本・雑誌・記事

ミホコはみていた!!

投稿日:

こちらの記事

会見も華麗に仕切った堂本光一の座長力 山田美保子氏も絶賛

様々なうれしい記事がいっぱいです!

⇓ ⇓ ほぼ引用

会場に到着してまず驚いたのは大宴会場に集まった記者やカメラの数だ。コロナ禍、これほど多くのマスコミに「取材したい」と思わせる演目は、そうあるわけではないだろう。  次に驚いたのは、徹底した感染対策だった。各自が座る椅子の間隔は前後左右に広くとられており、全員、不織布マスク着用が必須。アルコール消毒液も四方八方に置かれる徹底ぶりで、マスクは登壇者も全員、最初から最後まで着用していた。さらに高さのあるアクリル板は終始、取り除かれることはなかった。  会見の後半で囲み取材の時間になった際も、会場後部に並んだテレビカメラの前にリポーターが並び、遠くの壇上に居るキャストに質問するスタイルがとられた。

そんな中、座長の堂本光一が度々触れたのは、コロナ禍、幕を開け、公演を続けることの困難さと、先々の予定が立ちにくいという現実だった。それでもニューノーマルを求められる時代に柔軟に対応したエンターテインメントを発信し続けてきた堂本は、決して縮こまることはなかったのである。  SexyZoneの佐藤勝利とKis-My-Ft2の北山宏光、綺咲愛里を温かく迎え、前田美波里や島田歌穂をリスペクトしながら会見を終始リード。どんなに困難なときにも舞台に立ち続けたからこその振る舞いとコメントに、記者の多くが大拍手を贈っていた。製作発表会見をも華麗に仕切った座長・堂本光一。今年の「~SHOCK」も楽しみでならない。

⇑  ⇑ ここまで

 

光一さんの記事は本当にうれしいですね!!







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:

関連記事

20年前の自分に「今の俺がどう声をかけても届かないと思います」

AERAの「表紙の人」の記事です。 舞台誌では想定内の記事が多いですが、そうではない雑誌では思いがけない文言に出合います。 タイトルの言葉には前後があって、それはこちら。 ”20年前の自分に声をかける …

2/7  2公演終了‼️  雑誌のことなど。

今日は2公演。 無事終演、を確かめて。 観劇された方のツイートを拝見しながら、まだ今年の舞台を観ていないので同意もしにくいし、初観劇の方々の感想を嬉しく思っても、リツイートもしにくくて。   …

もう、見たいものだけを見る!と決めた!!

  もう12月なんですけど。 写真は11月の終わり。 美しい紅葉と、秋らしい青空‼️ 堂本光一という美しい生物‼️ それだけでいいかな …

5枚目のソロアルバム『PLAYFUL』発売!!

嬉しいお知らせが!! なんと6年ぶりのソロアルバムでございます!! こちら。 堂本光一、6年ぶり5枚目のソロ・アルバム『PLAYFUL』をリリース 6年ぶりって・・・ 長かった・・・・・。 「タイトル …

3/28 「SHOCK-Eternal」生配信も決定!!

「Enfdless SHOCK」の”未来”について。 ⇓  ⇓ 「SHOCK」はコロナ禍で昨年2月末から帝劇公演が中止になり、1年遅れで到達した1800回公演。すでに視線の先には“未来”がある。 舞台 …