覚え書き

Twitter・・・・

投稿日:

最近,

Twitterで思いがけず、自殺されたと思われる方の最期のつぶやきを拝見したり、

強盗に襲われて逆に捕まえたという方の臨場感あふれるツイートにびっくりして。

 

ツイートの力について考えています。

 

私自身はTwitterを頻繁にみているわけではありません。

ブログ更新のおしらせ、観劇した時の感動や周りの出来事、をつぶやくぐらい。

フォロワーも多くないし。フォローもそこそこ。

だいたいTwitterは語数が少ないと感じてしまいます。

コンパクトに主張したいときはそれでいいのかもしれませんが。

 

自分の主張を、言ってみれば世界に向かって呟くことができる、というのは素敵なことだと思います。

こういうツールがないよりはあったほうがいい。

Instagram、LINE、facebook

いろんな手段が択べて発信できるのはいいことです。

私もアカウントは一通りもっています。

誰かに何か言い残したいときには、そうするかもしれません。

 

ただねえ、ネットの世界というのは

現実と連動していても「現実」そのものではない。

個人の感想や意見であって、その個人のフィルターを通した「現実」であったりするわけです。

 

個人の目を通した「現実」は個人の数だけあって、

一方、客観的な現実とは何か、といえば、これもすごく難しい。

メディアは信用できないし、立場が違う以上、モノの見方が違う。

 

そういう混濁した社会に私たちは生きているのです。

単純に「良い」「悪い」ではないし。「表」と「裏」と言うのも違う。

では何が信じられますか?

「文は人なり」というけれども、作られた文章はただそれだけのもの。

(それは私の書くものもおなじです。だまされてはいけませんよ)

 

 

私は「人」だと思いたいです。

でも「人」は難しい。一筋縄ではいかない。

まず時間がかかる。

誤解もあるし、過剰な期待もある。

誠実な人もいれば誠実に見える人もいる。

こちらが信じれば応えてくれる人もいるし、どうにもならない人もいる。

近寄りすぎるとわからなくなる。

 

でもそういう社会に私たちは生きているのです。

 

その中で何か信じられるものが欲しい。

家族、友人・・・・・。

その一方で、所詮人は一人、とも思っている。

 

後悔のないように。

疑い過ぎないように。

頼りすぎないように。

 

どれもみんな難しいけれども・・・・。

 

ただ自分をどこかに連れていってくれるのは

自分の足ですから。

自分の足で歩いてみないとね!







-覚え書き
-, ,

執筆者:

関連記事

何かを物語るInstagram更新頻度⁉️

舞台中は、追いつくのが大変!とおもったInstagramでしたが、       このところ更新がありません。   まあ、事務所に対する怒りとかいろいろ言われては …

今幸せに触ったみたい♫

「ぼくの背中には羽根がある・再考。」 ということで。   もうこの頃、この曲の脳内再生が止まりません。 ただし、光一さんソロで、という条件付きです。     こんな状況下 …

嘆きと怒りの「転売チケット」❗️

相変わらず転売チケットが出回っているようですね。 そもそも、転売サイトが存続していることが不思議です。 公式サイトで空き席情報を出すとか、対処できないのでしょうか? 「デジチケ」も転売対策のひとつでし …

精神衛生上よくないのでは??

暑いですねえ、 このところG絡みのモノは見て居ないのですが・・・ 時々目に入るツイートなどによると、 どうもあまり楽しそうではない・・・ような・・・   まあ、ご自由ですが。   …

22日の「SMGO」は・・・・そうして再開にむけて・・

呟きみたいな「SMGO」 「本来であれば2公演・・・ 筋トレしよ」   ・・・で なにはともあれ 再開が決まりました。 こういう時シングルキャストというのは厳しいですね、 もちろん誰もが必要 …