本・雑誌・記事

「座長祭り」の始まり‼️

投稿日:

やはり書店に舞台誌が並ぶようになると

「SHOCK」の季節が来たな‼️と思います。

今年は20周年、かつ光一さんが「演出」でクレジットされることもあって、ライバル、アンサンブルの変更にともない、新たなカンパニーが誕生するのだな、と例年にも増して感じています。

オーナー、リカ、ふぉーゆーは代わりませんが、座長にとっては、ジャニーさんがいない帝劇の舞台。

 

ライバルが歌う曲作りはこれから、と雑誌では言っていましたが、Instagramも開始されて、これまでとは違うことがいろいろあるのだろうと思います。

 

上田くんが日舞や殺陣に頑張っている様子もわかりますが、どんなライバルを演じてくれるのか、それによって舞台の印象も変わるわけですから20年目の節目は大事だと思っています。

ふだんはなかなか「タツヤ」とは呼べないという座長。

そろそろ、その呼び方も慣れてきたのではないでしょうか?

 

開幕も近づいて、上田くん、いえ、「タツヤ」というライバルの存在が、座長や他のメンバーをどう変えるのか?

 

また、変えなければ「タツヤ」を迎えた意味がない、と思います。

各雑誌の表紙の座長はここ数年区別がつかないくらいの完璧なビジュアル。

注目の「婦人公論」は真っ白の衣装に「笑顔」というちょっとビックリの座長でした。

篠山紀信さんの撮影、ということで、なんというか、もっと違う座長をイメージしていたのですが・・・・。

 

 

変化を怖れないこと。

チャレンジを続けること。

その先に本当の進化があるのでしょうし、今後の展望も見えてくるのでしょう。

 

雑誌の記事では座長はすでに明らかになっていることしか言っていません。

すべては、幕を開けた舞台が語ること。

それを楽しみにしたいと思います‼️

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

すべては舞台のために 日経エンタテインメント2018.8

まずは「すべては舞台のために」というタイトルに、もうやられてしまいます。 NHKのあのドキュメント、光一さんの息づかい、初めての舞台裏。   ・・・・・でも、井上さんと向き合う光一さんの表情 …

大千穐楽レポ‼️ 雑誌より

STAGE SQUARE vol.35 を購入してきました。   BEST STAGE にもレポはあったのですが、写真が大きくてたっぷりあるぶん、テキストが少ないような。   やは …

日経エンタ「だから舞台演劇はやめられない」‼️

「ナイツテイル」ロスから始まって、ナイツテイルを振り返った内容です。 2018年の光一さんは、ナイツテイルで本当に素晴らしいメンバーに恵まれたのですね。 「スタンドプレーに走る人がとにかく1人もいなか …

”可愛いい”と”大人”の間で・・・!

「PON」のインタビューの光一さん、GYAOの#0の光一さん、どちらもやっぱり可愛くて。 39歳の男性に「可愛いい」って?と思うのだけれども。 それでも可愛いとしか言えない笑顔で。 光一さんの露出が増 …

読売新聞 『週刊エンタメ』・・・と「一般販売」・・・。 

まずは読売新聞11日朝刊の「週刊エンタメ」の記事です。 20年を迎えた「Endless SHOCK」についての記事ですね。 特にここが嬉しかったです。 「初演から全席完売のミュージカルは他にない。上演 …