本・雑誌・記事

週刊朝日6/29表紙の光一さん!!

投稿日:

備蓄用のレトルト食品や水が売り切れで棚がガラガラのスーパーが多い関西地方です。

が、光一さんが表紙の「週刊朝日」買ってきました。

 

なんといっても、「KinKi kidsの」とかが一切無いのが嬉しいです。

「堂本光一」のみ!!

さらに嬉しい表現がいっぱい!!

 

「ストイックで、迎合しない人」と。

横顔も、微妙な笑顔も、もちろん正面も美しいグラビアです。

 

インタビュー記事もいかにも光一さんらしく。

『負けたくないのは「誰か」じゃなく「自分自身」』

ただ光一さんは、KinKiについて、「お互い何も意識していません」と言ってますが・・・・・、そうでしょうか??

本当にそうなら、もっと普通に平和だったのでしょうけれど。

光一さんは意識していなくても、あれこれと言う人がいますからね。

インタビュー記事と、林真理子さんとの対談もあります。

18年ぶりというのは、「どーもとモード」での対談以来ということですね。

これは平成12年発行ですから。

ある意味貴重な一冊です。

対談では、

「周りのご意見もあって、なかなか他の作品に挑戦することができなかった」

とさりげなく言っている光一さんですが・・・。

いくらなんでも、長すぎでしょう。

これからは、東宝さんにもご協力いただいて、もっと多くの舞台を経験して欲しいものです。

 

「世界初演」のプレッシャーを受けながら「ナイツ・テイル」に挑む光一さん、今後の「SHOCK」の変化にも期待です!

 

それにしても、「どーもとモード」から18年が過ぎてなお「今」が一番、と言える光一さんは素敵です。

つまりは内面は表に出る、ということですし、18年間の生き方が外見に表れる、ということですね。

 

新たな挑戦を通して、「堂本光一」のこれまでとこれからが、多くの人に評価され注目されるのはとても嬉しいです。

40歳に向けて、大きなステップになりますね!!







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「婦人公論」のふたり

買ってきました、「婦人公論」   二人のページは4ページなんですけど。 勝利くんは1996年生まれなんですね。光一さんは1979年ですから17歳差? 今43歳の光一さんと26歳の勝利くん。 …

日経エンタ「だから舞台演劇はやめられない」‼️

「ナイツテイル」ロスから始まって、ナイツテイルを振り返った内容です。 2018年の光一さんは、ナイツテイルで本当に素晴らしいメンバーに恵まれたのですね。 「スタンドプレーに走る人がとにかく1人もいなか …

もう少し詳しく ジャニーさんイズムと光一さんについて

ご紹介したくなる記事を次々に発見! まあ同じような内容ですがちょっと違うこちら 堂本光一の“ジャニーさんイズム”。佐藤勝利「時々ジャニーさんと電話してるのかと思う」 二人のライバル役やその他のキャスト …

ジュリーと拓郎さん、ライブは当分中止!

毎日、様々な話題がネットに流れてきます。   ジュリーと拓郎さんの話題。 (昔「LOVE LOVE 愛してる」のゲストにジュリーが出たことがありましたね。このとき、拓郎さんがジュリーのことを …

創刊 ”act guide” 巻頭特集!

本屋さんに確認するとあと一冊しかないと言われて慌てて取り置きをお願いし、夕方受け取ってきました。 表紙も素敵でしたが、裏表紙は夜の海の後倒れたコウイチ。 こちらなのですが、本を横にして撮ったものです。 …