覚え書き

光一さんの真骨頂「keep fighting」

投稿日:

もうこの言葉がこびりついてしまいました。

”keep fighting”

まさに「闘う王子」に相応しい言葉。

かつて拓郎さんがおっしゃった「闘う王子」は、光一さんをみごとに言い表わしている、と思いましたが、今度はkeep fighting。

 

多くの困難や「壁」を乗り越え、時間はかかっても、「やる」と決めたことを諦めない心。

責任は自分で取るという男気。

守るべきものを守る決意。

 

そういう姿勢が光一さんという人を作っていますし、「王子」という以上に、「闘う」姿勢がさらに外見を美しくしている、と思っています。

 

若い頃から変わらないそういう姿勢が、今、多くの信頼と尊敬を集めて、40歳を超えた『堂本光一』を形作っている。

それはファンにとっては、とても嬉しいことです。

 

まだ十代の光一さんが、いつか外見ではなく、ちゃんと中身を見てもらえるようになりたい、と語っていたとおりの「大人」になっている喜び。

アイドルとしてデビューしてから、作曲を学び、舞台で学び、自身で『堂本光一』を進化させ、成長してきた年月は20年を超えて。

座長として舞台に立ち、カンパニーを率い、演出家として周りの人々を生かし、様々な困難にも負けずに、

keep fighting

と軽やかに言う人。

 

言い訳せず、説明はきちんとしてくれて、ファンを安心させてくれる人でもあって。

 

だからこそ、光一さんの姿勢を見習って

keep fighting!!

負けない気持ちを持ち続けて、待ち続けるだけ。

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほど良い距離?!

前回はかなり感情的だったな、と思います。 でも、まあ、そんな風に思っているのは事実。 しかし、 この頃思うのは、「ほど良い距離」感です。 こんな感じ。これが一番幸せかも。   最近見たツイー …

絶望して死ね!!

まず頭に浮かんだのはこの言葉! だいたい20回くらいはリフレイン。       ・・・・・・で、このセリフの続きを思い出したのはその後しばらくしてから。 もちろんDVDで …

「未来」が見えない・・・・・!?

今週のTV誌の表紙はKinKiのようで。 本屋さんでチラッと見ました。 まあ新曲発売の週なので仕方ないかも。 ただこの写真はどこかで見た・・・・と思ったら、ジャニーズWEBのKinKiの写真でしたね。 …

幸せなファン!!

昨日の「密会レストラン」 見ながらも、見た後も思ったのですが、光一さんファンは幸せだ、と。   スキャンダルなしに「アイドル」道を歩んできた光一さん。 付き合う相手の方も光一さんだからこそ、 …

「他人の時計はのぞかない」浅利慶太さんの言葉

「劇団四季」の浅利慶太さんが亡くなられましたね。 日本のミュージカルに大きな足跡を残された方でした。 『キャッツ』『ライオンキング』の迫力は凄かったです。   市村正親さんが浅利さんの言葉と …