舞台

「エンタメ見本のよう」ですか??

投稿日:2018-04-03 更新日:

これは、スタジオジブリ・プロデューサーの鈴木俊夫さんが書かれた「SHOCK」の感想です。

この方は滝本さんのご縁で初めて「帝劇でジャニーズを見る」ことになったのですね。

 

「途中で寝てしまったらどうしよう」と思っていたら、「眠気は一気に吹き飛んだ」

でさらに

最初は米国風の、いわゆるミュージカルの味付け。そのうちに東南アジア、タイの手の動きに特徴のある踊りも入ってきて、殺陣のシーンでは韓国風のチャンバラが展開される。

日本の時代劇とは違う。「間」のない殺陣なのですぐ分かる」

「最後は日本。いくつもの和太鼓が館内に響き渡って、観客を興奮のるつぼへといざなう」

「とにかく、飽きさせない。」

「これぞアジアのエンターテイメントの見本のような作品だった」

 

という流れから、

「この舞台の演出家・ジャニーさんが東京オリンピックの演出をしたらどうなるか。それは世界に誇れる、開会式になるに違いない」

 

さらに滝本さんにこう聞くわけです。

「殺陣もやりたかったんじゃない?」

 

 

もうここまで来ると何も言うことがありません。

 

つまり、彼にとってはアメリカ風から東南アジア、さらに韓国チャンバラから和太鼓までが詰まった”アジアのエンターテイメント”だったのです。ただそれだけ。

 

そういう意味では、まさに「ジャニーさんの作品」になるのでしょうね。

 

(ですから光一さんの演出などと言ってみても意味がないわけです。だって、いわば感心しているところが違うのですから)

 

「ジャニーズの舞台」ということで、ストーリーは二の次になったと思われますし、

(なぜリカが殺陣なんだ?)

韓国チャンバラと言ってみたり、タイの踊りと言ってみたり。

 

落ち着いて読んでみると、呆れ果てた内容。

 

まあ。ファンでもなく、初の観劇。

しかも頑固な「ジャニーズ」への思い込み。

と揃っていては仕方ないかもしれません。

 

最初は『感想は人それぞれ』と、さらっと流そうか、と思っていたのですが、読んでいるうちにイライラしてきました。

 

・・・・と同時に、おそらくこういう捉え方をしている人もいるのだろうな、と思うと、ちょっと愕然とします。

 

つまり、そういう人にとっては「ジャニー演出」も「光一さん演出」も一緒であって、そこに差はないのでしょう。

 

 

エンターテイメントは自由に楽しんだらいいものかもしれませんが、これはあんまりだ、

とファンとしては思います。

 

千穐楽が終わった直後でもあり、この方に悪気はないのでしょうが、私としては「人それぞれ」とも言っていられない、苛立ちを感じたのでした。

 







-舞台
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「SHOCK」の栄光と孤立!

    Twitterをみていて気になった一文がありました。 数日遡ってみつけたのがこれです。 早稲田大学教授・児玉竜一さんの「SHOCK」評から抜粋されたこの言葉でした。 「ジャ …

内くん更新!

一緒に観劇していても内くんと屋良くんではWEBの書き方が全く違うところが、それぞれの役のキャラともリンクしていて興味深いですね。   屋良くんが (座長の) 「限界こえて絞り出してるエネルギ …

変化と進化

「SHOCK」は進化してきた舞台ですが、 いくつか大きな変化を遂げています。   もちろん一番大きな変化は、 「Endless SHOCK」になったことです。   その後の大きな変 …

内くんと屋良くんが!

今日は内くんと屋良くんが観劇していたそうですね。 座長に呼ばれてカテコのステージに上がったとか。   「やらっちと内が来てくれています」 と紹介。 「上がっちゃえ、上がっちゃえ」 という感じ …

Endless「義夫」を発見!

  ベスト・ステージ5月号に”Endless  義夫”さんが載っているというので、見てきました。   その話をしようとしたら、「すばるくんの脱退会見」でびっくり。 まさか、最初のニ …