覚え書き

男の背中・・・。

投稿日:

「ナイツテイル」は歌稽古から、『次』のステップへ?

稽古場も変わるとか。

どんどん進んでいきますね。

 

今日はたまたまNHKを見ていたら、背広?スーツのデザイナーの方が生田斗真くんと出ていて、既製服のスーツのデザインについて話していらっしゃいました。

 

ポイントは背中だそうで、張った肩胛骨のあたりから、ウエストをやや絞り、腰へとむかう、そのとき引力によって布地が下がってゆくのを美しく見せるのが大事なのだそうで。

 

かなり年配の方でしたが、斗真くんが、「僕もそんなカッコイイ男性になりたい」と言っていて、確かにそう言われるだけのことはある素敵な70代の男性でした。

 

斗真くんのスーツの背中をみて、

「きれいですけど、まだ若いですね」とおっしゃっていました。

 

この時思い浮かべたのは光一さんの背中で。

ああ、ここに光一さんがいたら、どんなふうに言われたのだろうか、と考えたのでした。

 

年齢と共に、背負うものが増えて、座長としてそれこそ「背中」でカンパニーを牽引する光一さん。

今回の舞台では、ひとりの演者としての出演といえど、多くのものを背負っているのだろうなあ、と想像しています。

でも、軽やかに、新たな舞台を楽しんでもいるのでしょう。

 

 

で、こちらもたまたま見た町田さんのツイート。

「フリーとして3年がたった。

孤独を噛みしめ
挫折しそうになりながら
日々戦っている・・・」

 

これは一部分ですが、もう3年になるのですね。

一時は舞台には立たないと決めたこともありながら、舞台に戻ってくれてよかったと思っています。

が、「孤独を噛みしめ」は胸に刺さります。

町田さんと光一さんのソロコンのシーンがあれこれと蘇ってきます。

いつか、舞台で光一さんとの共演が見られますように、と願っています。

町田さんも日々を過ごしながら、きっと男の背中を素敵に輝かせてゆくのでしょう。

前に進んで行く姿勢、チャレンジをやめない姿勢が未来を切り開いてゆくのだと思います。

そういう未来のいつか、光一さんと町田さんの舞台での『再会』が実現しますように!!

 

そのとき、きっと二人とも素敵な背中の男性になっているのだろうと思います。

 

未来の可能性を信じて、今は孤独であっても、歩みを止めずに進んで欲しいと願っています。

 







-覚え書き
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母の心?

剛くんは、かつて母の心で、ゆる~く応援して欲しい、(そこに立ってるだけでいい、ということ?)と言ったはず。 その時と比べるとかなり追い詰められていませんか?   カスがたまるとか、自分の人生 …

ほど良い距離?!

前回はかなり感情的だったな、と思います。 でも、まあ、そんな風に思っているのは事実。 しかし、 この頃思うのは、「ほど良い距離」感です。 こんな感じ。これが一番幸せかも。   最近見たツイー …

さあ、9月です!!

いよいよ「SHOCK」2年ぶりの梅芸公演が始まります。 光一さんが、「あれとこれとあれとあれとあれ」という中のひとつ。 帝劇の「ドリボ」がどう変わったのか、気になりますし、梅芸では優馬くんがどんなライ …

「楽しく見放す」・・・ popstyleブログより

  水曜日?の読売新聞を買いそびれてしまったのですが、ツイッターで「popstyleブログ」を知りました。 早速読んでみると、思った以上に濃い内容で、考えさせれられました。 前半はケアード氏 …

内くん[兄貴」と食事!

月曜日は内くんのWEB更新。 先週はやはりSHOCK観劇のあと「兄貴と食事」 スタッフさんも一緒で「SHOCKに出てる感覚」とか。 座長も楽しく過ごせたようで良かったです。     …