本・雑誌・記事

今日は読書の日・・・

投稿日:

 

昨日から風邪気味で今日は久しぶりに「読書の日」にしました。

選んだのは一度読んだ五木寛之さんの「百歳人生を生きるヒント」

ただし、これを書かれた時、五木さんは85歳。

ごくかいつまんでいえば、

昔の「人生50年」とか、何となくあった「老年」の意識が変わってきた、という内容です。

さすがに自分が100歳になった姿は想像できませんが、さて、今からどのくらい生きるのか、まったくわかりません。

本屋さんにはさまざまは書籍が並んでいて、いかに老いるか、またいかに楽しく過ごすか、ということを教えてくれます。

・・・が、そこはひとそれぞれ。

ご自由に、と思いますね。

 

五木さんの御本も、例えば90代をどう生きるか、ということにも触れています。

ただねえ、人にはそれぞれの歴史があり、これまでの日々があっての今ですから、それぞれの望むようにやっていけばいい、と思うのです。

でも。

この本で以前に完全にスルーしたらしい詩をみつけました。

茨木のり子さんの詩です。タイトルは「倚りかからず」引用します。

↓   ↓   ↓

「倚りかからず」

もはや

できあいの思想には倚りかかりたくない

もはや

できあいの宗教には倚りかかりたくない

もはや

できあいの学問には倚りかかりたくない

もはや

いかなる権威にも倚りかかりたくはない

ながく生きて

心底学んだのはそれぐらい

じぶんの耳目

じぶんの二本足のみで立っていて

なに不都合のことやある

 

倚りかかるとすれば

それは

椅子の背もたれだけ

 

 

これは1999年の作品だそうです。

2006年79歳没。

 

今は2023年、人の生き方も変化して「ひとり」を選ぶ人も増えました。

また私の母がそうであったように、兄弟を見送って倒れる人もいます。

弟のように自宅で一人亡くなる人もいます。

わたしはたぶん一人で死ぬでしょう。それでいいと思っています。

ただそれならそれで用意はしておきたい、とも思っています。

そのあたりも人それぞれでしょう。

「自分の二本足」のみで立っていればいい、と思います。

 

まだまだそこまでの準備はできていませんから、これからがんばらないと!

70歳までにはなんとかしたいのですが、さあどうでしょう??

 

 

今日もいろんな事件があり、たくさんのニュースがあり・・・・

どんどん時は流れてゆくのですね。

それでも

いやだからこそ

絶望せずに

上を向いて歩いていきましょう!!

 

 







-本・雑誌・記事
-

執筆者:

関連記事

紅白に寺尾聡さんが!!

  「シンデレラクリスマス」好きだったなあ、と昔を思い出していたら・・・ こちらの記事を発見!! 寺尾聰、16年ぶり3回目の紅白出場、テレビ放送70年の特別企画で多くの人に愛されてきた名曲届 …

楽しみな雑誌情報!「婦人公論」「悲劇喜劇」

まずは「婦人公論」 こちら。 『ちょっと先の予告】 #堂本光一 さんが『#婦人公論』1月28日売りの表紙に! 主演舞台「#EndlessSHOCK」が20周年を迎える光一さんを、篠山紀信さんが撮影しま …

「推し活」で若返る⁉️

このところテレビのニュースばかりみていたので活字が読みたくなりました、 看護師さんに、雑誌を買ってきてもらうと、「婦人公論」 その中の特集というのでしょうか、「推し活」で若返る、というページがあって、 …

日経エンタ8月号・・・。

  テーマは「真面目にふざける」なんですが、これは前回のような光一さんソロ曲の話ではありません。 グループの新曲の話です。 なので、本屋さんで立ち読み。 この「新曲」には、カップリング曲がな …

関連記事も!まさに「奇跡」の出会い・・・!

こちら。 5年ぶり復活にして最終回『LOVE LOVE あいしてる』 吉田拓郎が最後のTV出演 KinKi Kidsとの初合作曲を一夜限り披露   なんだかあれもこれもになってしまう今の気持 …