覚え書き

情熱の本能 ♬ と雑誌「悲劇喜劇」

投稿日:2019-12-08 更新日:

真っ赤な紅葉。

思い浮かぶのは、「情熱」

この曲は好きでした。

光一さんのドラマの主題歌でしたね。

「情熱の本能 君の手を奪って ♬」

 

新人刑事「愛田誠くん」のドラマ「ルーキー」の主題歌でした。

走る姿が印象的。

でも「安全生活課」の刑事。

あの刑事くんは20年後どうなっているのでしょうね?

 

光一さんの演じたキャラは、みんな真っ直ぐに人生に向き合っている気がします。

それって役者としてはどうなの?となるかもしれませんが。

 

やはり「堂本光一」という人のイメージのせいか、どのキャラも、一貫して、ひねていない、というのか、不言実行というのか、そんな信頼感があります、

あのヤマトが高校の先生になっていたように。

 

どのキャラもみんなそれぞれに、真っ当に人生と向き合って「その後」を生きているに違いない、と思わせてくれます。

20代前半のイメージが強烈で、その後の光一さんのドラマ出演が途切れた、ということもあって、想像だけが膨らむのです。

ちょっと悲しくもあり、その分、舞台に心血を注いできた、ともいえるのでしょうが・・・。

 

 

注文していた雑誌「悲劇喜劇」がAmazonから届きました。

A5判のサイズで何と200ページ超という雑誌です。

しかも「大特集」が「杉村春子」さんって!!

まあたしかに「大女優」さんですが、いかにも古色蒼然と言っては失礼ながら、なぜ今、杉村さん??と思います。

 

「小特集」がジャニーさん追悼で、光一さん、岡本健一さん、石川直さんの記事が掲載されています。

まず、光一さんでなく岡本さんのインタビュー記事がくるあたり、この雑誌の見識を表しているのかもしれません。

が、なかなか受け取り方が難しい雑誌で、光一さんのインタビュー記事だけを紹介するのでは、ちょっと「ジャニーさん特集」の主旨が伝わらない気がします。

少し時間をかけて、自分なりに理解してから、紹介できるところは紹介したいと思います。

200ページのうち、ジャニーさん関連の記事は合計14ページほど。

カラーページは全くない地味な雑誌です。

 

以前、光一さんが表紙の「act guide」(「SHOCK」の赤布フライングが表紙で裏表紙が大桜の下に倒れるコウイチ)を紹介しましたが、あちらはカラー写真が多い90ページほどの雑誌。

ミュージカル、歌舞伎と多岐にわたっていますが「新しい」試みに注目している印象でした。

 

それぞれの雑誌の特徴があるとは思いますが、ではなぜ「悲劇喜劇」がジャニーさん特集を組んだのか?

日本の演劇界に残したジャニーさんの足跡があるから、ということになるのでしょうが・・・。

ジャニーさんならではの特別なものとは何なのか?

 

ちょっと頭を整理してみないと、なんといっていいのかよくわかりません。

・・・ということで、この雑誌については、「宿題」ということで、またのちほど。

こちらが「act guide」でした。

 

 

 







-覚え書き

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今日のカテコは大澄賢也さん⁉️

夜に皆さんの感想を拝見するのが、毎日の楽しみです。 今夜気になったのが、このツイート。   『ナイツテイル、観れば観るほど楽しい!チケット降ってこーい! カテコで賢也さんにリフトされそうにな …

「綺麗な方?」だけれども・・・・・。

獅子座は「幸福、声援、愛、自由、勇気、前進」❗️   小西さんのツイート。   自分も獅子座なので。 「勇気、前進‼️」ね。 …

昨日はいいお天気でしたが・・・・。

昨日は最近では一番長く歩きました、が、さすがに疲れました。 夙川公園はこんな感じ。 5月の美しい緑、新緑です。     でも今日はやや気温低め。 気温の上下があると、どうも体がつい …

こんなツイートを発見!!

”光一さんに惚れたのは顔だろうとよく言われますが、違うんだよね… 光一さんは昔から決して上手とは言えないぐらいの事や最初から出来なかった事などを、凄まじい吸収力と努力により上手になっていく …

独立って・・・・選択はいろいろですが・・・。

  例えば二宮くんにしても、「独立」の意味がよくわかりません。 つまりはエージェント契約をしてそれとは別に個人事務所を立ち上げる、ということなのか? それでも「嵐のメンバー」ということは嵐の …