覚え書き

『時代』の息吹・・・・

投稿日:

 

大江健三郎さんの訃報に接し、思うことが少しありました。

それは普遍性とはなにか?ということです。

人の人生は短く、かつ経験や思考は限られています。

何が正しくて何が間違いなのか、「今」を生きるわたしたちにはわかりません。

 

三島由紀夫が自決したとき、ショックではありましたが、自衛隊に決起を促すその思考が私には理解できませんでした。

私が幼かったこともあるでしょう。

私はいわゆる「学生運動」後の世代ですし、おそらく「安保闘争」もあまりわからないまま、平穏に普通に青春を過ごしました。

 

ある時代の人々はいわゆる「東」に希望を持ちました。ソ連、中国、北朝鮮。

その当時の「希望」や「理想」を語ることは間違いだったのでしょうか?

 

私は極めて平和に生きてきましたからそういう「思想」とはあまり縁がありませんでした。

『時代の息吹』というのはおそらく青春時代をどう過ごし、何に興味を持ち、どう学んだかによって感じ方が変わってくるのでしょう。

 

大江さんは88歳でした.

多感な頃に感じたことを語るのは間違いではありません。

そういう若い時代を過ごした人は大勢いて、そこにはその時代の息吹があるのですから。

 

振り返れば。それぞれの人の人生には多感な日々があって、その時の思いがその後の人生を決めることもあるのです。

選択した人生はその人もの。

その人生を生き抜いた年月にただただ拍手を送りたいと思います。

 

・・・・コシノジュンコさんの「アキレス腱断裂」も気がかりです。

ご高齢でのお怪我は心配です。お元気なお姿を拝見できますように!!

 

 

やはり年齢を重ねることには「意味」があり、体験や経験、あるいは学習や伝聞によってでも様々に見方が広がるものです。

それが「年の功」かもしれません。

たいていのことは誤解や勘違いから生じ、落ち着いてみれば分かり合えるものです。

大事なのはわからないことをそのままにせず、せめて理解しようと努力することでしょう。

わからないことはたくさんあります。

が、時間はあまりにも短く、できることも少ないのです。

 

それでもたとえば今日の一日、明日の一日があるかぎり、できることもあるのです。

そういう時間があることに感謝したいですね!

 

 







-覚え書き
-

執筆者:

関連記事

ちょっとした、「嘆き」⁉️

病院ではたいくつなので普段見ないテレビを見てしまいます。 ほとんどバラエティなんですけど、芸人さんに混じって時々ジャニーズがいる! なんでしょうね、この一般人化! ほぼジャニーズとはわからない平均男子 …

この週末は・・・

ここ三日ほど実家近くの菩提寺のお墓の件でこちらに滞在していました。 もう弟もいなくて両親も亡くなり、「墓じまい」をするつもりでしたが、ご住職がいずれ永代供養できるようにしたいとおっしゃっているので、し …

『覚悟』!・・・・・。

「生まれ変わってもこの人生を、と言えるように生きていきたい」 「幸せです」   と言える人は多くないと思います。   良いことは周りのおかげ、悪いことは自分の責任、と言い切る座長。 …

晴天!!

今年は東京の桜の開花が早いらしいですね。 関西はもう少し先ですが。 それでも今日は青空。 もうすぐ春!と思うだけでテンションが上がります。   この頃は光一さんに関する動画を送っていただいた …

「ヒロミツ」をぜひ観たい!そうして「自分たちらしい」ってなんだろうと考えている・・・

ライバル役「ヒロミツ」やっぱり観たくなりますね。 これいただきものです→      大人なライバル。いいですね! 今までとは違うイメージ。いいです!! 「ヒロミツ」頑張れ!!   ・・・・と …