覚え書き

情熱の本能 ♬ と雑誌「悲劇喜劇」

投稿日:2019-12-08 更新日:

真っ赤な紅葉。

思い浮かぶのは、「情熱」

この曲は好きでした。

光一さんのドラマの主題歌でしたね。

「情熱の本能 君の手を奪って ♬」

 

新人刑事「愛田誠くん」のドラマ「ルーキー」の主題歌でした。

走る姿が印象的。

でも「安全生活課」の刑事。

あの刑事くんは20年後どうなっているのでしょうね?

 

光一さんの演じたキャラは、みんな真っ直ぐに人生に向き合っている気がします。

それって役者としてはどうなの?となるかもしれませんが。

 

やはり「堂本光一」という人のイメージのせいか、どのキャラも、一貫して、ひねていない、というのか、不言実行というのか、そんな信頼感があります、

あのヤマトが高校の先生になっていたように。

 

どのキャラもみんなそれぞれに、真っ当に人生と向き合って「その後」を生きているに違いない、と思わせてくれます。

20代前半のイメージが強烈で、その後の光一さんのドラマ出演が途切れた、ということもあって、想像だけが膨らむのです。

ちょっと悲しくもあり、その分、舞台に心血を注いできた、ともいえるのでしょうが・・・。

 

 

注文していた雑誌「悲劇喜劇」がAmazonから届きました。

A5判のサイズで何と200ページ超という雑誌です。

しかも「大特集」が「杉村春子」さんって!!

まあたしかに「大女優」さんですが、いかにも古色蒼然と言っては失礼ながら、なぜ今、杉村さん??と思います。

 

「小特集」がジャニーさん追悼で、光一さん、岡本健一さん、石川直さんの記事が掲載されています。

まず、光一さんでなく岡本さんのインタビュー記事がくるあたり、この雑誌の見識を表しているのかもしれません。

が、なかなか受け取り方が難しい雑誌で、光一さんのインタビュー記事だけを紹介するのでは、ちょっと「ジャニーさん特集」の主旨が伝わらない気がします。

少し時間をかけて、自分なりに理解してから、紹介できるところは紹介したいと思います。

200ページのうち、ジャニーさん関連の記事は合計14ページほど。

カラーページは全くない地味な雑誌です。

 

以前、光一さんが表紙の「act guide」(「SHOCK」の赤布フライングが表紙で裏表紙が大桜の下に倒れるコウイチ)を紹介しましたが、あちらはカラー写真が多い90ページほどの雑誌。

ミュージカル、歌舞伎と多岐にわたっていますが「新しい」試みに注目している印象でした。

 

それぞれの雑誌の特徴があるとは思いますが、ではなぜ「悲劇喜劇」がジャニーさん特集を組んだのか?

日本の演劇界に残したジャニーさんの足跡があるから、ということになるのでしょうが・・・。

ジャニーさんならではの特別なものとは何なのか?

 

ちょっと頭を整理してみないと、なんといっていいのかよくわかりません。

・・・ということで、この雑誌については、「宿題」ということで、またのちほど。

こちらが「act guide」でした。

 

 

 







-覚え書き

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

帝劇「ナイツテイル」ラスト11公演!今、思うこと。

今日は帝劇での最後の休演日。 光一さんは休めたのでしょうか?   帝劇での自分の観劇は一回だけでしたが、皆さんの感想を拝見したり、劇評を読んで、舞台への評価、光一さんへの評価、はほぼ定まりつ …

「無事終演」・・・でも当たり前ではないのに・・・

このところ、ニュースで感染者の増加と、どうやって予防できるかが話題になっているというのに・・・。   さらに人が集まるイベントが次々に中止にもなっているというとき。   オリンピッ …

2020年も今日で終わり・・・。

草彅くんの結婚が発表されましたね。 嵐は今日がラスト。 ジャニーズも様々なことがあった一年でした。   ジャニーズというよりも、コロナ禍によって世界中が変化せざるを得なかった大変な年でした。 …

無いものねだり・・・・?

  このところ「演出家」堂本光一にフォーカスした記事が目立ちます。 たしかにジャニーさん亡きあと、舞台を再生し、新たに創ることができるのは光一さんだけでしょう。 ジャニーさんの舞台に敢えて異 …

『山口達也とジャニーズ事務所の甘すぎる姿勢』

時間が経つにつれてさまざまな報道がでてきました。 特に驚いたのは、「無期限謹慎」処分のはずが「復帰には半年以上かかる」とか書かれていて、では「無期限謹慎」というのは言葉だけで、はじめから復帰ありきの話 …