覚え書き

できるだけ元気に、自分のことは自分で。それが目標かも・・・

投稿日:

 

還暦を過ぎると何となく「老いた」ような気がしてきますね。

人生100年、と思えば、60歳というのは3/5にすぎないけれども。まだ40年もある、と思うと長い。

つまりはそのあとは「老いる」だけなので。

70代80代90代・・・というのはちょっと怖い。

どう考えても「老人」であり「高齢者」ですからね。多少若作りしたところで無駄無駄。ごまかせない年齢ですよ。

 

誰かが言ってましたっけ。「坂道を降りてゆくだけ」って。

どうせ降りてゆくなら、それを楽しみたいものです。

降りることで見られる風景もある、かもしれない。

今まで気づかなかったことに気づかせてもらえるかもしれない。

 

段々できることが減ってゆくなら、残った「できること」をしながら暮らしてゆけばいい。

できないことを数えるよりも、できることを見つけてそれを役立てるほうが生活が楽しめる気がする。

まあ、ここまで生きてきたのだから・・・・。「老いる」ことも含めて味わい尽くしたい。

あとは楽しんで、したいことをして、自分らしく終末期をすごしてみたい。

そんなことを考えるのです。

 

 

何をするでもなく、ただ毎日が過ぎるのを眺めているのは嫌。

未来はどうなるのか誰にもわからないからこそ、今自分でできることはしておきたい。

 

・・・ただね、辛いのはやはり「未来」という言葉。

遠くの「未来」に自分は含まれていないし、もっと近い「未来」を考えると必ずあと何年かなあ、と思ってしまう。

その感覚はちょっと悲しい・・・・。

例えば30年後。私は98歳・・・・。生きていたとしても、どうなっていることやら・・・・・。

想像はピンからキリまでできるけれども。

 

ま、そういうことなんですよ。

となると、せめて「今」を何とかして楽しむ、あるいは意味あるものにしたい、と思うしかないわけで。

 

明日は晴れるかなあ。

とか、

そうしたらなにをしよう、とか。

可愛いイラストを眺めながらちょっと楽しくなる・・・・そんな日々。

でも勝手な話ですが、

時々寂しくなるのも事実。

そんなときに『同士』がほしくなったりする・・・・。

 

そんなものなのかもしれませんねえ。

 

大好きな光一さんの「未来」も、多分見届けられないのだろうなあ。

「願う」「祈る」ことはできても・・・・。

 

 







-覚え書き
-, ,

執筆者:

関連記事

立春ですねえ!

東風解凍。 「はるかぜ こおりをとく」 春風氷を解く 七十二候ではこう言うそうです、 たしかにそろそろ氷が解けてもいいころですが、まだまだ2月。寒いです! 「立春」 といえども春は遠くですが、帝劇の発 …

真実??

  何が真実なのか?それは結局当事者にしかわかりません。 自分が信じていることが真実かどうかもわかりません、 ただ私はできるだけ「陰謀」とか「でっちあげ」とか「詐欺」とかいう「誹謗」に加担し …

J-FRIENDSの思い出…1月17日の神戸

こちらの記事を読みました。 KinKi Kids堂本光一さんが見せた心遣い 神戸の復興支えたジャニーズのスペシャルユニットを覚えていますか この中で、特にこの部分 『1997年に関西出身メンバーのいる …

『夏目友人帳』と、それぞれの未来・・・・。

  最近こればかり見ています。 AMEBAでの配信が始まったのが嬉しくて。 「葬送のフリーレン」も配信されていますね。 どちらの作中でも、人の一生は短い、と言われていますが、さあどうでしょう …

再開初日は・・・・・

たまたま見つけたこんなツイート 『夢幻の時、最後他の人達がはけていって、座長1人残り照明がおちても鳴りやまない拍手を暗闇の中しばらく受けてくれていて最後に一礼してはけてました(涙)』   こ …