本・雑誌

日経エンタ連載Vol.57は2ページ全てが見どころ読みどころ!

投稿日:2018-04-04 更新日:

 

前回はGコンの話だったので、正直まあ普通に読んで終わりでした。

この時の感想はこちらです。

日経エンタに見る相違

 

が、今回は2ページ全てがいわば「読みどころ」

 

さらに、写真が!!

・・・1ページ目の右下の「肘にスプレー」をしている光一さんの写真♥!

 

舞台稽古で、アドレナリンが出ない状態での「階段落ち」で肘を打ったそうですが、・・・・やっぱり♥!

バスローブ姿もあって、小さい写真ながら惹きつけられます。

 

また、「今月のメモ」

1600回について、

”回数だけでなく、全公演ソールドアウトという「熱度」の高さも他に例がない”

とか、

”「1600回達成」ではなく「1600回ありがとうで」という言葉の端々に記録の真意を見た(編集部)”

というところに嬉しくなってマーカーでも引いておきたい気分になります。

 

本文はといえば、タイトルは

「アスリートに見せられた自分という強敵」なのですが。

 

まずは「ライバル」について。

今回の舞台のライバル役に触れる前に、「ライバル」というものの存在について語ってくれています。

切磋琢磨するライバルがいるって素敵なこと、と言いたがるのはメディアであって、中のことは誰にもわからない、と。

 

その例として、F1におけるハミルトンとロズベルグを挙げていますね。

同じ車に乗ることになったばかりに、友情が壊れてしまった、と。

F1で同じチームになるということは、『ライバル』という以上に大変なことで、チームとして推したいのがどちらか、とかその他もろもろがあって、きれい事ではなくなるわけで。

 

「ライバル」と見るのは第三者であって、そういう立ち位置にばかりスポットを当てられる状況には同情する、と。

 

で、舞台のライバル役、優馬くんの話になります。

これまでの「ライバル像」とは当然違う設定になったこと。

つまり、

『周りには彼を思いやってる人がいていつかコウイチのポジションに行けるように育てようとしているけれど、劣等感が邪魔をして本人はそれに気づけない』設定。

 

その上で、ユウマには

「壊れるような、ズタボロになってぶち当たってくる感覚はまだないかな」と言っています。

加えて

「たぶん打ち破り方をまだ知らないのだと思います」とも。

 

このあたり、座長の経験と、後輩への思いやりを感じます。

 

おそらく、次があったら、そこがユウマの勝負の場になるのでしょうね。

 

もうどの言葉も引用したくなってしまいます。

タイトルの「アスリートに~」という部分は後半にあるのですが、前半だけで、ちょっと力が入りすぎました。

 

続きはのちほど。

 

この価値ある2ページ、まずは是非お読みくださいませ。

特に写真!!

 

 







-本・雑誌
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経エンタ・・・「伝統」という文字の意味合いが・・・。

今、こんな時期だけに、光一さんの連載を普通に読むことができません。   もちろん、一連の出来事とは無関係に書かれたことではありますが。   「ジャニーズの伝統」と「ジャニーズ事務所 …

「二人の貴公子」Kindle版が再販されたようです!

以前に「二人の貴公子」がなかなか手 に入らないので、探していたとき、 電子書籍で販売されていると教えてい ただいたのですが、amazonでは既に 売り切れでした。   ところが再販されたよう …

「エンターテイナーの条件」2を!

  「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。 約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。   あれからもう二年を超えています。   そろそ …

日経エンタ・・・の前にTOKIOのFCメールに脱力!

  TOKIOのFCメール、事件後初のFCメールの内容がなんと「島茂子の衣装展の案内」だったそうで・・・。 なんでしょうね、もう腹が立つ以前の問題で、ただ・・・脱力。   前々から …

ステージナビの光一さん!

  1600回の特別カテコのレポと写真がたっぷり。 (表紙は滝沢くんと健くんです)   で特に印象に残ったのが、15時公演を東宝さんに申し入れたのは光一さん、ということ。 &nbs …