ラジオ

光一さんのラジオ 1/6・・・19歳の頃の思い出も少々・・・

投稿日:

光一さんのラジオです。

元旦で41歳。

戦国時代ならもうすぐ死ぬ、と言ってます。

回復力は落ちたけれども、体力は今のほうがある、と。

ただもうちゃんとしておかないと「小汚いおっさん」になってしまうので、寝ぐせやヒゲには気を付けているそうです。

 

・・・『小汚いおっさん』といえば、あちらを思い浮かべてしまうのですが、キンキのビジュアル偏差値を光一さんひとりが上げているなあ、といつも思います。

 

これがふたりとも『小汚いおっさん』だったら、いわゆる”キンキファン”もそれほどキンキを求めないのではないでしょうか?

ある意味、美しさもプラスマイナスがありますね。

 

光一さんの場合、「美しさも才能」と言われた人ですから特別ですが。

 

1998年の長野オリンピック聖火ランナーの記憶はあまりないそうです。とにかく忙しかった、と。

デビューの翌年ですし、私も神戸に光一さんを見にいきましたが、沿道のファンの多さにびっくり。はるか遠くに車から降りてきた光一さんをみつけ、走る姿も人波の合間から少し見えた、という状態でした。

 

聖火のレプリカ?は家のどこかにある、と言ってますが、かなり以前のラジオかインタビューでも同じことを言ってましたね。

そのときは、将来、子供にそれを見せて自慢できる、とも言ってましたっけ。

’98年、光一さん19歳でしたからね。

このころの記事を探してみました。

自分のブログの「昔語り」ですが。

たとえばこちら。

「最も美しい十代」といわれた頃の光一さん

ハルモニア~この愛の涯て~

⇓ これは「下書き」だったものです。公開しましたが読めるでしょうか?ここに出てくる「掲示板」はもう削除していて今は残っていません。

19歳の頃

しかも内容が「最も美しい~」と多少重複しています。

 

 

あれからずいぶん時間が過ぎました。

ちょっとしみじみします・・・・・。

 

 

この収録はクリスマス前だそうですが、そんな光一さんの声はこちらからどうぞ。

 

どんなもんヤ 1/6

 

 







-ラジオ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

光一さんのラジオ 11/11

秋の空から紅葉、さらに庭の花へ、と視線は移動。 今日も爽やかな秋晴れです!! そんな爽やかな気分で、昨夜の光一さんのラジオを聴いています。     一番突き刺さったのは光一さんのお …

光一さんのラジオ  8/3

  光一さんのラジオです。 年齢について。 30代40代を迎えても、さほど気持ちは変わらない、と。 いつも16歳の気持ちでいるそうで。 ようするに気の持ちよう、ということらしいです。 まあ、 …

光一さんのラジオ 9/28

光一さんのラジオです。 「暑さ」でなくすものは「やる気」という光一さん。   シンフォニーホールは、帝劇と違って「芝居小屋」ではないので、音がとにかくよく響くそうで。慣れたころには終わってし …

光一さんのラジオ 9/3

関西地方は午後からは交通機関も止まるそうで、今はまだ「嵐の前の静けさ」状態です。 皆様も今日はお気をつけてお過ごしください。 光一さんのラジオはいつの収録?? 『オレファン』のコーナーでは相関わらず分 …

光一さんのラジオ 5/27

  遅刻のエピソード。   マネージャーが寝坊したのに・・・・。自分が遅刻したみたいに・・・・。 マネージャーは先に空港についていて、本名で呼び出されて、恥ずかしかった、と。 もう …