本・雑誌・記事

日経エンタ6月号は『蔵出しトーク集』

投稿日:

「日経エンタ」も「コロナの影響でいつもの取材ができず、ここ1年の『蔵出しトーク』を番外編としてお送りします。」だそうです。

 

・・・これは、興味のある方は読んでください、としか言いようがないのですが・・・。

非常に印象に残った記事が2つ。

一つは

「「SHOCK」公演中止の中で思うこと」

もうひとつは、

「努力の天才MJ」

一つ目はジャニーさんの話です。

1994年の武道館ライブでチケットの配送ミスが起きたときのこと。

ジャニーさんが「チケット持っているかいないかは構わないから全員入れろ!」「自分が責任をとるから、来てくれた人に見てもらおうじゃないか、見てもらいたいじゃないか、」と。そんなジャニーさんを見てきたから、事務所の全スタッフにもそんな風であって欲しいと願っている、とのこと。

つまり「ルール」は大事だけれど”例外を見極められる人”でありたい、と光一さんは言うのです。

(今の事務所にこういう空気があるでしょうか?)

 

2つ目はMJのこと。

彼の動画を見れば見るほど、彼が自分の体格や身体的特徴、全てを表現として使うにはどうすればいいのか、って考えた結果が彼のスタイルなんだろうなというのがわかる、と。

(これきっと光一さんもそうなんでしょうね。)

MJは天才で、天才は努力ができる。僕の努力は「練習しないと怖い」というだけ。だけどマイケルは、不安だからじゃなく、”あくなき追及”なんだと思う、と。

光一さんのMJへのリスペクトがよくわかります。

さらに、いくら周りに優しく接してくれていても、ホテルの床が練習の汗で濡れていたら、周りは怠けられませんよね。逆に彼がやっていることが自然と共演者たちの指標になってたんだろうな、と思います。と。

光一さんはMJをリスペクトしつつ、自分はまだまだ、と言っていますが・・・。

彼がやっていることが自然と共演者たちの指標

になっている、という点では同じだと思います。

光一さんは優しい、とよく後輩くんたちが言っていますが、舞台に立つ上ではここに高い指標があるということを理解して欲しいと私は思っています。

 

今回も写真が素敵です。

そろそろ単行本2冊目どうでしょう。

原稿も十分溜まったでしょうし写真もたくさん。

ソロコンの写真もありますし。ぜひ!!







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ザ・テレビジョン「光ちゃん、どうだった?」

楽しく読ませてもらいました。 「昔からの人たちと久しぶりに一緒に遊んでいる感じがいい」というのが光一さんの意向だったそうで。   三枝さんの狙いとしては、 1、動き回らせると魅力的な光一くん …

サンデー毎日と週刊朝日!!

どちらも表紙はカテコの後の座長です。 ちょっと角度が違うので、表情も違って見えます。 書店に並んでいるのを見ると、自然にニマニマしてしまってそのまま2冊とも持ってレジへ。 最近、雑誌を増やしたくないと …

「BEST STAGE」は梅芸ゲネプロも?・・・そして思うこと。 

さて、「BEST STAGE」もチェックです。 こちらは梅芸でのゲネプロのレポが載っていますね。 「将来舞台に関わることになるかもしれない学生さんたち」(大阪芸術大学舞台芸術学部)を招待したそうで、歌 …

「悲劇喜劇」2020年1月号・・・ジャニーさん追悼特集!

おそらくここで初めて語られたのが、 ”まず観客を作る”というジャニーさんの戦略です。 先輩のステージに「ユー、あがっちゃいなよ!」とジュニアを立たせ、デビュー前の若い子たちのファンを作る。 そのファン …

”可愛いい”と”大人”の間で・・・!

「PON」のインタビューの光一さん、GYAOの#0の光一さん、どちらもやっぱり可愛くて。 39歳の男性に「可愛いい」って?と思うのだけれども。 それでも可愛いとしか言えない笑顔で。 光一さんの露出が増 …