本・雑誌・記事

『週刊朝日』と『サンデー毎日』

投稿日:

火曜日に購入した本屋さんでは週刊朝日が売り切れ。

もうひとつの大型書店ではサンデー毎日と週刊朝日が並べて置いてあって、改めてサンデー毎日の井上さんの記事を熟読。

辛いことは半分に、喜びは倍に、って・・・・・。

これって同じグループの誰かからは絶対に出てこない言葉。

今更嘆いても仕方のないことではありますが、もうずっと昔に終わっていたな、と、グループの存在の「意味の無さ」をつくづく思いましたね。

光一さんには、新たなことにチャレンジできる仲間と共に過ごして欲しいと思いますし、そういう環境を選んで欲しいと心から思います。

月末にはお二人が表紙の演劇誌が書店に並ぶとのこと、楽しみでなりません。

 

実は今日、梅芸ネット会員年会費のお知らせメールがきました。

昨年更新していなかったと思い込んでいた私は今回のネットでの応募をしていなかったので・・・・後悔、後悔・・・・。

ま、せめてハガキでの応募は忘れないように、と思ったのでした。

梅芸「ナイツ・テイル」のハガキでの応募は、こちらを参考に。

 

ハガキ抽選販売について

 

ハガキは6/24~6/28到着分が有効ですからお忘れなく。

帝劇の一般販売も始まりますね。

ハガキも出してはいるものの全く当る気がしないので、頑張らねば!

 

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「エンターテイナーの条件」2を!

  「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。 約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。   あれからもう二年を超えています。   そろそ …

舞台誌!・・・選んだのは”STAGE SQUARE”ですが何か?

書店に並ぶ舞台誌! この時期はもちろん光一さんが表紙です!! どれも素敵な光一さんです! ・・・が一番に目に飛び込んできたのは『二の腕』 腕だしの光一さんはこの”STAGE SQUARE”だけですから …

記事『『SHOCK』開幕の堂本光一 対コロナ仕様舞台の苦労明かす』

この記事を読んで、昨今の俳優さんの「自殺」のニュースを思い、コロナ禍における多くの努力と、覚悟と、なかなかわかりにくい関係者の方々のジレンマなど、考えさせられました。 記事はこちらです。 『SHOCK …

こちらはネットの記事。

堂本光一、『SHOCK』7ヶ月ぶり再開に決意 感染対策徹底&階段落ちも封印「赤字覚悟で…」 まずはこちらの記事。 いらない「KinKi Kidsの」がついているのですが・・・・。 注目はここ。 『一方 …

日経エンタ「だから舞台演劇はやめられない」‼️

「ナイツテイル」ロスから始まって、ナイツテイルを振り返った内容です。 2018年の光一さんは、ナイツテイルで本当に素晴らしいメンバーに恵まれたのですね。 「スタンドプレーに走る人がとにかく1人もいなか …