本・雑誌

「BEST STAGE」は梅芸ゲネプロも?・・・そして思うこと。 

投稿日:

さて、「BEST STAGE」もチェックです。

こちらは梅芸でのゲネプロのレポが載っていますね。

「将来舞台に関わることになるかもしれない学生さんたち」(大阪芸術大学舞台芸術学部)を招待したそうで、歌穂先生の教え子たちでもあるそうです。

 

写真が大きくて、たくさん!

また観たい!という気持ちがフツフツと湧いてきます。

 

この舞台が学生さんたちに、どんなふうに映ったのか感想を聞いてみたいです。

 

最近、城田優さんと山崎育三郎さんが同い年で、やはり「ミュージカル」の盛り上がりについて語っている記事を見ました。

実際、この頃のミュージカルブームというのか、盛り上がりは随所で感じられるのでしょうね。

このお二人は光一さん芳雄さんよりやや年下ですが、お二人で共演したい、ともおっしゃっていたような・・・。

 

 

生の舞台で、歌で観客を魅了するというのは素晴らしいことです。

芳雄さんの、光一さんが「モンスター」と言うくらいの圧倒的な歌唱。

「ナイツテイル」で何度も圧倒されました。

素晴らしかったです!

 

・・・と同時に、ミュージカルの魅力は「ダンス」

光一さんほど『踊れる』主演者はいないのではないでしょうか?

「ダンサー」さんではなく、真ん中に立つ人として、観る人を惹きつけてやまない光一さんの『総合力』が、芳雄さんとは違う意味で舞台を支えていると思います。

 

また、演者であるとともに演出家でもあること。

これも光一さん独特の立ち位置です。

 

ですから、光一さんには他の誰にもできない、「舞台」のカテゴリーが作れると思いますし、良くも悪くもジャニーさんの薫陶を受けてきた、という点でも、独特の道を歩んでいるわけで、そこにも新たな可能性を感じるのです。

 

そんな光一さんの未来のためにも、もはや「足かせ」にしかならないグループから自由になることを望みます。

 

「ナイツテイル」では「手かせ」が楽しみのひとつでしたが、「足かせ」はまったくシャレにもならないくらいの妨げです。

 

光一さんがさらに大空高く羽ばたくために、全力で背中を押したいと思っています。

 

 







-本・雑誌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

すべては舞台のために 日経エンタテインメント2018.8

まずは「すべては舞台のために」というタイトルに、もうやられてしまいます。 NHKのあのドキュメント、光一さんの息づかい、初めての舞台裏。   ・・・・・でも、井上さんと向き合う光一さんの表情 …

舞台誌!・・・選んだのは”STAGE SQUARE”ですが何か?

書店に並ぶ舞台誌! この時期はもちろん光一さんが表紙です!! どれも素敵な光一さんです! ・・・が一番に目に飛び込んできたのは『二の腕』 腕だしの光一さんはこの”STAGE SQUARE”だけですから …

「二人の貴公子」Kindle版が再販されたようです!

以前に「二人の貴公子」がなかなか手 に入らないので、探していたとき、 電子書籍で販売されていると教えてい ただいたのですが、amazonでは既に 売り切れでした。   ところが再販されたよう …

日経エンタ 8月号 連載vol.72 好きすぎて何もできない・・・・。

日経エンタの光一さんの連載記事の掲載ポジションが、今までは裏表紙の手前というのか、巻末に近かったのですが、今回は48ページにありました。 これって今後もこの位置になるのでしょうか? 来月号に注目です …

台風と日経エンタ!

昨日9月4日、台風21号の被害は関西では予想を超えていましたね。 停電や断水、浸水など、場所によっては大変だったようで、まだ停電が続いている地域もあります。 我が家は、数分の停電程度でしたが、今日にな …