本・雑誌・記事

日経エンタ連載・・・ジャニーズのイルージョン

投稿日:

光一さんの連載。

今回は、ジャニーズのイルージョンについて。

 

未熟なジュニアにとっては若さ故のエネルギーが全て。

ジャニーズがイルージョンを多用するのはそのエネルギーを最大限に発揮できるようにするため、と。

 

当然、年齢が上がると共に、イルージョンだけでは通用しなくなるし、それを用いる必然性も考えるようになる、と。

 

イルージョンとは違いますが、いまだに階段を何回落ちた、とか、通算何メートル落ちたとか言いたがるSHOCK評を見ると、本当にウンザリします。

 

結局はジャニーズの舞台、と言う括りから出ていないのだ、とやや絶望的になってしまいます。

 

それでもとうとう20年目。

 

光一さんのこういうところには、頭が下がります。

進化を止めず、キャストが変わっても、最善を尽くす、最高の演出家であり、最高の座長ですから。

 

アンサンブルさんが取り合いになる、ところが舞台がまたあるかどうかは、特にSHOCKの場合、発表が遅いのでわからない、とも書かれています。

まさるさんがもうずっと出ていてくださることに感謝です。

 

また、今年初出演の川島如恵留くんについて触れていますね。

 

「スーツで挨拶に来るヤツ」だ、と。

大阪公演を見に自転車で東京から行った?とか。

 

本当に公園のシーンでスーツになるのか?ちょっと楽しみです。

 

そんなこんなで、2019年のSHOCKも、まもなく始まりますね。

座長の季節の到来を楽しみたいです‼️

 

 

{追記}

 

昨夜、応援団の方には、応援団メールをお送りしました。

アドレス未達の方が4名いらっしゃいました。

メールが届いていないかたはご連絡くださいませ。

また、専用掲示板にこのメールをアップしていますのでご確認ください。

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「悲劇喜劇」2020年1月号・・・ジャニーさん追悼特集!

おそらくここで初めて語られたのが、 ”まず観客を作る”というジャニーさんの戦略です。 先輩のステージに「ユー、あがっちゃいなよ!」とジュニアを立たせ、デビュー前の若い子たちのファンを作る。 そのファン …

「えんぶ」2月号の井上芳雄さん!

ようやく本屋さんで発見‼️   井上芳雄さんの記事を読みました。 ストレートプレイに去年に続き今年も出演されるそうで、ちょっと羨ましいです。 光一さんのストレート …

日経エンタ連載 vol.86 「コロナ後の客前公演の静けさ」

今回は、ナイツテイルコンサートが無事に終わり、「eternal」の稽古に入ったころの記事のようですね。 ですから、静かな客席にも触れてくれています。 おしゃべりがなく、シーンとしていた、と。 そういう …

素敵な記事を教えていただきました!

こちらです。 社会の危機に底力発揮する堂本光一、「SHOCK」再生へのアイデア次々実現 昨日、この記事を教えていただいてから、考えていました。   もうね、「硝子の窓ふき」から「家のかたまり …

『週刊朝日』と『サンデー毎日』

火曜日に購入した本屋さんでは週刊朝日が売り切れ。 もうひとつの大型書店ではサンデー毎日と週刊朝日が並べて置いてあって、改めてサンデー毎日の井上さんの記事を熟読。 辛いことは半分に、喜びは倍に、って・・ …