覚え書き

Twitter・・・・

投稿日:

最近,

Twitterで思いがけず、自殺されたと思われる方の最期のつぶやきを拝見したり、

強盗に襲われて逆に捕まえたという方の臨場感あふれるツイートにびっくりして。

 

ツイートの力について考えています。

 

私自身はTwitterを頻繁にみているわけではありません。

ブログ更新のおしらせ、観劇した時の感動や周りの出来事、をつぶやくぐらい。

フォロワーも多くないし。フォローもそこそこ。

だいたいTwitterは語数が少ないと感じてしまいます。

コンパクトに主張したいときはそれでいいのかもしれませんが。

 

自分の主張を、言ってみれば世界に向かって呟くことができる、というのは素敵なことだと思います。

こういうツールがないよりはあったほうがいい。

Instagram、LINE、facebook

いろんな手段が択べて発信できるのはいいことです。

私もアカウントは一通りもっています。

誰かに何か言い残したいときには、そうするかもしれません。

 

ただねえ、ネットの世界というのは

現実と連動していても「現実」そのものではない。

個人の感想や意見であって、その個人のフィルターを通した「現実」であったりするわけです。

 

個人の目を通した「現実」は個人の数だけあって、

一方、客観的な現実とは何か、といえば、これもすごく難しい。

メディアは信用できないし、立場が違う以上、モノの見方が違う。

 

そういう混濁した社会に私たちは生きているのです。

単純に「良い」「悪い」ではないし。「表」と「裏」と言うのも違う。

では何が信じられますか?

「文は人なり」というけれども、作られた文章はただそれだけのもの。

(それは私の書くものもおなじです。だまされてはいけませんよ)

 

 

私は「人」だと思いたいです。

でも「人」は難しい。一筋縄ではいかない。

まず時間がかかる。

誤解もあるし、過剰な期待もある。

誠実な人もいれば誠実に見える人もいる。

こちらが信じれば応えてくれる人もいるし、どうにもならない人もいる。

近寄りすぎるとわからなくなる。

 

でもそういう社会に私たちは生きているのです。

 

その中で何か信じられるものが欲しい。

家族、友人・・・・・。

その一方で、所詮人は一人、とも思っている。

 

後悔のないように。

疑い過ぎないように。

頼りすぎないように。

 

どれもみんな難しいけれども・・・・。

 

ただ自分をどこかに連れていってくれるのは

自分の足ですから。

自分の足で歩いてみないとね!







-覚え書き
-, ,

執筆者:

関連記事

Instagram学習中!?

そもそも「Instagram」とは? 『Instagramとは、Facebook, Incが提供している無料の写真共有アプリケーション。 略して「insta」と呼ばれることもある。 Facebook, …

1月17日は「阪神淡路大震災」・・・もうあれから29年・・・

  嬉しいニュースもおめでたいニュースも、ひどい話もいろいろありますが、 あれから29年・・・なのですね。阪神淡路大震災は1995年。 まだ早朝の大きな「揺れ」と、空が明るくなった頃に見た火 …

光一さん スシ王子の思い出!

最近 光一さんの記事が多いです たとえばこれ 堂本光一「私は『スシ王子!』というドラマをやって…」 ま 覚えていないんですけど   スシ王子は黒歴史といわれていたことがあるほど 映画化の失敗 …

焦らない!焦らない!

  なんだかこの頃焦ってるなあと思います。 早く何もかも整理して「次」にいきたい。と。 「次」ってなんやねん?ということもありますが、それは私の個人的な夢。 でも落ち着いて考えるとまだまだ準 …

ちょっと方向転換・・・

一人暮らしをするマンションをさがしていましたが・・・ ちょっと方向転換しようと思います。 リハビリしてもっと動けるようにならなきゃ。とおもったこと。 もう一つは結局一人では暮らしていく自信がない、と思 …