覚え書き

「楽しく見放す」・・・ popstyleブログより

投稿日:

 

水曜日?の読売新聞を買いそびれてしまったのですが、ツイッターで「popstyleブログ」を知りました。

早速読んでみると、思った以上に濃い内容で、考えさせれられました。

前半はケアード氏の光一さんへのリスペクトが語られていて、光一さんの思いも含めて既出感のある内容だなと思ったのですが、2ヶ月の稽古期間が「足りない」という光一さんの言葉を受けてのケアード氏の言葉、

以下に引用します。

 

”会見でもいいましたが、演劇はPLAY(遊び)なのだから。何かすごい楽しいことをやるんだという思いを持ち続けた方がいい、あまり深刻になりすぎないことです。ピカソが言った言葉ですが、芸術は決して終わることはない。楽しく見放すという瞬間があるだけで、完成形はなという言い方をしているんですね。やれることやって楽しんでやって、はいもう終わりっていってやらないと、永遠に終わらない。ずうっとやり続けるということはしない方がいい。ずうっとやり続けることもできるけれど、どこかでやっぱり手放さなきゃいけない”

 

この言葉がものすごく腑に落ちた、というのでしょうか。

このごろ、「Endless SHOCK」の完成形ってなんだろう?

どこを目指すのだろう?

と思っていたので、「手放す」ことが、新たなスタートかもしれないと自分としては頷いたのでした。

光一さんが演出家として、「コウイチの物語」を作り続けて長い年月が経ちました。

そろそろ別の演出家に委ねたらどうでしょう?

舞台の真ん中に立つのはやはり「コウイチ」ですが、演者に専念して、演出をほかの方に任せるのです。

 

それは「ジャニー・演出」という呪縛からの自由にも繋がりますし、光一さんが「Endless SHOCK」の演出を続けることで陥っているように思われる出口のないスパイラルというのか、そもそも何が「進化」なのか?といった明確な答えがない問いからの脱出にもなると思うのです。

「Endless~」ではなくて、「SHOCK」の外伝のようなものでもいいでしょう。

キャストも「コウイチ」以外は、ジャニースから離れて。

 

一度「手放し」てみると、また見える景色が違ってくるでしょう。

その上で、光一さんが描きたい新たな「コウイチ」が見えてくるかもしれません。

 

「ナイツ・テイル」で光一さん自身が外部舞台の楽しさと恐さを知ることは、とても素晴らしいと思います。

 

その経験を踏まえて、舞台「SHOCK」もまた、委ねてみる。

困難も大きいかもしれません。

でも、得られるものもまた、大きいだろうと思います。

 

過去に因われずに勇気を持って新たなチャレンジに向かうことができる光一さんです。

そういう光一さんだからこそ、未来は可能性に満ちていると思います。

多くの困難なチャレンジの向こうには、きっと更に輝く光一さんがいるに違いない、と思っています!

 

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『Document of Endless SHOCK』の衝撃!!

2012年、初めての4か月連続公演。 初めての博多座。 初めての地方公演。 (KD応援団ができたのもこのときでした)   さらに「明日の舞台へ~」も。   ポスターも素敵でした! …

「怒涛の日々」が続きます。

井上芳雄さんがラジオで、ペットの鳥さんが手の上で亡くなったことを話していらっしゃいました。 さらにその日は次男の赤ちゃんのお祝いの日?(井上さんはクリスチャンだそうですが、そこに詳しくなくてすみません …

参考記事など。

FCに入っていない人、入っていても、会報を読まずに捨てた人のために。 KinKi堂本剛が解散か退所を示唆!?会報で「第三者が作った概念に意味を感じない」「やりたい人生を歩んでこなかった」   …

「受け継がれる」ものはあっても・・・正直、コウイチが全て!!

今、週末のインスタライブはあるのかな?と思いながら待っていますが・・・・。思うことを少し。   「SHOCK」のテーマとするものが、「受け継がれる」ことで、本質的な精神は消えない、ということ …

良いお知らせと悪いお知らせ‼️

どうやら今日はロケが無かった? 大澄賢也さん出演の.「よ~いドン」で、森のダンス(大澄さんと光一さんの)が見られたこと。 大澄さんは「もうチケットはありません!」と言ってましたね。 でも当日券はありま …