本・雑誌・記事

こちらの記事も見逃せませんでした!

投稿日:

この記事。

舞台人・光一が戻ってくる 5カ月ぶりステージ「きっかけ、スタートになれば」

KinKiに拘る以前に内容に注目!

とくにここ。

舞台人・光一が戻ってくる。「エンターテイメントっていいものだなとお伝えできる、何かひとつのきっかけ、スタートとなればいいなと思っています」と感慨深げに語った。  大成功を収めた2018年の公演を経て、もともと今夏にコンサートバージョンでの再演プランが練られていたが、新型コロナウイルス感染拡大で開催は危ぶまれた。しかし、ソーシャルディスタンスなど安全確保を徹底することで、実施が可能と判断。オーケストラを約半数の人数で組み、入場者数もキャパシティーのおよそ半数とし上演を実現する。

主演舞台「-SHOCK」が3月20日に上演中止となり、未曾有の事態に改めて立ち止まって考えを巡らせたという光一。「僕はエンタメという力を信じていて、必ずエンタメが必要とされるときが来るということを励みに、またステージに立ちたい」。生のパフォーマンスを届けられる喜びをかみ締めた。

 

コンサートバージョン」!!

こういう方法があったのですね。

第一歩としては十分に実現可能だと思います。

光一さんと井上さんの、舞台に立てる喜びが歌声から伝わってくるでしょうね。(嬉!!)

 

・・・入場者もキャパシティの半分・・・・。

入場できるかどうかは運次第ですが、できなくても光一さんが幸せならそれで十分です。

 

予想外に「早い」舞台の実現!

ナイツテイルの「リモート」飲み会ではこういうプランも話し合われていたのですね。

 

これが成功して来年には再演の本公演を!

 

雨の音を聴きながら、テンションが上がります。

これは懐かしいコンビ。

 







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:

関連記事

秋の夜長に・・・ジャニーズ演出家ランキングを見る・・

このところ、様々な「ジャニーズランキング」が目につきます。 ある意味「ジャニーズ応援記事」?でもあるのでしょうが。 私自身はこうした「ランキング」に投票することもなく、さほど興味もないのですが、『演出 …

日経エンタ8月号・・・。

  テーマは「真面目にふざける」なんですが、これは前回のような光一さんソロ曲の話ではありません。 グループの新曲の話です。 なので、本屋さんで立ち読み。 この「新曲」には、カップリング曲がな …

記事『『SHOCK』開幕の堂本光一 対コロナ仕様舞台の苦労明かす』

この記事を読んで、昨今の俳優さんの「自殺」のニュースを思い、コロナ禍における多くの努力と、覚悟と、なかなかわかりにくい関係者の方々のジレンマなど、考えさせられました。 記事はこちらです。 『SHOCK …

日経エンタ連載❣️

今回はvol.85 「エンタメの新しい様式から生まれるもの」 音楽の日のこと ナイツテイルコンサートのこと、 SHOCK eternal のこと。 これまであちこちで光一さん自身が話してくれた内容とほ …

活字の向こうに見える「光一さん」!!

日経エンタ「エンタテイナーの条件」 私はこの連載かあって本当に良かったと思っています。   多くの方に光一さんのことを知ってもらえるから、というのもありますが。光一さんにとって自分の考えをま …