本・雑誌・記事

サンデー毎日と週刊朝日!!

投稿日:

どちらも表紙はカテコの後の座長です。

ちょっと角度が違うので、表情も違って見えます。

書店に並んでいるのを見ると、自然にニマニマしてしまってそのまま2冊とも持ってレジへ。

最近、雑誌を増やしたくないと思うのですが、『千穐楽』だし・・・・、『40歳』だし・・・、いろいろ変わったし・・・・、と理由付けをしてお持ち帰り。

 

サンデー毎日はグラビア8ページ。

これが全部いいです!見出しもいい!特に8ページ目の「SOLITARY」💛!!

188ページには2ページにわたるインタビュー記事。

こちらもいいです!

『僕が舞台に立ち続ける理由』

何か感想を書くよりも、とにかく読んでください!と思います。

『ボロボロになって、ギリギリの瀬戸際で初めて生まれる輝き』か・・・・・。

何度も何度も読んでしまいます。

 

週刊朝日は、グラビア7ページにインタビュー記事2ページ。

 

グラビアの写真も記事も重複するとことが無くて、どちらも充実しています。

見応え、読み応えのある記事で大満足!!

雑誌では記事の内容が重複してしまうことが多いですが、この2つではインタビューの意図がはっきりしていて結果内容も違っていて、それぞれに光一さんが思っていることがきちんと書かれていて好感が持てます。

2冊合わせて、完全保存版として手元に置きたい仕上がり具合!!

 

 

今日も『花冷え』で風が冷たい一日でしたが、この2冊の光一さんで舞台の熱を感じることができます。

「SHOCK」は続いてゆくのだなあ!と。

いつか終わりが来るとしても、まだまだ先のこと。

光一さんと共に、もっと先へ進んで行ける、と思うことができます。

1700回のその先を、ずっと見ていきましょうね!!

 

 







-本・雑誌・記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

改めて・・カーテンコール挨拶はこちら。

昨日はインスタライブを見るだけに夢中で、きちんとキャストの挨拶をお伝えできませでした。 詳しい記事がありましたので、改めてご紹介します。 堂本光一「すごくいい顔してたね!」上田竜也の“成長”を絶賛 ま …

光一さんと羽生結弦さんのトーク番組!?

  NHK Eテレでお互いにインタビュアーとして質問しあってトークする、という夢のような番組が10月に放送される、と言うスマートニュースの記事を見て、「えっ!ホント!」と大興奮。 スマホのア …

「婦人公論」のふたり

買ってきました、「婦人公論」   二人のページは4ページなんですけど。 勝利くんは1996年生まれなんですね。光一さんは1979年ですから17歳差? 今43歳の光一さんと26歳の勝利くん。 …

とかくこの世はすみにくい・・・

  脳の、どこを通って出てくるのかわかりませんが、突然出てきたのは 「とかくこの世はすみにくい」 さてどこで読んだのでしょう? 七五調?漱石?と思って調べてみたら・・・   私はて …

映像が美し過ぎる!!鬼滅の刃「刀鍛冶の里編」

  「刀鍛冶の里」は地味、と聞いていたのですが、とんでもない! アニメの美しさに倒れそうになりました。 1話の上弦の鬼たち登場の場面。2話の柱登場と炭次郎の頑張り。やはり映画になったら見に行 …