」としての視点が加わって、映像についての拘りも強くなったようで、これが今後のDVD作成などにどう生きていくのか楽しみです。

 

光一さんの姿勢そのものには変化はなく、今できることをすることが、未来に繋がってゆくのだろう、と。

芸能の世界に生きるということは、いつ消えてもおかしくないということ、と以前から言ってきた光一さんですから、目の前ことに集中するというのは間違いではないでしょう。

 

末来をもう少し見据えて欲しいと思うのは、ファンの勝手な思いなのかなあ、と思わなくもありません。

光一さんの生き方が大きく変わるとも思えず、しばらくは、最近いつも言っているように見守るしかないのかもしれませんね。

もうすぐ2月。

 

どんな未来が待っているのでしょう??

 







-映像
-, , ,

執筆者:

関連記事

Instagram ラテアートのわけ

「ブンブブーン」をみていないので YOU TUBE でやっとラテアートの意味がわかりました。 これでした。 KinKi Kidsのブンブブーン 2022年03月19日   見ていない人のため …

2021年 元旦!

元旦の朝はいつもゆっくりなので。 今日はYOU TUBE で「堂本兄弟SP」を観ました。 キンキファンだというお笑いの人が出ていましたが、彼らが選ぶ歌がやはり「青の時代」「愛のかたまり」「硝子の少年」 …

ドラマ考。

光一さんのドラマを私が見たのは「人間・失格」からでしたが・・・。 これが1994年、 1995年には「家なき子2」 1996年「パパ帰る」「銀狼怪奇ファイル」「若葉のころ」「サイボーグ」 1997年「 …

みんな違ってみんないい!!大好きな「SING」

何度見ても好き!! 映画「SING」 なんでしょうね、ここにも可能性がある! と思っています。 歌は世界に通じる!   そんな感じ!   喜び、悲しみ、希望、祈り、そのすべてが & …

舞台挨拶❣️と朝のZ IP

映画初日の舞台挨拶の模様が記事になっていますね。 こちらです。 ミュージカル『SHOCK』が劇場公開 主演・堂本光一「今の時代に通ずるメッセージがある」 写真の光一さんが素敵でした!! きっと多くの方 …