ソロコン

沢田研二コンサートin大阪城ホール!!

投稿日:

なんと光一さんのソロコン以来の大阪城ホール。

ほぼ4年ぶりでしょうか?

お誘いをいただいて行ってきました。

ご存知でしたか?

大阪城ホールの周りがスターバックスがあるわ、飲食店がたくさん入ったきれいな2階建て建物があるわ、すっかり様変わりしていました。

大阪城公園駅からホールに向かう道すがら、やたらとキョロキョロしながら、光一さんのソロコンがないと、ここにも本当に長いこと来なかったなあ、と改めて思いましたね。

できれば夏には光一さんのソロコンでまたここに来たいものだ、と思いました。

 

「70 years Live

Old Guys Rock」

というタイトルのコンサート。

会場内は、内心心配していたのですが、お客さんもよく入っていて、これなら「ドタキャン」はないな、と安心したのでした。

17時開演。3分ほど遅れスタート。

まずは少し若いころの映像が流れてジュリー登場です。

私はスタンド席だったのですが、アリーナは総立ち!

ジュリーはキラキラしたたっぷりのつなぎの衣装で、体形もカバーされています。

白髪と髭はそのままでしたが。

いきなり「カサブランカ ダンディ」!!

これには驚きました。

昔の曲はやらない、と聞いていたので。

お酒?を吹き出すフリもあって、思わず拍手!

高音がやや苦しそうでしたが、歌い切りました。

でもそのあとがもっと凄かった!

声がどんどん出るようになって、私が知っている楽曲もあり、楽しいコンサートでした。

途中MCはほとんどなし。

「ありがとう!サンキュー!ありがとうね~」というフレーズが曲の合間に繰り返されます。

ステージはギターの柴山和彦さんと二人だけ。

特に花道はなく、照明もまあ普通。

光一さんのソロコンと比べるものではありませんが7500人が入っているとか。

約2時間のコンサートでしたが1回衣装替え。

紫のスカート風の衣装に黒のジャケット、黒のストッキング?黒のベレー風の帽子で素敵でした。

ステージの黒いボードのうしろで着替えていたそうで、「ここでこのボードが倒れたらちょっと面白い」とか考えていたようです。

ここであの「キャンセル話」が少々。

「ジュリーは自分の歴史の幕を閉じた」とか言われたようですが、「そんなつもりはなく、まだまだ頑張ります!」と。

ただ「あの件でそれまではジュリーといえば昔のイメージがあったのに今の姿がバレてしまって、自由にどこでも行けなくなった」とも。

 

60歳からは70歳まで何とかやれればいい、と思っていたけれど、もう70歳・
古希なので、「大人になってから随分経つので、もう”大人の対応”をしなくてもいいか、」とか。

ドタキャン以降、コンサートが続いてお客さんがきてくださることに感謝とか。

MCも楽しませてくれました。

「ROCK」と銘打ったコンサートですが「ROCK」にこだわらなくても、ジュリーの声は美しく、素敵でした。実際楽曲もそこまでROCKに拘っていないように思われました。

 

でも一番感動したのはアリーナ席のファンのみなさんの姿でした。

始めから総立ちで曲にあわせて手の振りが変化し、手拍子があり、ノリノリで。

こういうファンのみなさんがいるから、古希になっても、さらにたぶん今後もジュリーは歌い続けるのでしょうね。

 

 

さすがに「古希」の光一さんは想像できませんが、(という前にそれって30年後ですから。自分が想像できません!)楽曲をダンスや照明、つまりはステージで表現する、というスタイルの光一さんのソロコンは、いつまでできるのだろうか?と考えてしまいました。

 

年齢を重ねて、”歌だけのシンプルなソロコン”は光一さんの場合「アリ」だろうか?

ファンとしてはアリーナ席で立って手を振り、頑張るつもりはあっても、おそらく光一さんは、そういうソロコンはしないのではないか、と思われ。

 

となると、ますます時間は限られている、と思うのです。

ジュリーにはジュリーの生き方があり、光一さんには光一さんの道があるでしょう。

 

ファンにとっては、光一さんのステージが見られることが幸せ。

それがたとえばミュージカルの舞台なら、もちろん幸せです。

光一さんが舞台でその役を生き生きと生きて、歌とダンスを披露して。

そういう未来を想像しています。

たとえば、市村正親さんは今年69歳です。

素敵な69歳ですよね、かつ現役のミュージカル俳優さんです。

光一さんには幸せな家庭をもってほしいですし、その上で、ミュージカルの舞台に立って欲しい。

 

大阪城ホールからの帰り道、そんなことを思っていました。

 

(ジュリーのMCは覚えている範囲で書いてみましたが、そんなニュアンスだった、ということでお許しくださいませ)

 

 

 

 







-ソロコン
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ソリタリ」・・・内にきいてよ

教えていただいた『内に聞いてよ』 「ソリタリ」を内くんのライブで見たい、という投稿があって。 内くんは 「光一くんに怒られる」と答えています。   ま、私も正直怒ります💢 & …

光一さんソロ活動の歴史

  光一さんのソロ活動は、隣の人にかなり遅れてスタートしました。   Endless SHOCKが、2005年1月に始まりましたから、この変更の手応えが光一さんの姿勢をさらに貪欲に …

やっぱり「ソロ」も好き!

  このところTwitterで昔の座長の歌がアップされていて、手持ちのどこかにはあるはずの映像をなかなかゆっくり見られないぶん、嬉しく拝見しています。   そうして、帝劇の座長とし …