舞台

週刊朝日増大号に取材カメラに青木アナ観劇情報も・・・!

投稿日:

まずは昨日の読売中高生新聞の続き。

記者の座談会です。

こちら。

特別編「Endless SHOCK」をジュニア記者が取材!<下>

 

記者のみなさんがウチの気持ちに言及しているあたり、内くんのライバル役成功の証!とも思って嬉しかったです。

またこれは演出の変更による「ウチの気持ち」の描き方の成功でもある、と思いました。

 

 

今日3月14日は青木アナが観劇とか。

取材?カメラが入っていた、という話もあって、今年の「SHOCK」にはさらに注目が集まっているようで。

 

週刊朝日では増大号で光一さんが表紙。

堂本光一特集カラーインタビュー7ページ、モノクロ2ページ、だそうです。

こちらも楽しみ!!

週刊朝日 2019年 4月 12日号増大号。発売は4月2日らしいです。

 

これだけ注目されている、となると、

やっぱり「エンタテイナーの条件 2」をそろそろ出してほしいです。

 

光一さんがステージ・舞台を作る時の視点や、考え方。

演出家であり同時に演じ手として主役を務め、作曲もしているという「堂本光一」という人のあり方。

拘りの照明や装置。

多くの方に、まだまだ知られていない光一さんの凄さを知っていただきたいものです!







-舞台
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さて、今日から3月!!

ワクワクして待ったマイ初日。 今年の「SHOCK」の進化を目の当たりにして幸せでした。 それを反芻するうちに、もう3月。 まだ「折り返し」というわけではありませんが、千穐楽までカンパニー全員で走り続け …

稽古場から舞台稽古へ!

  稽古場でのラストは円形になってのワークショップだったとか。 ケアード氏のやり方が、カンパニーのみなさんの「世界初」の舞台へ向けてのさらなるテンションアップになっている様子がキャストの方々 …

5月31日「ナイツ・テイル」製作発表会見!ポスターも!!

帝劇は今リニューアル中ですが「SHOCK」が終わったあとリニューアルに入り、改修後の柿落とし公演が「ナイツ・テイル」。 東宝さんの想いが伝わってきます。 光一さんも力が入りますね。 どんな制作発表なの …

「ナイツテイル」初めの一歩の始まり!

あの斎藤安彦さんが「ナイツテイル」のプロデューサーと知ってなんだか安心しました。 素晴らしい環境で、光一さんが笑顔になっているんだろうなあと思えます。   日本初演の作品、ゼロから作る舞台。 …

「エンタメ見本のよう」ですか??

これは、スタジオジブリ・プロデューサーの鈴木俊夫さんが書かれ「SHOCK」の感想です。 この方は滝本さんのご縁で初めて「帝劇でジャニーズを見る」ことになったのですね。   「途中で寝てしまっ …