舞台

9/25 梅芸「SHOCK」観劇!

投稿日:

朝から秋晴れの関西です。

でも風は涼しくて快適・・・かも。

開場は12時ですが、ランチの約束が11時半。

それを待ちきれず、早々に梅芸に到着したのが10時半。

久しぶりのテンションMAXな感じ。

今回の席は1階ほぼ中央。

オープニングの生演奏から心躍ります!

「SHOCK」の世界にやってきた!!と言う高揚感!

 

座長の声が掠れている、と言うツイートがあって気になっていましたが、1幕では特に気になることもなく安心しました。

「ONE  DAY」も素敵でした。

 

それ以前の『千穐楽に乾杯!』のシーン。

帝劇では気づかなかったのか、忘れていただけなのか、幕が下りるシーンでは、あちら側に観客がいる設定で、こちらに背中を向けて挨拶をして、千穐楽の舞台が終わり、そのあとに幕がおりて楽屋のシーンになる・・・・。

昨年までとは違っていましたよね。

これ改めて気づいて、帝劇でもこうだったと聞いて、自分の記憶力にかなり不安を感じましたが・・・・。

まあ、都度、新鮮に感じられるわけですが・・・・、こういう細かいところについては本当に記憶が曖昧で困ります。

 

しかし、おそらく、体調不良は気合でねじ伏せる!と言わんばかりの座長の気持ちの表れか、フライングや、夢幻のあとの、引き締まった、ちょっと苦し気にも見える座長の表情から、今日も全力を尽くす!という思いが伝わってくるようで。

全てのシーンの熱量がさらに増しているようにも思われて、座長の存在感が大きく迫ってくるのでした。

また、しばらくぶりの優馬くんは、こう言ってはなんですが、昨年よりははるかに良くなっていた、と思ったのでした。

昨年の優馬君はこんな感じ。

2月23日 感想 ちょっと長いです

 

この時の愕然とした気持ちはよく覚えていますが、今回はここまでの違和感はありませんでした。

セリフはちゃんと聞きとれましたし、交代のときの、「ユウマ、続けろ」と言う座長のひとこともあって、この後の一瞬のユウマの戸惑いも納得。

ユウマの悪夢全体もとてもわかりやすく、ユウマ自身も頑張っていたと思います。

私はちゃんと声が出ていたと思いましたし、真面目な人なんだな、と好感を持ちました。

ただ、ユウマというキャラクターに求められる、ウチやヤラとは違う「暗さ」「憂い」といったものは感じられませんでした。

ですから、ウチでもヤラでもない、ユウマでなければならない意味がわかりませんし、ユウマならではの魅力も、特に感じませんでした。

太鼓のシーンは頑張っていましたが、その「頑張り」は、座長を頂点とする”SHOCK”カンパニーとしては当たり前のこと。

つまりは、コウイチへの思いが、まだまだ通り一遍というのか、形だけというのか、そんなふうに感じられてしまうのです。

 

しかし、すでに述べたように座長の熱量が全てを補っている。

それに圧倒されて、とても幸せな時間を過ごしました。

 

 

殺陣のシーンでの太鼓。

直さんと一輝さんの舞台上での、殺陣の動きに合わせた演奏が、どれほど殺陣に効果を与えているか、オーケストラの生演奏もそうですが、音響の素晴らしさ、そこに拘る座長の姿勢にも改めて感動しました。

 

いい舞台を観た、と心の底から思いました。

 

 

今日会お会いできたみなさま、楽しい時間をありがとうございました!

 

 

次はぜひ「ソロコン」でお会いしましょう!

その日が近いことを信じて!!

 

 

 







-舞台
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

10/5 夜観劇‼️

  夕闇が迫る梅芸です。 関西は雨も降らず、暖かな夕方。 これまでは3階からの観劇でしたから、全体は眺められたものの、やはり遠い感はありましたが、今日は2階席。 お誘いに感謝です&#x1f6 …

『初日おめでとうございます!』なのだけれども・・・何が起こった??

これが気になって・・・・。 EndlessSHOCK eternal初日「…ショーが始まりまーす」ってビバさんの真似で始まった^_^ 次々に場面は進むけどもう最初から涙止まらなくて… カテコで光ちゃん …

食事会‼️

また大澄賢也さんのツイートが、 こちら ⏬  ⏬ おはよう😃 ちょっと曇りがちな空 昨日は光一君しきりの プリンシパル男性陣の食事会✨ 大人の …

公演中止(2/28~3/10)の発表がInstagramで!!

Instagramの更新はこちら。 endlessshock_official   以下のとおり。 『Endless SHOCK』 公演中止のお知らせ 払い戻し対応の実施につきまして 2月2 …

「ナイツテイル」評 朝日新聞 萩尾瞳

朝日新聞、夕刊の劇評、萩尾瞳さんです。   ラストが大きく変わったことで、幸せな大団円。   この幸福感が、一層キャストの魅力を引き立てて、カンパニーも笑顔のカテコで、観客も幸せ。 …