覚え書き

大澄賢也さんとのご縁!!

投稿日:

大澄さんのツイート。

『おはよう😃
「SHOCK 」観た
新演出でまた進化していて
光一君は明らかに”ーナイツテイルの経験が生かされたなら嬉しい😃
終演後に会った光一君はあの舞台をやり終えたとは思えないほど、爽やかな笑顔で迎えてくれたー
表現者の前に人、貴方のその人間力に尊敬してる👍』

 

あの「家なき子」以来の共演となった大澄さんです。

当時、光一さんはまだ十代。

しかもデビュー前。

 

20年以上の時間が過ぎて、生の舞台、しかも光一さんが希望していた初の外部舞台、演目が世界初の「ナイツテイル」

そういう場での再会でした。

大澄さんは様々な経験を積まれ、舞台経験も多く、たくさんの役者さんとの出会いを重ねていらした方。

その大澄さんが「SHOCK」を観劇されて、

全ての表現の幹が太くなっていた

さらに、

表現者の前に人、貴方のその人間力に尊敬してる👍”

と言ってくださる嬉しさ!

 

当時はまだ子供で、先行きもわからない男の子だった光一さんが40歳。

このような巡り合いを経て、大澄さんのツイートを拝見すると、やはり積み重ねた日々の確かな実りが、ファンの欲目ばかりでなく、光一さんにはあるのだ!!としみじみと嬉しいです。

 

そうして、「ナイツテイル」の経験を通して、「SHOCK」と光一さんにとって、2019年40歳という年が、大きな節目になったと思いますし、まだ3か月にも満たないこの2019年の今後に何が待っているのか、とても楽しみです。

 

連続18公演もあと4公演になってきました。

『無理して頑張って』きた人も多いでしょうがカンパニーの舞台にかける情熱はちゃんと伝わっています。

また、そういう舞台だからこそ、何度でも観たい、もう一度観たい、となるのです。

人を惹きつけて止まないものは、やはり結局は「人間力」なのでしょうね。

 

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Twitterで振り返る『ナイツテイルシンフォニックコンサート』

猛暑です!! このところ夏バテ気味で、8月生まれで夏には強いと思っていた自信がガラガラと崩壊。 でようやくTwitterで13日までの「ナイツテイルコンサート」を振り返っています。 みなさんのつぶやき …

今幸せに触ったみたい♫

「ぼくの背中には羽根がある・再考。」 ということで。   もうこの頃、この曲の脳内再生が止まりません。 ただし、光一さんソロで、という条件付きです。     こんな状況下 …

見たいものは?

2020年1月2日。 朝の景色です。 美しい青空です‼️ 六甲の山並みも美しい‼️ ちょっと雲がかかって見えない所もあります。 いつも変わらずに …

「隣のお兄さん」をプレミアム配信のアフタートークで確認!!

「隣のお兄さん」が気になって、有料のLINEプレミアム配信に加入してしまいました。 今まで無料すら放置だったのに・・・・。 なんというか・・・・まあ、光一さんファンでございます。   &nb …

優先順位⁉️

今、この時期、いろいろな事を考えます。   そうして、思うのは、光一さんが一番やりたい事は何だろうか?ということです。 いつも、目の前の仕事に全力を尽くす、と言いますよね、 それはよく分かり …