覚え書き

『PICU』に泣く・・・・

投稿日:

なんてタイトルにしましたが・・・・

ドラマの話ではありません。

ドラマはなんというか、・・・感傷的。

 

私はここ5年以内に母と弟を亡くしました。

一緒に暮らしていたわけではなく、時々電話をしたり、たまに会う程度。

 

もう身内も少なく、家族葬で見送りました。

涙も出ませんでした。

母は倒れるまでしっかりしていましたし。

弟は大腸がんの抗がん剤で苦しみましたが希望どおりに家でなくなりました。

 

荼毘にふしてお骨を集めて墓地におさめました。

60歳で亡くなった弟の骨はきれいで量も多く重たかったです・・・

 

たぶん

もっと若ければ違う感じ方をしたでしょうが。

死はだれにもやってきて、何時とは予測できないけれども肉体も精神も滅び、

骨と灰になるのだ、と実感しました。

 

それは生まれてきた以上誰もが通る道であり。

特別悲しむことでもなく。多分運命、若しくは必然なのでしょう。

そういう日はいつとはわからないけれども

間違いなく来るのです。

 

死は生き残った者にとっては残念な事実ですが、

形は違っても万人に平等にやってくるのです。

 

だからこそ、せめてその直前まで、

自分のことは自分でして、生きることに貪欲でいたいと思います。

自分の人生の主体が自分でいられるように。

 

世の中は知らないことばかりですが、

せめて少しでも、知っていると言えることをふやしておきたい・・・

などと思うこのごろ。

 

人の訃報を知るたびに、

その人の「終わり方」を思います。

それは、ひとつの道筋ではありますが、自分で決められるものではありません。

 

せめてその直前まで、希望や夢を抱きしめていたいと思います。







-覚え書き
-,

執筆者:

関連記事

中居くんと光一さん‼️ そして・・・・。

ツイッターを見ていて、そうそう、こんなこともあったのね、と思い出したのでした。 以下引用。   『大事なエピソードひとつ。阪神淡路大震災のとき、早朝だったよね。中居くんから電話があって、事態 …

2022年春・・・・

関西は春らしい青空も。 こんな感じ ひな祭りも近づいているというのに、 コロナ禍に続く紛争。 世界は何処に向かうのでしょう? コロナワクチンが自己責任なら、故郷を守るのも自己責任かも?   …

9月は終わり。秋がやってきます。

もう9月も終わり。 今年の夏はなんと病院で2か月を過ごしました。 昨年の夏も、入院 昨年の2月には弟が亡くなり、以後実家の片づけ。 さらには自分のものも片付けながら少しづつ整理を続けています。 還暦を …

2020年も今日で終わり・・・。

草彅くんの結婚が発表されましたね。 嵐は今日がラスト。 ジャニーズも様々なことがあった一年でした。   ジャニーズというよりも、コロナ禍によって世界中が変化せざるを得なかった大変な年でした。 …

「素朴な疑問」と「えっ、当日販売?」

  「ナイツテイル」のプレビュー公演まで1週間を切りましたね。 「世界初」の舞台がどんなものになるのか、ワクワクしながら注目しています。 光一さんも通し稽古を経て、手応えを掴んでいるのではな …