ジャニーズ

ジャニーズ事務所の興亡??

投稿日:

年明け後に読んだ記事の中で心に残ったフレーズがあります。

それは

(以下一部抜粋)

『「アラフォー世代」は、アラサーとは一転、結束が強まっているように見える。V6はデビューから“勤続25周年”を達成し、世界的にも珍しい長寿グループに。KinKi Kidsは、ジャニー喜多川氏への追悼の思いを乗せた曲を発売。堂本光一(41)は生前、氏が演出していた後輩の舞台の演出を担うなど、“ジャニー喜多川イズム”を引き継ごうという思いが見える。つまり「退所も辞さないアラサー」と「我が道を行くアラフィフ」と「結束強めるアラフォー」と言ったところだろうか。』

『故ジャニー喜多川氏は“発掘”を得意としており、その重要性は今も変わらない。しかし、その志は維持しつつも、タレントそれぞれの人生に応じて、優しく道を“整備”していく流れは、滝沢秀明をはじめとする裏方の人々の、亡き創業者への恩返しなのかもしれない。』

(記事⇒ジャニーズ事務所2020年の興亡 「不祥事と退所」に揺れた帝国の激動 )

 

この記事に100%賛成というわけではありませんが・・・。

世代別、という問題ではなく、個々人の問題であろうと思うのです。

 

それでも、

自ら延ばした「アイドルの寿命の長さ」に向き合う宿命を背負っている。

のであれば、その当事者であるKinKi Kidsもまた、向かい合うべきものがあるのだろうということなのです。

 

『人生に応じて』進むべき道を決めるべきでしょうし、それがアラフォー世代の果たすべき役割ではないでしょうか?

多くの後輩が見ています。

「アイドル」はいつまでもできるものではなく、20年以上も「アイドル」というのは異常です。

 

2021年の年頭にあたって、改めて今思うことは、ズルズルと続けることがジャニーさんに応える道ではない、ということです。

2021年に何を引き継ぐべきなのか、よく考えていただきたいと思っています。

 

 

 







-ジャニーズ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

「eighter」に拍手!

いろいろな発言を見て、旅立つすばるくんを認めたメンバーと、6人になるツアーの歌割りや構成を今後のためにもしっかり作っていこうとする姿勢と。   メンバー愛がものすごく感じられて、素敵です。 …

しばらくは「静観」と思っても気になること・・・!

KinKiに解散という道があるのかどうか、新曲が出るということですし、そもそも事務所が解散を認めるのか?と言う疑問があります。 何しろ「新たな伝説」でしたっけ? いや「新たな神話」でしたね、それが始ま …

「少年隊」・・・

錦織さんと植草さんが今年いっぱいで「退所」だそうですね。 先輩がどんどんいなくなります。 光一さんはどう思っているのでしょうか?   今は舞台の事だけに専念したいでしょうに・・・・。 &nb …

J-FRIENDS 記念碑  in 神戸

J-FRIENDSは、TOKIO、V6、KinKi Kidsによって結成されたチャリティーグループです。 上のプレートにも13人のシルエットがありますね。 1995年の阪神・淡路大震災から来年で25年 …

ジャニーズ事務所と吉本興業!?

ジャニーズ事務所の公取からの「注意」問題が、今や吉本興行のブラックぶり、かつ「パワハラ」ぶり問題へと大きくシフトしています。   芸人の皆さんが吉本への不信感を語るようになって、きちんと契約 …