本・雑誌・記事

「BEST STAGE」は梅芸ゲネプロも?・・・そして思うこと。 

投稿日:

さて、「BEST STAGE」もチェックです。

こちらは梅芸でのゲネプロのレポが載っていますね。

「将来舞台に関わることになるかもしれない学生さんたち」(大阪芸術大学舞台芸術学部)を招待したそうで、歌穂先生の教え子たちでもあるそうです。

 

写真が大きくて、たくさん!

また観たい!という気持ちがフツフツと湧いてきます。

 

この舞台が学生さんたちに、どんなふうに映ったのか感想を聞いてみたいです。

 

最近、城田優さんと山崎育三郎さんが同い年で、やはり「ミュージカル」の盛り上がりについて語っている記事を見ました。

実際、この頃のミュージカルブームというのか、盛り上がりは随所で感じられるのでしょうね。

このお二人は光一さん芳雄さんよりやや年下ですが、お二人で共演したい、ともおっしゃっていたような・・・。

 

 

生の舞台で、歌で観客を魅了するというのは素晴らしいことです。

芳雄さんの、光一さんが「モンスター」と言うくらいの圧倒的な歌唱。

「ナイツテイル」で何度も圧倒されました。

素晴らしかったです!

 

・・・と同時に、ミュージカルの魅力は「ダンス」

光一さんほど『踊れる』主演者はいないのではないでしょうか?

「ダンサー」さんではなく、真ん中に立つ人として、観る人を惹きつけてやまない光一さんの『総合力』が、芳雄さんとは違う意味で舞台を支えていると思います。

 

また、演者であるとともに演出家でもあること。

これも光一さん独特の立ち位置です。

 

ですから、光一さんには他の誰にもできない、「舞台」のカテゴリーが作れると思いますし、良くも悪くもジャニーさんの薫陶を受けてきた、という点でも、独特の道を歩んでいるわけで、そこにも新たな可能性を感じるのです。

 

そんな光一さんの未来のためにも、もはや「足かせ」にしかならないグループから自由になることを望みます。

 

「ナイツテイル」では「手かせ」が楽しみのひとつでしたが、「足かせ」はまったくシャレにもならないくらいの妨げです。

 

光一さんがさらに大空高く羽ばたくために、全力で背中を押したいと思っています。

 

 







-本・雑誌・記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大千穐楽レポ‼️ 雑誌より

STAGE SQUARE vol.35 を購入してきました。   BEST STAGE にもレポはあったのですが、写真が大きくてたっぷりあるぶん、テキストが少ないような。   やは …

「役者ほど素敵な商売はない」市村正親さん

夢中になって読みました。 市村正親さんの、「役者」としての心意気が伝わってきましたし、光一さんとも共通する部分が多いのだろうと思いました。 また、市村さんが劇団四季を退団されたのが41歳のとき。 御本 …

すべては舞台のために 日経エンタテインメント2018.8

まずは「すべては舞台のために」というタイトルに、もうやられてしまいます。 NHKのあのドキュメント、光一さんの息づかい、初めての舞台裏。   ・・・・・でも、井上さんと向き合う光一さんの表情 …

活字の向こうに見える「光一さん」!!

日経エンタ「エンタテイナーの条件」 私はこの連載かあって本当に良かったと思っています。   多くの方に光一さんのことを知ってもらえるから、というのもありますが。光一さんにとって自分の考えをま …

「エンターテイナーの条件」2を!

  「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。 約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。   あれからもう二年を超えています。   そろそ …