覚え書き

映画を観てきました!・・・思うこともいろいろ。

投稿日:

映画『フォード&フェラーリ』はまだ公開されたばかりですから、ネタバレは望ましくないと思われるので、別のことを少し。

 

と言っても映画に関連しますが・・。

 

つまり、個人の技量が大きな比重を占めるといっても巨大な企業の力がなければ、現実には事は進まないんだなあ、ということを感じたわけです。

 

わたしは「友情」という曖昧な言葉が好きではありません。

信頼とか共感とか、連帯感とかなら、わかりますが。

この映画が企業の論理と人の情熱と、そういうものをある意味置き去りにするような迫力のレース映像でできていることはわかりましたし、2時間半におよぶ長編が苦にならなかったのも事実です。

 

で、映画そのものからは離れますが、ありふれた言い方をするなら、組織の中で個人にどれだけのことができるのか?

組織の中ではせめて自分のチームを持たなければ、(「チーム」とは広報やスケジュール管理、様々な調整役を含めた信頼できる仲間のことです)本当にやりたいことを実現するのは難しいと思うのです。

 

それは組織の中で仕事をしている人なら感じていることだと思います。

 

そういう協力者が必要です。

 

なにかを創り出すことも、一人ではできない。

 

例えば、光一さんの場合、もう20年も舞台に立っているのですから、そういう仲間はいるでしょうが、そればかりでなく、舞台のチケット転売対策や、今後の、もう40歳を超えているのですから、スケジュールをどう管理するのかという具体的な方針など、もっと全般的な「未来」について考え対処できる環境作りが大事だと思うのです。

 

今のままでは、その場その場の対応ばかりで、無駄に時間が過ぎてゆくように思われてなりません。

 

私自身は、ジャニーズ事務所に期待するものはないのですが、光一さんがジャニーさんの遺志を継ぐというなら、事務所内に光一さんのための場所というか、部署というか、そういうものを作ることも考えていいのではないか、と思っています。

 

ジャニーさんがもういない今、光一さんに求められるものが増えるでしょうが、その全てに応えることが必要とは思いません。

何をするべきか、そのことを光一さん一人が考えるのではなく、いわば「チーム光一」を作り、そこでしっかり考えて欲しいと改めて願っています。

 

どんな未来を作ってゆくのか、作りたいのか、そんな話が聞きたいです。

 

 

 







-覚え書き
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『覚悟』!・・・・・。

「生まれ変わってもこの人生を、と言えるように生きていきたい」 「幸せです」   と言える人は多くないと思います。   良いことは周りのおかげ、悪いことは自分の責任、と言い切る座長。 …

新たな出会い、えっ!光一さんファン⁉️

新たな出会いです。 昨日、素敵な夢をみました! という話しから、夢の中でかっこよかった光一くん、と続き、 「え、え〜!そうなの?」 白い制服のルカにやられた、というお馴染みのパターン。 大野くん大好き …

「他人の時計はのぞかない」浅利慶太さんの言葉

「劇団四季」の浅利慶太さんが亡くなられましたね。 日本のミュージカルに大きな足跡を残された方でした。 『キャッツ』『ライオンキング』の迫力は凄かったです。   市村正親さんが浅利さんの言葉と …

可能性が無くもない? 真夜中にモヤモヤ・・・

こんな記事がありました。 一部分を引用すると、 『滝沢演舞城がスタートした2006年から、ひょっとして次期社長は彼だったりしてね、という噂がありました。社長の肝入りといえば堂本光一くんもそうですが、溺 …

ミュージカル俳優の中にあって。

こんなツイートを発見しました。 今村眞治さんのツイート 「高橋知伽江、深沢桂子、吉原光夫…と揃うとどうしても『手紙』を彷彿とさせてしまう『DAY ZERO』。ミュージカル俳優の中にあって福田悠太は大変 …