本・雑誌・記事

日経エンタ 8月号 連載vol.72 好きすぎて何もできない・・・・。

投稿日:

日経エンタの光一さんの連載記事の掲載ポジションが、今までは裏表紙の手前というのか、巻末に近かったのですが、今回は48ページにありました。

これって今後もこの位置になるのでしょうか?

来月号に注目です

 

 

今回はまずマイケル・ジャクソンについて。

「神さまのような存在」と言ってますね。

 

Mステでのケント・モリさんとのコラボを思い出しました。

 

さらに、あの、ソロコンでの「ショック」も。

 

さらに言えば、ソロコンDVDでの、ケントさんの登場シーンや、ケントさんの感想や光一さんの衣装や・・・・・

 

映像はありませんが、名古屋オーラスでの、熱中症になりながら「ショック」を踊ってくれた思い出が蘇ってきます。

 

そうして、光一さんが語ってくれるマイケル・ジャクソンへのリスペクト、さらに「愛」

 

それでも

「真似をしたところで自分は絶対ああなれない」とも言っていますし、同様のことは以前から言っていますね。

 

ファンとしてはやはり、ケント・モリさんとのコラボは嬉しかったですし、光一さんならではの「切なさ」というのか「色気」というのか、光一さんにしかできない表現をいつも切望しているのです。

 

多くのダンサーさんと一緒に踊っていても、光一さんにばかり惹きつけられるのは、ダンスが上手い下手、ということではなく、光一さんならではの『引力』にただただ逆らいようもなく夢中になってしまうからなのです。

 

光一さんについて語り始めたら、いくらでも話せますが日経エンタの記事に戻りましょう。

 

記事の後半はファンのマナーについて、です。

光一さんは、昔も熱狂的なファンはいたし、新幹線に乗り込んでくるファンも多かった、と言っていますね。

 

ただ私は、やはり昔のファンと、今、問題になっているファンとは、ちょっと違うのではないか、と思っています。

 

昔はアイドルとファンのあいだにはハッキリと一線があって、光一さんがシューマッハから逃げたのと同じく、動線を邪魔してはいけない、とか、ファンとしての気遣いがあったと思うのです。

 

今は『身近な』アイドルの時代

これはジャニーズで言えば『ファンサ』つまりファンサービスを求めるファンと、『ファンサ』をアピールするアイドル側と、双方の問題ではないか、と思ったりします。

 

光一さんは『ファンサ』をしませんから、ファンは、ステージの光一さんに『ファンサ』を求めません。また、街で見かけても、たぶん、ちょっと遠慮気味になるのではないでしょうか?

 

常識はずれの熱狂的なファンが悪い、とも言えますが、そう言うファンを作ってしまった側にも責任の一端はあるでしょう。

 

つまりは、タレントに見合ったファンが付くのです。

 

 

・・・・・など、考えさせられることの多い今回の連載でした。

 

 

来週は光一さんのソロデビュー記念日7/12がやってきます‼️

 

KDマークをあしらったCDジャケットに大喜びしたのは2006年。

 

もうあれから13年が過ぎてしまいました。次のソロコンをずっと待っています。

この気持ちをなんとか伝えたいものですね‼️

 

 

 

 







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経エンタ 「現状維持ほど難しいものはない」?

日経エンタ、光一さんの連載のタイトル?は「現状維持ほど難しいものはない」 なのですが・・・・・。   「SHOCK」は18年、KinKiは22年続けている、と。 「この状態、まずいよね。どう …

『堂本光一のスマートさ』などの報道に幸福なひと時が💛!!

ラジオでの発言や「筋トレ」動画が、さっそくネットでもニュースになっていますね。 朝から嬉しくてテンションアップです。 たとえばこちら。 堂本光一“座長”『EndlessSHOCK』音楽で筋トレ指南「皆 …

サンデー毎日と週刊朝日!!

どちらも表紙はカテコの後の座長です。 ちょっと角度が違うので、表情も違って見えます。 書店に並んでいるのを見ると、自然にニマニマしてしまってそのまま2冊とも持ってレジへ。 最近、雑誌を増やしたくないと …

井上芳雄さんの語る光一さん!

こちらは中止が決まる前の記事ですが今度の再演についての井上さんの思いがたくさん詰まっていて何度も読んでしまいました。   堂本光一君と一緒に居眠り 安心感と刺激 特に2ページ目。 長くなりま …

これまでの「まとめ」ともいうべき記事に拍手!!

こちら。 堂本光一、『Endless SHOCK』公演中止を受けた一連の活動を振り返る インスタライブなどから伝わる舞台への思い   何とも素敵な記事なので紹介します。 インスタライブ、「R …