未分類 本・雑誌・記事

「ナイツテイルシンフォニックコンサート」の記事がBroadwayWorldに!

投稿日:

こちらのツイートを発見。

この記事の日本語訳がこちらにあります。

やや日本語としては不完全ですが。

ジョン・ケアードが東京フィルをフィーチャーしたコンサート・ナイツの物語を監督する

 

ジョン・ケアード演出の世界初の舞台化作品のコンサートに注目が集ったということでしょうか。

このコンサートについては、

『シンフォニックコンサートの騎士物語では、2018年のプレミアステージプロダクションキャストと、そのオリジナルの主要な男性をフィーチャーしました:日本のポップアイコン堂本光一(2000年以来の帝国劇場でのエンドレスショックのスター)とステージシアタースターの井上芳雄(ミスサイゴン、ダディロングレッグス、ナターシャ、ピエール、1812年の大彗星。)』とお二人が紹介されています。

さらこのコンサートを成功に導いた様々な努力についても触れられています。

ジョン・ケアードという素晴らしい演出家の「仕事」として注目されたことがよくわかりましたし、来年の「再演」にも期待が集まっていることがわかりました。

ただ、光一さんと井上さんの紹介のされかたをみると、

Japanese pop icon Koichi Domoto(star of Endless Shock  at the Imperial Theatre since 2000)and stage theatre star Yoshio Inoue』

と、割とあっさりと紹介されているようにも思われて”BroadwayWorld”の記事になったのは喜ばしいことではありますが、やはりジョン・ケアードの存在があってこそ、とも思うのです。

 

それでもわたしにとっては、堂本光一さんは、今後に大きな可能性を秘めた人であり、舞台での活躍を長く見続けたいと願う人です!

 

 

梅芸での舞台も間もなく始まります。

どんな状況でも、やはりエンタメは必要とされています。

そこで、公演が行われている、と思うだけで、たくさん勇気をもらえます。

 

コロナ禍があり、台風情報がある一方で、テレビドラマも盛り上がっています。

日々の生活には「楽しみ」も必要です。

楽しみながら乗り越える。その先に、

きっと素敵な未来が待っていると信じたいと思います!!

 

 

 

 

 







-未分類, 本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:

関連記事

「光一さんは菩薩のような・・・」と、斗真くん、結婚おめでとうございます!

今日は一日バタバタで書店にも行けず(日経エンタチェックのため)夕方になってやっとネットのニュースで、生田斗真くんの結婚を知りました。 「おめでとうございます!」 お幸せになってください! 風間くんもそ …

「推し活」で若返る⁉️

このところテレビのニュースばかりみていたので活字が読みたくなりました、 看護師さんに、雑誌を買ってきてもらうと、「婦人公論」 その中の特集というのでしょうか、「推し活」で若返る、というページがあって、 …

「婦人公論」のふたり

買ってきました、「婦人公論」   二人のページは4ページなんですけど。 勝利くんは1996年生まれなんですね。光一さんは1979年ですから17歳差? 今43歳の光一さんと26歳の勝利くん。 …

「ひるまない男」日経エンタより

今日は雨。 でも、心には陽が差しましたよ。 (いや、こんな言い方。恥ずかしいけれども) 日経エンタより。 長瀬くんは、「ばかだけど、ひるまない男」だと語る光一さん。 まず「ばかだけど」 ⇑  ⇑ ここ …

創刊 ”act guide” 巻頭特集!

本屋さんに確認するとあと一冊しかないと言われて慌てて取り置きをお願いし、夕方受け取ってきました。 表紙も素敵でしたが、裏表紙は夜の海の後倒れたコウイチ。 こちらなのですが、本を横にして撮ったものです。 …