覚え書き

大澄賢也さんとのご縁!!

投稿日:

大澄さんのツイート。

『おはよう😃
「SHOCK 」観た
新演出でまた進化していて
光一君は明らかに”ーナイツテイルの経験が生かされたなら嬉しい😃
終演後に会った光一君はあの舞台をやり終えたとは思えないほど、爽やかな笑顔で迎えてくれたー
表現者の前に人、貴方のその人間力に尊敬してる👍』

 

あの「家なき子」以来の共演となった大澄さんです。

当時、光一さんはまだ十代。

しかもデビュー前。

 

20年以上の時間が過ぎて、生の舞台、しかも光一さんが希望していた初の外部舞台、演目が世界初の「ナイツテイル」

そういう場での再会でした。

大澄さんは様々な経験を積まれ、舞台経験も多く、たくさんの役者さんとの出会いを重ねていらした方。

その大澄さんが「SHOCK」を観劇されて、

全ての表現の幹が太くなっていた

さらに、

表現者の前に人、貴方のその人間力に尊敬してる👍”

と言ってくださる嬉しさ!

 

当時はまだ子供で、先行きもわからない男の子だった光一さんが40歳。

このような巡り合いを経て、大澄さんのツイートを拝見すると、やはり積み重ねた日々の確かな実りが、ファンの欲目ばかりでなく、光一さんにはあるのだ!!としみじみと嬉しいです。

 

そうして、「ナイツテイル」の経験を通して、「SHOCK」と光一さんにとって、2019年40歳という年が、大きな節目になったと思いますし、まだ3か月にも満たないこの2019年の今後に何が待っているのか、とても楽しみです。

 

連続18公演もあと4公演になってきました。

『無理して頑張って』きた人も多いでしょうがカンパニーの舞台にかける情熱はちゃんと伝わっています。

また、そういう舞台だからこそ、何度でも観たい、もう一度観たい、となるのです。

人を惹きつけて止まないものは、やはり結局は「人間力」なのでしょうね。

 

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本選手権・優勝 おめでとうございます!!

森且行さん、日本選手権優勝、おめでとうございます!! 長い、長い道のりでした。 おめでとうございます。 元SMAPのメンバーのお祝いの言葉が嬉しかったです。 森くんの当時の脱退には驚きました。 が、年 …

牢獄でもイチャイチャ!

もう雑誌のレポも、皆さんの感想も、牢獄でもイチャイチャ、カテコでも仲良し。 歌えば絶好のハモリで心地良く、芳雄さん男らしい!光一さん可愛い!というのがほぼ定番になってきた模様。   今夜もそ …

「シンデレラ クリスマス」が流れる頃・・・後遺症は?

この時期になると、どこからともなく「シンデレラ クリスマス」が聞こえてきます。 歌詞なしの、メロディのみだったりしますが。 懐かしさと嬉しさを感じます。 KinKiの初期の曲は良い曲が多いです。 今年 …

「怒涛の日々」が続きます。

井上芳雄さんがラジオで、ペットの鳥さんが手の上で亡くなったことを話していらっしゃいました。 さらにその日は次男の赤ちゃんのお祝いの日?(井上さんはクリスチャンだそうですが、そこに詳しくなくてすみません …

「トニー賞への招待」・・・「ロングラン」の意味!?

  トニー賞をめぐっていろいろ調べていて一番に思ったことはNY・ブロードウエイにおける「ロングラン」について、です。   いわゆる「ロングラン」というのは連続公演であり、休演日を挟 …