覚え書き

情熱の本能 ♬ と雑誌「悲劇喜劇」

投稿日:2019-12-08 更新日:

真っ赤な紅葉。

思い浮かぶのは、「情熱」

この曲は好きでした。

光一さんのドラマの主題歌でしたね。

「情熱の本能 君の手を奪って ♬」

 

新人刑事「愛田誠くん」のドラマ「ルーキー」の主題歌でした。

走る姿が印象的。

でも「安全生活課」の刑事。

あの刑事くんは20年後どうなっているのでしょうね?

 

光一さんの演じたキャラは、みんな真っ直ぐに人生に向き合っている気がします。

それって役者としてはどうなの?となるかもしれませんが。

 

やはり「堂本光一」という人のイメージのせいか、どのキャラも、一貫して、ひねていない、というのか、不言実行というのか、そんな信頼感があります、

あのヤマトが高校の先生になっていたように。

 

どのキャラもみんなそれぞれに、真っ当に人生と向き合って「その後」を生きているに違いない、と思わせてくれます。

20代前半のイメージが強烈で、その後の光一さんのドラマ出演が途切れた、ということもあって、想像だけが膨らむのです。

ちょっと悲しくもあり、その分、舞台に心血を注いできた、ともいえるのでしょうが・・・。

 

 

注文していた雑誌「悲劇喜劇」がAmazonから届きました。

A5判のサイズで何と200ページ超という雑誌です。

しかも「大特集」が「杉村春子」さんって!!

まあたしかに「大女優」さんですが、いかにも古色蒼然と言っては失礼ながら、なぜ今、杉村さん??と思います。

 

「小特集」がジャニーさん追悼で、光一さん、岡本健一さん、石川直さんの記事が掲載されています。

まず、光一さんでなく岡本さんのインタビュー記事がくるあたり、この雑誌の見識を表しているのかもしれません。

が、なかなか受け取り方が難しい雑誌で、光一さんのインタビュー記事だけを紹介するのでは、ちょっと「ジャニーさん特集」の主旨が伝わらない気がします。

少し時間をかけて、自分なりに理解してから、紹介できるところは紹介したいと思います。

200ページのうち、ジャニーさん関連の記事は合計14ページほど。

カラーページは全くない地味な雑誌です。

 

以前、光一さんが表紙の「act guide」(「SHOCK」の赤布フライングが表紙で裏表紙が大桜の下に倒れるコウイチ)を紹介しましたが、あちらはカラー写真が多い90ページほどの雑誌。

ミュージカル、歌舞伎と多岐にわたっていますが「新しい」試みに注目している印象でした。

 

それぞれの雑誌の特徴があるとは思いますが、ではなぜ「悲劇喜劇」がジャニーさん特集を組んだのか?

日本の演劇界に残したジャニーさんの足跡があるから、ということになるのでしょうが・・・。

ジャニーさんならではの特別なものとは何なのか?

 

ちょっと頭を整理してみないと、なんといっていいのかよくわかりません。

・・・ということで、この雑誌については、「宿題」ということで、またのちほど。

こちらが「act guide」でした。

 

 

 







-覚え書き

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昔の掲示版!

  CDTVで髪が長くなった光一さんを中居くんとのツーショットで見られのは嬉しかったです。 久し振りの長髪、どこまで伸ばすのでしょう? 昔、光一さんがロングヘアだった頃を思い出しましたが・・ …

優先順位⁉️

今、この時期、いろいろな事を考えます。   そうして、思うのは、光一さんが一番やりたい事は何だろうか?ということです。 いつも、目の前の仕事に全力を尽くす、と言いますよね、 それはよく分かり …

改めて考える。「エンタメは社会生活に必要か?」

東京の「寄席」が当初開け続けると言っていましたが、結局休むことになりました。 その際、エンタメは社会生活に必要だから、といっていましたね。 私は、エンタメはまさに平和な時代にこそ花開くものだと思ってい …

光一さん、アンバサダーに就任!!

記事はこちら。 堂本光一『フォードvsフェラーリ』のアンバサダーに「凄く車好きには心くすぐられる」 これに関する記事はいろいろありましたが、どれも「KinKi Kidsの』堂本光一、としているものばか …

「地方公演」の現実と、ジャニーさんの「後継」指名!

こちらを拝見しました。 井上芳雄さんの「エンタメ通信」です。 舞台ならでは 地方公演でのすてきな光景   「ナイツテイル」の帝劇公演が終わって、9月から梅芸での公演が始まります。 地方公演の …