覚え書き

ミュージカル俳優の中にあって。

投稿日:2018-06-13 更新日:

こんなツイートを発見しました。

今村眞治さんのツイート

「高橋知伽江、深沢桂子、吉原光夫…と揃うとどうしても『手紙』を彷彿とさせてしまう『DAY ZERO』。ミュージカル俳優の中にあって福田悠太は大変な苦闘をして歌唱力と演技に磨きをかけながら立派にこの公演を迎えたのだと思う。その努力こそがこの作品と重なっている様で一層胸が熱くなった。」

 

今村さんは東宝演劇部のチーフプロデューサーの方。

福田くんの主演舞台について語っていらっしゃいます。

ここで、「ミュージカル俳優の中にあって」という一文に反応してしまいました。

光一さんの今の環境も似ているのではないか、と思うからです。

 

でも、長く座長を務めてきた光一さんに対しては、周りの方々の視線も、評価も様々ではないか、と想像します。

それだけに、光一さんはアンテナを高く張って、自分の足りないところ、未熟なところを探りながら努力を重ねているのではないか、と思います。

 

もっと若い時に、外部舞台の洗礼を受けていたら、周りの方も遠慮なく叱咤できたでしょうし、光一さん自身もストレートに学ぶことができただろうと思います。

 

光一さんの姿勢は変わらないとしても、環境や経歴が邪魔をすることもあるのではないでしょうか?

 

また、最近テレビで見た野村萬斎さんの番組で、お父様の万作さんが、

「舞台を見にきてくださるのはファンの方ですから、大甘なんです。何でもいいんですよ。そこへ私が、芸というものをお見せする、まあ、自分をアピールするわけですな。本人はどう思うか知りませんが私はそう思っているのです」

というような話をされていて、ファンというのは確かに大甘よね、と思ったりもするわけです。

 

光一さんの新作舞台のチケットは当然ながら入手困難。

もちろん井上さんのファンの方もいらっしゃいますから当たり前といえば当たり前。

 

そうして観劇したファンの絶賛の声も想定済み?

おそらく批判の声はアンチと受け取られかねない。

 

まあ、それは実際舞台の幕が上がらなければ分かりませんが。

 

ファンも謙虚に様々な意見に耳を傾けるべきでしょうし、光一さん自身がそうしたいと望んでいるでしょう。

 

また、そういう光一さんだからこそ、今後の伸び代を信じることができますし、ファンは常に期待を込めて待つことができるのです。

 

“外部舞台への出演”

長年待ち続けたこのフレーズがやっと実現した今。

光一さん自身も、ファンにとっても、未来が大きく広がる予感がしています!

 

先へ進もうとする意欲がある限り、遅すぎることはないのですから。

 

 

 







-覚え書き
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

”職人的なエンターテイナーのキング”堂本光一!!

元旦にこんな記事をみました。   堂本光一はジャニー喜多川を超えるべく新たな作品を創り出し続けるーー誕生日を機に考える   特にここ。⇓ 『見た目はいつまでも美しい王子様キャラだが …

母の心?

剛くんは、かつて母の心で、ゆる~く応援して欲しい、(そこに立ってるだけでいい、ということ?)と言ったはず。 その時と比べるとかなり追い詰められていませんか?   カスがたまるとか、自分の人生 …

どうやら繰り返される明暗・・・・

  ・・・・明暗という言い方はちょっと違うと思うのですが。 光一さん事で盛り上がっていると、必ず聞こえてくる不愉快な出来事。 毎日、もちろん、いろいろなことがあって、最近では大雨やその被害。 …

見たいものは?

2020年1月2日。 朝の景色です。 美しい青空です‼️ 六甲の山並みも美しい‼️ ちょっと雲がかかって見えない所もあります。 いつも変わらずに …

「感染対策」の重要さ!!

(コロナに)なってしまった後、支えてくれるのは今までやってきた感染対策 これは、風間俊介くんの記事からコピーした言葉です。 こちらの記事。 風間俊介 コロナ感染時「頭が真っ白」 療養中の支えは「今まで …