舞台

ステキなカンパニーが出来上がって行く過程が・・・とても幸せ!!

投稿日:

「ナイツテイル」キャストのみなさんのツイートを拝見すると、舞台にかける情熱と、稽古を楽しみながら常に一歩進もうとする姿勢が感じられて、とても幸せな気持ちになります。

 

また、井上さんのラジオの内容を教えていただいて、光一さんがこの方と舞台をやりたいと望んだ理由がちょっとわかったような。

 

長い稽古の時間と舞台本番を通じて、カンパニーがさらに結束して一つになってゆくのだろうと思うと、光一さんの充実した日々が想像できて、本当に嬉しいです。

 

これこそが光一さんが望んだ環境なんだろうなあ。

 

一演者としてのチャレンジ、ミュージカル界の先輩たちとの共演。

 

これまでの「ジャニーズ」故のメリットもデメリットも捨て去って、一人の演者として舞台に立つ試練と緊張と喜び。

 

「怖い」と言いながら、(実際怖いという思いもあるでしょうが)やっと叶った外部舞台への出演。

 

プレッシャーも楽しみに変えて、きっと沢山のことを学び、沢山の足らない部分を知って、さらに努力を重ねて行くのでしょうね。

 

そんな光一さんだからこそ、今後のことをこの機会にしっかりと考えていただきたいと思います。

 

光一さんが本当にやりたいことができる環境について。

 

未来につながる場所を選んでいただきたいと心から願っています。

 

 

 







-舞台
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2月最終日!!

今日は1公演。 引き続き明日2公演があって休演日ですね。 明日から3月。いよいよ春が近づいてきます。 朝からこんな記事を見ました。 「千と千尋」舞台化で「SHOCK」どうなる? 堂本光一は12月に意味 …

人は世につれ世はひとにつれ・・・

  もとは「歌は世につれ世は歌につれ」からきています。 意味は、 「歌はその時代の世の成り行きにつれて変化し 、世のありさまも歌の流行に影響され反映されている」 ということですが、この「歌」 …

指揮者・田辺さんの「千穐楽」と、見つけた素敵な「感想」

オーケストラの指揮者・田辺さんは3月4日が「千穐楽」だったようで。 座長から、こんな言葉があったようです。(Twitterより)   『【SHOCK 3/4夜】キャスト紹介後に「今日は指揮者 …

ラウドマイノリティーはわずかで、圧倒的多数のサイレントマジョリティー

  SNSで叫んでいるのは声が大きい「ラウドマイノリティー」です、それも基本的に『少数』 大多数が「サイレントマジョリティー」であることを忘れてはなりません。 つまりはほとんどの人は常識人な …

『初日おめでとうございます!』なのだけれども・・・何が起こった??

これが気になって・・・・。 EndlessSHOCK eternal初日「…ショーが始まりまーす」ってビバさんの真似で始まった^_^ 次々に場面は進むけどもう最初から涙止まらなくて… カテコで光ちゃん …