覚え書き

『PICU』に泣く・・・・

投稿日:

なんてタイトルにしましたが・・・・

ドラマの話ではありません。

ドラマはなんというか、・・・感傷的。

 

私はここ5年以内に母と弟を亡くしました。

一緒に暮らしていたわけではなく、時々電話をしたり、たまに会う程度。

 

もう身内も少なく、家族葬で見送りました。

涙も出ませんでした。

母は倒れるまでしっかりしていましたし。

弟は大腸がんの抗がん剤で苦しみましたが希望どおりに家でなくなりました。

 

荼毘にふしてお骨を集めて墓地におさめました。

60歳で亡くなった弟の骨はきれいで量も多く重たかったです・・・

 

たぶん

もっと若ければ違う感じ方をしたでしょうが。

死はだれにもやってきて、何時とは予測できないけれども肉体も精神も滅び、

骨と灰になるのだ、と実感しました。

 

それは生まれてきた以上誰もが通る道であり。

特別悲しむことでもなく。多分運命、若しくは必然なのでしょう。

そういう日はいつとはわからないけれども

間違いなく来るのです。

 

死は生き残った者にとっては残念な事実ですが、

形は違っても万人に平等にやってくるのです。

 

だからこそ、せめてその直前まで、

自分のことは自分でして、生きることに貪欲でいたいと思います。

自分の人生の主体が自分でいられるように。

 

世の中は知らないことばかりですが、

せめて少しでも、知っていると言えることをふやしておきたい・・・

などと思うこのごろ。

 

人の訃報を知るたびに、

その人の「終わり方」を思います。

それは、ひとつの道筋ではありますが、自分で決められるものではありません。

 

せめてその直前まで、希望や夢を抱きしめていたいと思います。







-覚え書き
-,

執筆者:

関連記事

霞む未来⁉️

今日は神戸方向が霞んで見えます。 これは朝でしたが午後からは雨。     光一さんで思い出すのは、なんといっても「留加」   エキセントリックな留加とは違って、健康的で普 …

9月は終わり。秋がやってきます。

もう9月も終わり。 今年の夏はなんと病院で2か月を過ごしました。 昨年の夏も、入院 昨年の2月には弟が亡くなり、以後実家の片づけ。 さらには自分のものも片付けながら少しづつ整理を続けています。 還暦を …

歩く力・・・・

最近結構よく歩いているので、いろいろな話をききます。 お母様の話なども。 皆さんやはり骨折されて一時は歩くことをあきらめたこともあるらしいこと。 それでもあきらめずに毎日歩くことで今はお元気になられて …

「楽しく見放す」・・・ popstyleブログより

  水曜日?の読売新聞を買いそびれてしまったのですが、ツイッターで「popstyleブログ」を知りました。 早速読んでみると、思った以上に濃い内容で、考えさせれられました。 前半はケアード氏 …

髪を切らない光一さん!!

舞台が次々に中止になっていますね 光一さんがInstagramで 皆さんお元気で と言っていましたが 関係者のだれかが感染してしまったら 舞台はできないわけで   そういうことも踏まえて 光 …