覚え書き

週刊朝日の記事がYAHOOニュースでも紹介されていますね。

投稿日:

ほぼ全文が記載されています。

 

こちら。

 

「ユーの好きなように」堂本光一が託された舞台『SHOCK』の真実〈週刊朝日〉

 

 

その中でもこんな言葉

コウイチは意外と、男性の共感を得ることがあるんです。とくに年齢を重ねた方の。」

を読むと、やはり光一さんの年齢と共に変化してきた部分がちゃんと特に男性に理解されている、というのは嬉しいですね。

 

同性が見て魅力的である、ということは大事です。

 

そういう意味では光一さんが昔言っていたように、外見だけでなくそれ以外を見てくれる人が増えた、ということでしょう。

 

特に「ジャニーズ」で「王子」といえば、それだけである意味不利というのか、多くの偏見を持たれ易いと思うのです。

 

そこだけで終わらずに、ここまでやってきた光一さんは、やっぱり素敵ですし、ステージを作り上げるときの妥協しない、けれども柔軟な姿勢は大人になった堂本光一の大きな魅力です。

 

演者であり演出家でもある、というのは光一さんならではの武器だと思います。

 

「光一クオリティー」の次のステージを楽しみに待っています!!

 







-覚え書き
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SNSの功罪!?

TwitterもInstagramも、Facebookも、LINEも・・・、 「SNS」といわれるものは個人の発言を発表できる便利な手段です。 私自身、光一さんファンとしての意見や考えを表現するために …

”職人的なエンターテイナーのキング”堂本光一!!

元旦にこんな記事をみました。   堂本光一はジャニー喜多川を超えるべく新たな作品を創り出し続けるーー誕生日を機に考える   特にここ。⇓ 『見た目はいつまでも美しい王子様キャラだが …

光一さん、アンバサダーに就任!!

記事はこちら。 堂本光一『フォードvsフェラーリ』のアンバサダーに「凄く車好きには心くすぐられる」 これに関する記事はいろいろありましたが、どれも「KinKi Kidsの』堂本光一、としているものばか …

2012年の4か月連続公演から現在まで「Endless SHOCK」の流れ

内くんの登場、沙也加さんのリカ役、博多座~帝劇へと続く4か月連続公演。 さらに「Higher」の登場。 2012年の「Endless SHOCK」はDVDで見る「ドキュメント」も含めていろいろな意味で …

無いものねだり・・・・?

  このところ「演出家」堂本光一にフォーカスした記事が目立ちます。 たしかにジャニーさん亡きあと、舞台を再生し、新たに創ることができるのは光一さんだけでしょう。 ジャニーさんの舞台に敢えて異 …