覚え書き

霞む未来⁉️

投稿日:2019-12-21 更新日:

今日は神戸方向が霞んで見えます。

これは朝でしたが午後からは雨。

 

 

光一さんで思い出すのは、なんといっても「留加」

 

エキセントリックな留加とは違って、健康的で普通っぽい光一さんを見た「人間・失格」ビデオの特典映像を思い出します。

 

お芝居と踊りと歌、全部がひとつになったミュージカルをやりたいと語った少年のちょっと照れた笑顔は、美しい留加以上に衝撃的でした。

また、このとき、彼がジャニーズだと知ったのでした。

あれから25年?

今でもある意味、繊細な「留加」と健康な少年が共に生きている気がします。

 

光一さんを見てきた年月は幸せでした。

一時は、ちょっと生意気?大丈夫?と思ったものでしたが。

 

舞台とGのもう一人の存在によって、光一さんはちゃんと大人になったと思います。

自分語りをしない、愚痴をこぼさない素敵な大人です。

でも、不確定な未来も語らない大人です。

 

 

ジャニーさんを失って、未来がハッキリとは見えない、ということもあるでしょう。

光一さんには、光一さんしかできない事に邁進してほしいけれども。

ただ、光一さんがまだジャニーさんの死を受けとめきれないなら、ジャニーさんと共にずっと生きていけばいいのです。

私も昨年母を亡くしました。

それほど仲のいい母子でもありませんでしたが、 見送ったあとも、母の存在を感じます。

月並に言えば、私の中に生きている、ということかもしれませんが、なんだか以前よりも「ひとりではない」という気がします。

光一さんの気持ちはわかりませんが、ジャニーさんと共に新たな舞台を、新たなエンタメを作ってゆく、という考え方もあるでしょう。

ジャニーさんと最も濃密な時間を過ごしたのならば、これからもジャニーさんと共に、これまでのジャニーさんを超える作品を創ればいいのです。

 

未来は見えないけれども、25年以上?に渡る過去を振り返れば、全てが今に繋がっていると思えます。

 

だから、きっと、この、定かではない「今」も、未来に通じているのでしょう。

 

光一さんが「夢を見ない」というから、ファンは勝手にたくさんの夢を見ます。

 

ただ、どんな夢を見るにしても、光一さんが幸せであるように、と願う気持ちは同じです。

 

ですから、まだ霧が深いとしても、光一さんの舞台の情報に喜びますし、動画にテンションが上がります。

来年2月3月は帝劇「SHOCK」ですね!

 

ただ、その先は?

とも思っているのですよ。

 

2019年もあと僅か。

光一さんのお誕生日が近づいてきました。

良いお誕生日になりますように‼️

 

 

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

景色は変わっても、たぶん【本質】は変わらない!!

⇑は今日の六甲山。 空に雲が多く、やや霞んでいます。 どんな天候でも山の姿は変わらないけれども、「見え方」は様々に違います。 ただ、どんな風に、何を見せるか、 そこに『堂本光一』としての在り方が問われ …

劇場の『公演中止』

梅田芸術劇場では、4月~7月の公演が中止となっています。 5月の「エリザベート」7月の「ミス・サイゴン」も。 「エリザベート」「ミス・サイゴン」は東宝の主催ですが東京公演ばかりでなくその後の全国ツアー …

満開の桜に帝劇を思いながらもモヤモヤ・・・

  何かと忙しい毎日で、今日は梅田で研修など。 その合間に見た桜がこちら 梅田の真ん中の公園ですが、暖かい夕方、しばし桜に見入ったのでした。 ・・・・で、今日は2公演だったなあ、と一日を振り …

ジャニーさんに応える⁉️

  私はいつも、ジャニーさんには追い付けない、という光一さんの言葉を疑問に思っています。 ジャニーさんの作った舞台は、わけのわからないナンチャッテ舞台でした。 唯一、光一さんの手によってまと …

光一さんならではのパフォーマンス!!

まず、前回の記事の追記から。 光一さんは、飛天でのフライングは「コッパズカシイ」と言っていましたね。 その感覚は何となく分かりますし、光一さんのそういうバランスのとれた見方ができるところか大好きです。 …