本・雑誌・記事

こちらの記事も見逃せませんでした!

投稿日:

この記事。

舞台人・光一が戻ってくる 5カ月ぶりステージ「きっかけ、スタートになれば」

KinKiに拘る以前に内容に注目!

とくにここ。

舞台人・光一が戻ってくる。「エンターテイメントっていいものだなとお伝えできる、何かひとつのきっかけ、スタートとなればいいなと思っています」と感慨深げに語った。  大成功を収めた2018年の公演を経て、もともと今夏にコンサートバージョンでの再演プランが練られていたが、新型コロナウイルス感染拡大で開催は危ぶまれた。しかし、ソーシャルディスタンスなど安全確保を徹底することで、実施が可能と判断。オーケストラを約半数の人数で組み、入場者数もキャパシティーのおよそ半数とし上演を実現する。

主演舞台「-SHOCK」が3月20日に上演中止となり、未曾有の事態に改めて立ち止まって考えを巡らせたという光一。「僕はエンタメという力を信じていて、必ずエンタメが必要とされるときが来るということを励みに、またステージに立ちたい」。生のパフォーマンスを届けられる喜びをかみ締めた。

 

コンサートバージョン」!!

こういう方法があったのですね。

第一歩としては十分に実現可能だと思います。

光一さんと井上さんの、舞台に立てる喜びが歌声から伝わってくるでしょうね。(嬉!!)

 

・・・入場者もキャパシティの半分・・・・。

入場できるかどうかは運次第ですが、できなくても光一さんが幸せならそれで十分です。

 

予想外に「早い」舞台の実現!

ナイツテイルの「リモート」飲み会ではこういうプランも話し合われていたのですね。

 

これが成功して来年には再演の本公演を!

 

雨の音を聴きながら、テンションが上がります。

これは懐かしいコンビ。

 







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:

関連記事

スポーツ新聞各紙‼️ 帝劇で4カ月って‼️

スポーツ新聞はあまり買わないのですが、世界初演ですし、いくつか購入してきました。 こんな感じです‼     ☝スポーツニッポン 下の写真をアップにすると …

すべては舞台のために 日経エンタテインメント2018.8

まずは「すべては舞台のために」というタイトルに、もうやられてしまいます。 NHKのあのドキュメント、光一さんの息づかい、初めての舞台裏。   ・・・・・でも、井上さんと向き合う光一さんの表情 …

”キングオブ帝劇”堂本光一!!

帝劇でのゲネプロや記者会見に関する記事が嬉しいです。   そのなかでも”キングオブ帝劇”のフレーズが出てくる記事をご紹介いたします。 こちら “キングオブ帝国劇場”堂本光一&井上芳雄が「ナイ …

「二人の貴公子」Kindle版が再販されたようです!

以前に「二人の貴公子」がなかなか手 に入らないので、探していたとき、 電子書籍で販売されていると教えてい ただいたのですが、amazonでは既に 売り切れでした。   ところが再販されたよう …

読売新聞 『週刊エンタメ』・・・と「一般販売」・・・。 

まずは読売新聞11日朝刊の「週刊エンタメ」の記事です。 20年を迎えた「Endless SHOCK」についての記事ですね。 特にここが嬉しかったです。 「初演から全席完売のミュージカルは他にない。上演 …