本・雑誌・記事

こちらの記事も見逃せませんでした!

投稿日:

この記事。

舞台人・光一が戻ってくる 5カ月ぶりステージ「きっかけ、スタートになれば」

KinKiに拘る以前に内容に注目!

とくにここ。

舞台人・光一が戻ってくる。「エンターテイメントっていいものだなとお伝えできる、何かひとつのきっかけ、スタートとなればいいなと思っています」と感慨深げに語った。  大成功を収めた2018年の公演を経て、もともと今夏にコンサートバージョンでの再演プランが練られていたが、新型コロナウイルス感染拡大で開催は危ぶまれた。しかし、ソーシャルディスタンスなど安全確保を徹底することで、実施が可能と判断。オーケストラを約半数の人数で組み、入場者数もキャパシティーのおよそ半数とし上演を実現する。

主演舞台「-SHOCK」が3月20日に上演中止となり、未曾有の事態に改めて立ち止まって考えを巡らせたという光一。「僕はエンタメという力を信じていて、必ずエンタメが必要とされるときが来るということを励みに、またステージに立ちたい」。生のパフォーマンスを届けられる喜びをかみ締めた。

 

コンサートバージョン」!!

こういう方法があったのですね。

第一歩としては十分に実現可能だと思います。

光一さんと井上さんの、舞台に立てる喜びが歌声から伝わってくるでしょうね。(嬉!!)

 

・・・入場者もキャパシティの半分・・・・。

入場できるかどうかは運次第ですが、できなくても光一さんが幸せならそれで十分です。

 

予想外に「早い」舞台の実現!

ナイツテイルの「リモート」飲み会ではこういうプランも話し合われていたのですね。

 

これが成功して来年には再演の本公演を!

 

雨の音を聴きながら、テンションが上がります。

これは懐かしいコンビ。

 







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:

関連記事

スポーツ新聞各紙‼️ 帝劇で4カ月って‼️

スポーツ新聞はあまり買わないのですが、世界初演ですし、いくつか購入してきました。 こんな感じです‼     ☝スポーツニッポン 下の写真をアップにすると …

紙面を見てテンションアップ❣️

不思議なもので、新聞紙面を見るとテンションがさらにあがります。 なんでしょうね? 大きな見出し? 写真? ファンを煽るような言葉?   その全てが目に飛び込んでくることで の興奮状態? なん …

日経エンタ連載・・・ジャニーズのイルージョン

光一さんの連載。 今回は、ジャニーズのイルージョンについて。   未熟なジュニアにとっては若さ故のエネルギーが全て。 ジャニーズがイルージョンを多用するのはそのエネルギーを最大限に発揮できる …

文春の恥ずかしい40票‼️『口汚く罵る』と呆れられています!

↑ こちらは教えていただいた文春の記事の一部です。   もはや平成も終わろうとしているこの時期、もうジャニーズという名称もある意味揶揄の言葉になっている気もしているのですが・・・・。 &nb …

「えんぶ」2月号の井上芳雄さん!

ようやく本屋さんで発見‼️   井上芳雄さんの記事を読みました。 ストレートプレイに去年に続き今年も出演されるそうで、ちょっと羨ましいです。 光一さんのストレート …