覚え書き

ミュージカル俳優の中にあって。

投稿日:

こんなツイートを発見しました。

今村眞治さんのツイート

「高橋知伽江、深沢桂子、吉原光夫…と揃うとどうしても『手紙』を彷彿とさせてしまう『DAY ZERO』。ミュージカル俳優の中にあって福田悠太は大変な苦闘をして歌唱力と演技に磨きをかけながら立派にこの公演を迎えたのだと思う。その努力こそがこの作品と重なっている様で一層胸が熱くなった。」

 

今村さんは東宝演劇部のチーフプロデューサーの方。

福田くんの主演舞台について語っていらっしゃいます。

ここで、「ミュージカル俳優の中にあって」という一文に反応してしまいました。

光一さんの今の環境も似ているのではないか、と思うからです。

 

でも、長く座長を務めてきた光一さんに対しては、周りの方々の視線も、評価も様々ではないか、と想像します。

それだけに、光一さんはアンテナを高く張って、自分の足りないところ、未熟なところを探りながら努力を重ねているのではないか、と思います。

 

もっと若い時に、外部舞台の洗礼を受けていたら、周り方も遠慮なく叱咤できたでしょうし、光一さん自身もストレートに学ぶことができただろうと思います。

光一さんの姿勢は変わらないとしても、環境や経歴が邪魔をすることもあるのではないでしょうか?

 

また、最近テレビで見た野村萬斎さんの番組で、お父様の万作さんが、

「舞台を見にきてくださるのはファンの方ですから、大甘なんです。何でもいいんですよ。そこへ私が、芸というものをお見せする、まあ、自分をアピールするわけですな。本人はどう思うか知りませんが私はそう思っているのです」

というような話をされていて、ファンというのは確かに大甘よね、と思ったりもするわけです。

 

光一さんの新作舞台のチケットは当然ながら入手困難。

もちろん井上さんのファンの方もいらっしゃいますから当たり前といえば当たり前。

 

そうして観劇したファンの絶賛の声も想定済み?

おそらく批判の声はアンチと受け取られかねない。

 

まあ、それは実際舞台の幕が上がらなければ分かりませんが。

 

ファンも謙虚に様々な意見に耳を傾けるべきでしょうし、光一さん自身がそうしたいと望んでいるでしょう。

 

また、そういう光一さんだからこそ、今後の伸び代を信じることができますし、ファンは常に期待を込めて待つことができるのです。

 

“外部舞台への出演”

長年待ち続けたこのフレーズがやっと実現した今。

光一さん自身も、ファンにとっても、未来が大きく広がる予感がしています!

 

先へ進もうとする意欲がある限り、遅すぎることはないのですから。

 

 

 







-覚え書き
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

台本と譜面が・・・・・!えっ Gの新曲ですって?

大澄賢也さんのツイートで「ナイツテイル」の台本と譜面が渡されたことを知って、いよいよスタートだわ(喜)と思っていると。   Gの新曲が出るのですか?   このところ、嬉しいときには …

昔の掲示版!

  CDTVで髪が長くなった光一さんを中居くんとのツーショットで見られのは嬉しかったです。 久し振りの長髪、どこまで伸ばすのでしょう? 昔、光一さんがロングヘアだった頃を思い出しましたが・・ …

満開の桜に帝劇を思いながらもモヤモヤ・・・

  何かと忙しい毎日で、今日は梅田で研修など。 その合間に見た桜がこちら 梅田の真ん中の公園ですが、暖かい夕方、しばし桜に見入ったのでした。 ・・・・で、今日は2公演だったなあ、と一日を振り …

はじめに ブログ移転について

  長年「ココログ」をお借りしてブログ運営を続けてきましたが、このたびブログの引越しをいたしました。   以前から考えていたのですが、なかなか腰を上げることができず、たまたま時間が …

光一さんの通学路!

前楽の3月30日。   たまたま芦屋を歩いていて、ああこの道は光一さんが歩いていたと思われる通学路だと思い出し、写真を。     当時光一さんが住んでいたマンションはもう …