舞台

「エンタメ見本のよう」ですか??

投稿日:2018-04-03 更新日:

これは、スタジオジブリ・プロデューサーの鈴木俊夫さんが書かれ「SHOCK」の感想です。

この方は滝本さんのご縁で初めて「帝劇でジャニーズを見る」ことになったのですね。

 

「途中で寝てしまったらどうしよう」と思っていたら、「眠気は一気に吹き飛んだ」

でさらに

最初は米国風の、いわゆるミュージカルの味付け。そのうちに東南アジア、タイの手の動きに特徴のある踊りも入ってきて、殺陣のシーンでは韓国風のチャンバラが展開される。日本の時代劇とは違う。「間」のない殺陣なのですぐ分かる」

「最後は日本。いくつもの和太鼓が館内に響き渡って、観客を興奮のるつぼへといざなう」

「とにかく、飽きさせない。」

「これぞアジアのエンターテイメントの見本のような作品だった」

 

という流れから、

「この舞台の演出家・ジャニーさんが東京オリンピックの演出をしたらどうなるか。それは世界に誇れる、開会式になるに違いない」

 

さらに滝本さんにこう聞くわけです。

「殺陣もやりたかったんじゃない?」

 

 

もうここまで来ると何も言うことがありません。

 

つまり、彼にとってはアメリカ風から東南アジア、さらに韓国チャンバラから和太鼓までが詰まった”アジアのエンターテイメント”だったのです。ただそれだけ。

 

そういう意味では、まさに「ジャニーさんの作品」になるのでしょうね。

 

(ですから光一さんの演出などと言ってみても意味がないわけです。だって、いわば感心しているところが違うのですから)

 

「ジャニーズの舞台」ということで、ストーリーは二の次になったと思われますし、(なぜリカが殺陣なんだ?)韓国チャンバラと言ってみたり、タイの踊りと言ってみたり。

 

落ち着いて読んでみると、呆れ果てた内容。

 

まあ。ファンでもなく、初の観劇。

しかも頑固な「ジャニーズ」への思い込み。

と揃っていては仕方ないかもしれません。

 

最初は『感想は人それぞれ』と、さらっと流そうか、と思っていたのですが、読んでいるうちにイライラしてきました。

 

・・・・と同時に、おそらくこういう捉え方をしている人もいるのだろうな、と思うと、ちょっと愕然とします。

 

つまり、そういう人にとっては「ジャニー演出」も「光一さん演出」も一緒であって、そこに差はないのでしょう。

 

 

エンターテイメントは自由に楽しんだらいいものかもしれませんが、これはあんまりだ、とファンとしては思います。

 

千穐楽が終わった直後でもあり、この方に悪気はないのでしょうが、私としては「人それぞれ」とも言っていられない、苛立ちを感じたのでした。

 







-舞台
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ナイツテイル」評 朝日新聞 萩尾瞳

朝日新聞、夕刊の劇評、萩尾瞳さんです。   ラストが大きく変わったことで、幸せな大団円。   この幸福感が、一層キャストの魅力を引き立てて、カンパニーも笑顔のカテコで、観客も幸せ。 …

NHK「ごごナマ」を見ていたら・・・・。

たまたま今日は時間があって、NHKの「ごごナマ」を見ていたら、 ゲストが阿部サダヲさんと岡田将生さんでした。 現在共演の舞台の舞台稽古の最中だとか。 お二人のさまざまな話が聞けてよかったです。 &nb …

「大桜」・・・2020年の演出変更は見られませんでした・・・(泣)。

今日は「自粛」もあって仕事も短縮。 なのでときどきInstagramをチェックしていました。 するとこちら。 (スマホとPCでは時間差があるようですね。PCの方が反映が遅いようで。今頃気づいて済みませ …

梅芸「ナイツテイル」ハガキ応募詳細

さて、梅芸のハガキ応募期間が6月28日到着分まで、となってきました。 念のため、改めて詳細を載せておきますね。 当選チケット送付は7月21日午前中。 同じく7月21日から一般販売開始。 初日が9/18 …

帝劇の「公演中止」4/7~4/14・・・それでも「春」は来る!

4月になりました。 やはり、というのか、想定内、というのか帝劇の公演が中止になりましたね。 それも、ファンにとっては極めて落ち着かない一週間刻みの発表です。 では15日からは公演が可能なのか、といえば …