本・雑誌・記事

「ひるまない男」日経エンタより

投稿日:

今日は雨。

でも、心には陽が差しましたよ。

(いや、こんな言い方。恥ずかしいけれども)

日経エンタより。

長瀬くんは、「ばかだけど、ひるまない男」だと語る光一さん。

まず「ばかだけど」
⇑  ⇑
ここに思いきり愛情を感じますね。

無私、というのか、利己的ではない、というのか、いろんな意味で「ばっかだなあ」と思うのだろうなあ。

 

ひるまない、という点では、共通しているのだろうなあ、と思います。

 

たくさん会っているわけではない、でも長い付き合いで分かりあっていて、素敵な関係だと思います。

TOKIOの長瀬だから付き合っているわけじゃないし。

とも言ってましたね。

 

ひるまない

 

・・・・いいなあ、生き方としても、

ものごとに立ち向かう姿勢としても。

 

『ひるまない』

 

 

・・・どんなときも、自分を鼓舞する言葉として、いただきます!!







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:

関連記事

さあ、恒例の『光一さん祭り!!』

書店の演劇誌の表紙が光一さんでいっぱいの、光一祭りが始まります!! ・・・しかし、ここ数年の雑誌は光一さんのビジュアルが変わらなさすぎて、いつのものやら判別不能状態。   さらに、さらに、『 …

日経エンタ8月号・・・。

  テーマは「真面目にふざける」なんですが、これは前回のような光一さんソロ曲の話ではありません。 グループの新曲の話です。 なので、本屋さんで立ち読み。 この「新曲」には、カップリング曲がな …

「エンターテイナーの条件」2を!

  「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。 約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。   あれからもう二年を超えています。   そろそ …

活字の向こうに見える「光一さん」!!

日経エンタ「エンタテイナーの条件」 私はこの連載かあって本当に良かったと思っています。   多くの方に光一さんのことを知ってもらえるから、というのもありますが。光一さんにとって自分の考えをま …

『週刊朝日』と『サンデー毎日』

火曜日に購入した本屋さんでは週刊朝日が売り切れ。 もうひとつの大型書店ではサンデー毎日と週刊朝日が並べて置いてあって、改めてサンデー毎日の井上さんの記事を熟読。 辛いことは半分に、喜びは倍に、って・・ …