本・雑誌・記事

日経エンタ連載『SHOCKの時短に込めた意味』‼️

投稿日:

本屋さんで山積みになった「サンデー毎日」がひときわ目立っています。

そのとなりにほんの数冊あった「日経エンタテインメント」

こちらも、最初は数冊で後から補充されるので、来月号発売の前日まで本屋さんには置かれています。

やはりファンの購買力を書店さんはご存知ですね。

 

さて、今年の「SHOCK」は7分短くなったそうで、全体をコンパクトにしたかった、という座長です。

つまりは「作品のエッセンスをもっとブラッシュアップしたい」のが一番の目的であった、と。

それでも3時間10分の舞台です。

短くなったから楽になったというものでもない、と言ってます。

限られたシーンにかけられるだけのエネルギーをかける、という気持ちで、メインキャストもアンサンブルもステージに立っている、と。

 

そうして、新たに加わったコウイチが一人で歌うシーン💛について。

 

非常にシンプルな、地味とも思えるシーンなので、昔のコウイチだったらこのシーンは魅力的とは思えなかっただろうけれども、年を重ねたからこそ意味のあるシーンになったと思うし。ここを素敵だと思える人は、それなりに人生経験を重ねた方⁉️

と言いつつ(笑)がついてますが・・・・。

このシーンはみんな大歓迎でしたね!!

 

さらに他の変更点についても語っています。

『複数のメンバーが同時に同じメロディを歌っているんだけど、それぞれが自分の心情を歌っている、歌詞はバラバラというシーンをつくりました』

というところ。

 

自分としては、耳が決して良くないので同時に歌うというよりも掛け合いにしてもらって聞き取りやすくしてほしいな、と思っていますけど。

そこは座長の拘りで、それぞれの心情を同時に歌うところに意味があるのでしょうが・・・。

観客にきちんと伝わることも大事では?と思います。

 

 

今回のリニューアルをジャニーさんは『気持ち悪いくらい』褒めてくれたそうです。

「褒められると不安になるので、この不安をなくすことが課題」と言う光一さんです。

 

昨年までの「ジャングル」の写真と、新たなシーン「メモリー・オブ・スカイスクレーバーズ」の写真があって、今回も写真が素敵です。

 

そろそろ単行本第2弾が欲しいです。

写真もたくさん載せていただいて。

「平成」の連載はあとわずかですし、、かつ1700回の区切りとしても、是非お願いしたいです。

 

 

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経エンタ連載 「 ぎゅうぎゅうエレベーター‼️」

日経エンタテインメント連載で、光一さんは先輩タレントが後輩たちを育てる、それがジャニーズと言っていますね。   で、「ナイツテイル」について。 自分だけが「座長」と大袈裟に扱われない点が心地 …

「役者ほど素敵な商売はない」市村正親さん

夢中になって読みました。 市村正親さんの、「役者」としての心意気が伝わってきましたし、光一さんとも共通する部分が多いのだろうと思いました。 また、市村さんが劇団四季を退団されたのが41歳のとき。 御本 …

日経エンタ 「エンタテイナーの条件」とミュージカル特集

雨が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 兵庫県西宮市は昨日から大雨警報や避難勧告で携帯メールが何度も鳴っています。 幸い、私が住むあたりは、あまり被害はないようですが、まだまだ雨が続くよう …

『週刊朝日』と『サンデー毎日』

火曜日に購入した本屋さんでは週刊朝日が売り切れ。 もうひとつの大型書店ではサンデー毎日と週刊朝日が並べて置いてあって、改めてサンデー毎日の井上さんの記事を熟読。 辛いことは半分に、喜びは倍に、って・・ …

えっ!NY?・・・  という情報と「日経エンタ」の連載!

こんなツイートがあったらしいです。 ↓ ↓ ”マジェスティックシアターにオペラ座の怪人見に行ったら堂本光一いてビビった。トニー賞の番組関連で鑑賞しにきたらしい。“   ↑ ↑ 世界は狭い!と …