ソロコン

”Spiral”の魅力❣️

投稿日:

光一さんのソロコンは、常に

新たな光一さんを見せてくれます。

特にこの時点での最新コンサートである”Spiral”は、ジャニーズは光一さんだけ、ダンサーさんは全てプロの方です。

わたしはジャニーズの後輩くんたちの自分アピールが嫌いなので、ジャニーズが光一さんひとりになったこのコンサートが一番好きです。

さらに、このコンサートの主軸であるINTERACTIONALと、アンコール曲となっているケント・モリ振り付けの「SHOCK!」に、光一さんの新たな姿を見るのです。

光一さんは決して器用ではありません。また、こう言っては何ですが、上手いダンサーでもないと思っています。

ただ、光一さんの言う「音楽の可視化」を光一さんの表現力が素晴らしく可能にしていると思うのです。

それは、ダンスだけでなく、歌だけでもない、その両方であり、さらに、照明もふくめたステージの構成でもあります。

光一さんの表情、仕草、その全てが楽曲を表している、光る汗さえも。

そういう光一さんだけの表現の世界が私は好きです。

そうして、その世界は、コンサートの度に一歩ずつ新たな境界を広げています。

 

光一さんは錦織さんのダンスが理想だとよく言います。

が、私は光一さんの「錦織化」を見たいわけではありません。

器用ではない光一さんが、常に基本に立ち返って、そこから、新たな表現を作ろうとする、決してショートカットをしない、手抜きをしない姿勢が大好きなのです。

その上で、INTERACTIONAL は新たな光一さんを作り出したと思います。

美しい、ビシッと決まるポーズではない、もっと自由な、型にはまらない踊り。

逆に、SHOCK!は、ある意味、光一さんらしいキメのある華麗なダンス。

このような表現を経て次はどこに向かうのか?

あの丸い 照明?   はどこかに保存されているのだろうか?

 

来年は42歳。

ナイツテイルや eternalの経験は、どう生かされるのか?

光一さんは、今、何を表現したいのか?

尋ねたいことは、たくさんありますが、答えは簡単には返ってきません。

ただ待つだけなのかもしれませんね。

 

念のため、

このライブの収録曲のリストです。

・OVERTURE
・M1 Fame
・M2 Danger Zone ~to the unknown world~
・M3 MUSE
・M4 Slave Maker
・INTER
・M5 INTERACTIONAL
・M6 Knocked me down
・M7 Come closer
・M8 Night Wanderer
・M9 Over You
・M10 IN & OUT
・INTER
・M11 DEAD END
・M12 SHOW ME UR MONSTER
・M13 Bongo Drum
・M14 Just A Woman
・M15 STELLAR NIGHT ~星のバルコニー
・M16 Love Professor
・M17 Bad Desire -remix-
(Danger Zone 〜to the unknown world〜/妖 〜あやかし〜/暁/INTERACTIONAL/Deep in your heart/INTERACTIONAL/Deep in your heart)
・M18 INTERACTIONAL
[ENCORE]
・EN1 SHOCK!
・MC
・EN2 LOVE CRIES
・EN3 -so young blues-
・EN4 + MILLION but – LOVE

 

参考

光一さんソロ活動の歴史

こちらは古いブログですが、このライブを見た時の私の感想です。

大阪城ホール2日目!

さらに、

名古屋ファイナル!!

昔の自分が書いたものをみると、やはり新たに蘇ってくるものがありますね。

 

この時からもう5年以上が過ぎて、いろいろなことがありました。

でも、「待つ」気持ちは変わりません。

来年は是非!ともう一度言っておきましょう!!







-ソロコン
-, ,

執筆者:

関連記事

休演日に「Spiral」三昧!!

久しぶりに「Spiral」DVDを見ていました。 2015年のソロコンDVDです。 DISC 2のドキュメントで光一さんは、こんなことを話しています。 「お客さんの期待を超えたい」 「自分のやりたいこ …

5月から7月⁉️

  今日、3月11日の公演も無事終演。 座長の挨拶。 『毎日無事に幕が上がって幕がおりるという当たり前の毎日が当たり前ではないんだなと感じさせられた日でもあります。こうしてステージに立てる事 …

JUMPの演出サポートですと⁉️ 嘆きと怒り💢で一杯だ!!

JUMPファンが今回のコンサートの演出に感動しているとか。   ものすごく本音をいえば、ジャニーズは基本セルフプロデュースではないですか? その力も含めてグループの力でしょう。 これまでのJ …

通学路・・・。道はいろいろあるけれど・・・。

もうね、いろいろな事を光一さんに関連付けて思うわけです。   この写真は芦屋の通学路。 この道は一直線ですが、光一さんのかつての通学路は坂道が多く坂の上 にある中学校に向かってひたすら歩いて …

光一さんソロ活動の歴史

  光一さんのソロ活動は、隣の人にかなり遅れてスタートしました。   Endless SHOCKが、2005年1月に始まりましたから、この変更の手応えが光一さんの姿勢をさらに貪欲に …