映像

バゲット 2019/3/20 光一さんインタビュー‼️

投稿日:

まずは、連続主演記録の話から。

歴代の記録は、

森光子さん、2017回 (放浪記)

松本幸四郎さん、1265回 (ラ・マンチャの男)

ですね。

この千穐楽で光一さんは1700回。

 

 

「SHOCK」が始まった2000年、光一さん21歳の映像もしっかりありました。

階段落ちの話題、リボンフライングの話もあり。もちろん殺陣も。

 

 

舞台直後の光一さんへのインタビューですが、あのカテコの時の黒のキラキラ衣装です。

「よいしょ」と椅子に座る光一さん、風邪をひいたそうで。

SMGO更新でも言ってましたね。

 

2か月70公演のハードな舞台について。

毎日、幕が開いた瞬間からその役でその場で生きられる、こんなに幸せなことは無い、と言い切っている座長です。

だから飽きるわけがない、と。

リピーターの方にとっても舞台は生ものであって、その時の気分で、共感する部分が違うのではないか、と思う、と語っている座長です。

 

 

(私がリピーターであり続けることの理由と言えば、一度ではとにかく足らない‼️

これに尽きます。

全てを見るのには、何度見ても足りなくて、そもそも座長から目が離せない。

ここをしっかり見よう、と決めていても、目が釘付けになってしまうシーンが多すぎて。

見る都度、発見があり、感動があり、気持ちが揺さぶられます。

だからこその『endless』なので。)

 

 

座長のインタビューは続きます。

年齢について。

年齢を重ねることは「楽しみ」

40歳は、人生折り返しでもあるので、まだ半分あると思うとこれからが楽しみ、とも言ってます。

「回復力は落ちたけれども、その時にかけられるエネルギーは上がっていると思う」と。

さらに、その年齢だからこそ見せられるものがある、とも言ってます。

ここで新曲も紹介。『大人の魅力があふれた曲』と。

あの “Memory  of  Skyscrapers”です。

映像もありました。

ここも何度だって見たいです。

 

 

家では「もぬけの殻」なのでスイッチを入れるのが大変、

開演前のお風呂での発声練習で、スイッチが入るそうです。

いつかこの取材もしたい、という青木アナです。

お風呂も一緒に入りますか?と光一さん。

 

「それは・・・」と断った?青木アナでしたが、取材をする気は満々のようです。

光一さんの最新映像が見られて嬉しかったです‼️

 

以上、8分余りのインタビューでした。

YOU TUBEでも映像がアップされていました。

 

こちらです。

バゲット 堂本光一

 

今夜の公演も無事に終演。

今、深夜ですが、光一さんは帝劇でゆっくりお風呂に入って、「抜け殻」状態なのでしょうか?

 

明日、またお風呂での「発声練習」でコウイチ復活?

あと14公演。

…残り少なくなってきました。

 

{追記}

こちらも楽しみです!

3/27(水)発売「act guide」

表紙「Endless SHOCK」 巻頭特集 「Endless SHOCK」終演直後の堂本光一を、同作を観劇した井上芳雄が直撃。 共にミュージカル界を牽引する同級生の二人が濃密対談! 映画・演劇・ミュージカル評論家の萩尾瞳によるレビュー付き。







-映像
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『動く光一さん』にテンションアップ⇗

なんでしょうね、ファンの浅はかさというのか、これぞ『本質』というのか・・・・。 動く光一さんを見ることであっという間に元気になる、この自分。   昨夜、動画を送っていただきした。 ”RIDE …

嬉しい評価が!!instagramも更新!!

たとえばこちらのツイート。   堂本光一って桁外れに凄い人だったんだと今回のEndlessSHOCKで初めて知った… 今まで面倒臭い(頭の回転が良くてストイックで頑固で厳しいの意)王子だとは …

めざましどようび❣️

こちらも、映像を送っていただきました。 ありがとうございます😊 で、プライベートな話。 「バルコニー」を綺麗にしたそうで。 「硝子のお掃除」の流れでしょうか? 外回りの掃除に目覚めた? …

Instagram更新!謎のテンション!

更新されていますね。 こちら。   トニー賞授賞式 朝早かったので謎のテンション そしてKNIGHTS’TALEマチソワ #トニー賞 #堂本光一 #koichidomoto まあたしかに謎の …

SONGS 11/3 ~ミュージカルに乾杯~

30分は短かったです。 でも色々感じましたね。 ・・・・まず、劇場と、こうした映像は違うなということ。 光一さんが言ってたことが分かりました。 そうして、もうひとつは、光一さんと芳雄さんは全く違った道 …