舞台

ステキなカンパニーが出来上がって行く過程が・・・とても幸せ!!

投稿日:

「ナイツテイル」キャストのみなさんのツイートを拝見すると、舞台にかける情熱と、稽古を楽しみながら常に一歩進もうとする姿勢が感じられて、とても幸せな気持ちになります。

 

また、井上さんのラジオの内容を教えていただいて、光一さんがこの方と舞台をやりたいと望んだ理由がちょっとわかったような。

 

長い稽古の時間と舞台本番を通じて、カンパニーがさらに結束して一つになってゆくのだろうと思うと、光一さんの充実した日々が想像できて、本当に嬉しいです。

 

これこそが光一さんが望んだ環境なんだろうなあ。

 

一演者としてのチャレンジ、ミュージカル界の先輩たちとの共演。

 

これまでの「ジャニーズ」故のメリットもデメリットも捨て去って、一人の演者として舞台に立つ試練と緊張と喜び。

 

「怖い」と言いながら、(実際怖いという思いもあるでしょうが)やっと叶った外部舞台への出演。

 

プレッシャーも楽しみに変えて、きっと沢山のことを学び、沢山の足らない部分を知って、さらに努力を重ねて行くのでしょうね。

 

そんな光一さんだからこそ、今後のことをこの機会にしっかりと考えていただきたいと思います。

 

光一さんが本当にやりたいことができる環境について。

 

未来につながる場所を選んでいただきたいと心から願っています。

 

 

 







-舞台
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

変化と進化

「SHOCK」は進化してきた舞台ですが、いくつか大きな変化を遂げています。   もちろん一番大きな変化は、「Endless SHOCK」になったことです。   その後の大きな変化は …

稽古場から舞台稽古へ!

  稽古場でのラストは円形になってのワークショップだったとか。 ケアード氏のやり方が、カンパニーのみなさんの「世界初」の舞台へ向けてのさらなるテンションアップになっている様子がキャストの方々 …

「ナイツテイル」初稽古、素晴らしすぎる楽曲ですと!!

  出演の皆さんのツイートが断片的に伝わってきて、それだけでもワクワク。 光一さん、SMGO更新してくれないかしら。   昨日が初顔合わせ? 一から作る舞台って光一さんも楽しいでし …

発表会見と「号外」!!「こそ練」も!!

会見の内容についてはこちらの記事が詳しいようです。 二人のプリンス奇跡の競演!『ナイツ・テイル」製作発表   帝劇前では読売新聞の「号外」が配られ、ラッピングトラックが都内を走ったそうで・・ …

「ナイツテイル」評 朝日新聞 萩尾瞳

朝日新聞、夕刊の劇評、萩尾瞳さんです。   ラストが大きく変わったことで、幸せな大団円。   この幸福感が、一層キャストの魅力を引き立てて、カンパニーも笑顔のカテコで、観客も幸せ。 …