本・雑誌

「二人の貴公子」Kindle版が再販されたようです!

投稿日:2018-04-03 更新日:

以前に「二人の貴公子」がなかなか手
に入らないので、探していたとき、
電子書籍で販売されていると教えてい
ただいたのですが、amazonでは既に
売り切れでした。

 

ところが再販されたようです。

こちら。

 

商品説明はこんな感じ。

以下引用です。

 

「かつてシェイクスピアの戯曲は37篇とされてきましたが、最近の研究により、少なくともあと2、3篇はあると認められるようになりました。

 

本作『二人の貴公子』は、そのうちの1つ
で、いまではアーデン版、オックスフォード版、ペンギン版など、主要なシェイクスピアの注釈シリーズに収録されています。

 

この作品は、シェイクスピアとシェイクスピアの後を継いで国王一座の座付き作家となったジョン・フレッチャーによって1613年頃に書かれたとされています。

共作者のフレッチャーは感情の繊細な動きをとらえるのがうまく、文体はリズミカルで軽く、音楽的です。
とくに喜劇に秀でた作家で、王政復古時代には、シェイクスピアよりも人気を博したといいます。

それぞれの執筆箇所は文体の特徴から類推できますし、もちろんシェイクスピアの世界は遺憾なく発揮されています。

 

古代ギリシアを舞台に、従兄弟同士の騎士
パラモンとアーサイトが王女エミーリアの愛を競い、それぞれ愛の女神ヴィーナスと軍神マルスを頼って決闘するという主筋。

そして副筋は、オフィーリアを想わせる恋する乙女の狂乱を描く5幕4場構成の悲喜劇です。

チョーサー『カンタベリー物語』中の「騎士の話」と、プルタルコス『英雄伝』中の
「テーセウス伝」から材源を得ています。

英国ではしばしば上演されていますが、日本では2003年5月、横浜で初演されました。

作品の重要性から見て、今後ますます上演の機会は増えてくるでしょう。
シェイクスピアの世界を新たに体験すると
いう至福の時間をお楽しみください。」

 

特にKindle端末がなくてもアプリで読める
とのことですので、アプリをダウンロード
するだけで、スマホでもタブレットでも
読書可能だそうです。

 

とりあえずお知らせまで。

 

 







-本・雑誌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「婦人公論」のツーショットが大好き!となるファン心理!しかも今日7/12はデビュー記念日!

これは好みの問題かもしれませんが・・・・。   いろいろな雑誌で光一さんと井上さんのツーショットがありましたが、その中でも一番好きなのがこの構図です。   「婦人公論」の5ページの …

日経エンタ・・・「伝統」という文字の意味合いが・・・。

今、こんな時期だけに、光一さんの連載を普通に読むことができません。   もちろん、一連の出来事とは無関係に書かれたことではありますが。   「ジャニーズの伝統」と「ジャニーズ事務所 …

ステージナビの光一さん!

  1600回の特別カテコのレポと写真がたっぷり。 (表紙は滝沢くんと健くんです)   で特に印象に残ったのが、15時公演を東宝さんに申し入れたのは光一さん、ということ。 &nbs …

日経エンタ連載Vol.57は2ページ全てが見どころ読みどころ!

  前回はGコンの話だったので、正直まあ普通に読んで終わりでした。 この時の感想はこちらです。 日経エンタに見る相違   が、今回は2ページ全てがいわば「読みどころ」   …

『週刊朝日』と『サンデー毎日』

火曜日に購入した本屋さんでは週刊朝日が売り切れ。 もうひとつの大型書店ではサンデー毎日と週刊朝日が並べて置いてあって、改めてサンデー毎日の井上さんの記事を熟読。 辛いことは半分に、喜びは倍に、って・・ …