本・雑誌・記事

日経エンタ連載・・・ジャニーズのイルージョン

投稿日:

光一さんの連載。

今回は、ジャニーズのイルージョンについて。

 

未熟なジュニアにとっては若さ故のエネルギーが全て。

ジャニーズがイルージョンを多用するのはそのエネルギーを最大限に発揮できるようにするため、と。

 

当然、年齢が上がると共に、イルージョンだけでは通用しなくなるし、それを用いる必然性も考えるようになる、と。

 

イルージョンとは違いますが、いまだに階段を何回落ちた、とか、通算何メートル落ちたとか言いたがるSHOCK評を見ると、本当にウンザリします。

 

結局はジャニーズの舞台、と言う括りから出ていないのだ、とやや絶望的になってしまいます。

 

それでもとうとう20年目。

 

光一さんのこういうところには、頭が下がります。

進化を止めず、キャストが変わっても、最善を尽くす、最高の演出家であり、最高の座長ですから。

 

アンサンブルさんが取り合いになる、ところが舞台がまたあるかどうかは、特にSHOCKの場合、発表が遅いのでわからない、とも書かれています。

まさるさんがもうずっと出ていてくださることに感謝です。

 

また、今年初出演の川島如恵留くんについて触れていますね。

 

「スーツで挨拶に来るヤツ」だ、と。

大阪公演を見に自転車で東京から行った?とか。

 

本当に公園のシーンでスーツになるのか?ちょっと楽しみです。

 

そんなこんなで、2019年のSHOCKも、まもなく始まりますね。

座長の季節の到来を楽しみたいです‼️

 

 

{追記}

 

昨夜、応援団の方には、応援団メールをお送りしました。

アドレス未達の方が4名いらっしゃいました。

メールが届いていないかたはご連絡くださいませ。

また、専用掲示板にこのメールをアップしていますのでご確認ください。

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

記事『『SHOCK』開幕の堂本光一 対コロナ仕様舞台の苦労明かす』

この記事を読んで、昨今の俳優さんの「自殺」のニュースを思い、コロナ禍における多くの努力と、覚悟と、なかなかわかりにくい関係者の方々のジレンマなど、考えさせられました。 記事はこちらです。 『SHOCK …

20年前の自分に「今の俺がどう声をかけても届かないと思います」

AERAの「表紙の人」の記事です。 舞台誌では想定内の記事が多いですが、そうではない雑誌では思いがけない文言に出合います。 タイトルの言葉には前後があって、それはこちら。 ”20年前の自分に声をかける …

秋の夜長に・・・ジャニーズ演出家ランキングを見る・・

このところ、様々な「ジャニーズランキング」が目につきます。 ある意味「ジャニーズ応援記事」?でもあるのでしょうが。 私自身はこうした「ランキング」に投票することもなく、さほど興味もないのですが、『演出 …

市村さんとの対談・・・週刊新潮より

週刊新潮に市村正親さんと光一さんの対談さんが載っていますね。 4ページほどですが・・・。 特にこういうところ 『光一くんの歌は”酔っている”ことが一切ないから。あくまでセリフの延長線上で、声に気持ちを …

今更ですが、日経エンタ連載!

YOSHIEさんとの素敵な関係に、なんともいえない気持ちになりました。 お互いにリスペクトできる関係って素晴らしいですね。 光一さんとYOSHIEさんがステージで踊っている姿を見られたのは、幸せでした …