覚え書き

「スピンオフ」と「Endless SHOCK」

投稿日:

「スピンオフ」とは何でしょう?

最も一般的な定義は、本編から派生した物語。

例えば、ドクターXにおける「ドクターY」

これは、加地先生の物語であって基本ドクターXは出てきません。

 

半沢直樹のスピンオフ企画は、吉沢亮くんが主役でした。

SHOCK-eternal -では三年後が描かれていますが、今かれらがどんな境遇にあるのかは描かれていません。

コウイチが入院した一年後、タツヤはショーを続けていましたが、オーナーの劇場に戻ってシェークスピアの芝居をしているメンバーもいました。

あれから三年。

あの時の様々な気持ちが語られても、では彼らは、今をどう生きているのか、そこは定かではありません。

 

ただ、三年後のコウイチがいない世界を、大変失礼ながら、タツヤ主演の物語で作ったとしても、私には魅力がないのです。

 

つまり「スピンオフ」ですらも、コウイチがいなければ、私にとっては成り立たないのです。

あのソリタリーの、タツヤが出トチリしないバージョンすら、特に見たくはなくて、あくまでもコウイチを見ていたいのです。

 

少なくとも私にとっては、コウイチありきの「endless SHOCK」であり、スピンオフであり、コウイチが存在しない舞台には、何の魅力もないのです。

コウイチ亡き後、彼らはかれらなりに、迷い悩みながら生きてきたでしょうが、それはもう「コウイチの物語」ではないのです。

 

そんな彼らの物語を求める人もいるかもしれません。

しかし、それは私の「Endless SHOCK」ではありません。

 

以前、「SHOCK」の継承ということが言われました。

私はその時も同じことを言いました。

それはコウイチの物語であって、誰かに継承されるものではない。

 

誰か別の人が、その人の物語を新たに作ればよいのです、

そのだれかと彼の物語を愛する人たちが、それこそ、新たな歴史を継承していけば良いのです。

 

私は光一さんを追い続けていきますし、光一さんの描くコウイチの世界を、見続けたいと願っています。

 

私にとっての「Endless SHOCK」は”コウイチの物語”なのですから。

 

 

 







-覚え書き
-, , , ,

執筆者:

関連記事

今日のカテコは大澄賢也さん⁉️

夜に皆さんの感想を拝見するのが、毎日の楽しみです。 今夜気になったのが、このツイート。   『ナイツテイル、観れば観るほど楽しい!チケット降ってこーい! カテコで賢也さんにリフトされそうにな …

新たな出会い、えっ!光一さんファン⁉️

新たな出会いです。 昨日、素敵な夢をみました! という話しから、夢の中でかっこよかった光一くん、と続き、 「え、え〜!そうなの?」 白い制服のルカにやられた、というお馴染みのパターン。 大野くん大好き …

読売新聞4/10夕刊の記事!

いただきものです。 しかも東京版らしいです。 関西版はやや記事は小さい? 買いそびれてしまったので定かではありません、すみません(汗!)   KD応援団facebookで紹介しています。 こ …

9月22日は・・・・・!

ジョン・ケアードさんの誕生日! 「ナイツテイル」の再演はいつですか?待ってます! 来年の帝劇の上演予定は、4月「エリザベート」5.6月「ミス・サイゴン」7,8月「ジャージー・ボーイズ」11月「ビューテ …

「時間は限られているんですよ!」by草なぎ剛

たまたま今朝NHKのニュースを見ていたら、草なぎくんの特集がありました。 現在、横浜で舞台に立っているのですね。 その稽古初日のようすの映像が紹介され、さらに独立を決めたときや、今の心境などを草なぎく …