本・雑誌・記事

読売新聞 『週刊エンタメ』・・・と「一般販売」・・・。 

投稿日:

まずは読売新聞11日朝刊の「週刊エンタメ」の記事です。

20年を迎えた「Endless SHOCK」についての記事ですね。

特にここが嬉しかったです。

「初演から全席完売のミュージカルは他にない。上演を重ねるごとにクオリティーが高まる稀有な作品で、ミュージカル界に多大な刺激を与え続けている」

 

やはり「20年」が大きく取り上げられていますね。

また、今回のライバル役・上田くんとの対談?も少しですが掲載されています。

 

座長の

『一緒に地獄を見よう』

が印象的!

 

・・・・と注目が集まっているから、というより、毎年のことですが、「Endless SHOCK」のチケット一般販売が今日10時からでしたが、まあ繋がらない・・・。

ようやく繋がったと思ったら「予定枚数は終了しました」

ぴあもローソンも終了で、残ったプレイガイドも同じく「終了しました」

 

もうね、この読売新聞を買いに走って気分転換!

さらに明日は映画『フォード&フェラーリ』を見に行くことにして、チケットを予約。

 

・・・・正直、今年は帝劇に行くかどうか迷っていたこともあり、こういう結果もアリかもと思っています。

 

毎年厳しいチケットですから、光一さんファンの方ができるだけ多く、正規のルートで適正な金額で観劇できますように願っています。

 

今年は公式Instagramもあり、情報はいろいろ伝わってくるでしょうから、映画や雑誌、新聞なども楽しみたいと思っています。

 

 







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「忖度」をやめないテレビ局やマスメディアは・・・

わたしが見た記事のいくつかには、いまだに「忖度」するところがある、と書かれています。 現在の状況でもなおそうした忖度が存在するのであれば、それが許される「何か」があると思われます。 それは単に『旧』事 …

「少年隊」に感謝!!

20日夜に語った光一さんの言葉が記事になっていますね。 こちら。 堂本光一「今の自分いなかった」少年隊に感謝の思い   一部を抜粋します。⇓ 『夜公演のカーテンコールで「『SHOCK』の原点 …

前田美波里さん、武田真治さん、市村さん・・・。共通するもの・・。

『婦人公論』の表紙が美波里さんでした。 何時も素敵な方ですが、今年「年女」だそうで・・・。 エッ!!72歳!?   ジムで筋トレもされている?   今年の「SHOCK」ではオーナー …

ロックな皆さんのグループ!!

もう皆さんいい大人なのにこのチャレンジ精神がすごいと思います。 確かに、まあ年齢的にも今がいい時なのかも・・・。 それぞれが「プロ」ですから。 こういう方たちのグループ結成はやはり注目したいですね! …

尖った時代。

  だれにも「尖った時代」というのはあって、若さゆえと言えばそうなのですが、自分は無敵だ!と思ったり、周りが見えていなかったり。 今,振り返ると恥ずかしいことばかり。 でもまあ、それも経験。 …