アイドル 舞台 覚え書き

「道」は後ろにできる・・・・・

投稿日:

 

高村光太郎の詩に

「僕の前に道はない

僕の後ろに道はできる」というのがあります。

詩集『道程』の一節です。

最期の3行がこちら。

『常に父の気魄を僕に充たせよ

この遠い道程のため
この遠い道程のため』

 

私はこの詩が大好きで。

光太郎の若い頃の詩ですが、このころならではの自負と覚悟が溢れているといつも思います。

そうして光一さんも、私の好きな他の方々もそういう「道」を歩んでいる、といつも思います。

それは、もちろん全ての人がそうであって、誰もが自分の道を歩いているのです。

さっそうと、あるいはとぼとぼと。

上り坂、くだり坂、曲道、迷い道・・・・そのすべてが「あなただけの」道です。

 

光一さんは「アイドル」として生きると決めたときから、「一人」を選び、「寡黙」を選び、

舞台を知った時から(多分)人を責めないことを学んだのでしょう。

責めても人は変わらない、ならば良いところを認めるだけと思っているのかもしれません。

それが後輩から「やさしさ」と捉えられるのかもしれません、それは違うよ、と私はいつも思いますが。

話を盛る子も嫌いです。信用できない気がします。

 

光一さんは説明できることは、あとからきちんと話してくれます。

人を責めず、人のせいにせず、自分が負うべき責任から逃げません。

長い間見てきてそう思います。

それは「座長」として、また「演出家」として舞台に向き合ったことが大きく影響しているでしょう。

自分の未熟さも知ったでしょう。

それでも一歩ずつ進む光一さんを応援しています。

 

光一さんはジャニーさんを尊敬しているでしょう。

今それをあえて語る必要はありませんが、光一さんを育てたのはジャニーさんでしょうし、舞台という場を与えてくれたのもジャニーさんです。

そういう意味では光一さんは良くも悪くも「ジャニー」さんを背負ってゆくでしょう。

そういう人だから。

 

「道はうしろにできる」

それでいいのです。

誰も歩いていない、一人だけの道を進んでください。

いつも見ていますから・・・。

 

【追記】

「SHOW BOY」は12日から公演再開だそうで。よかったです!!

公演再開のお知らせ【7月12日(水)以降】

 







-アイドル, 舞台, 覚え書き
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

この時代から「新しい文化」が生まれる!?

「7月に早々と舞台に立たせていただいて、その時は言葉にならないくらい胸が熱くなりました。今まで普通だった『舞台に立つ』ということが、こんなに凄いことだったとは、と。今回の朝ドラじゃないですが、こういう …

カウントダウンが寂しい・・・・

さあ、あと6公演。 博多座での「本編」公演が間もなく終わろうとしてぃます。   台風もありコロナもありましたが、カンパニーの結束とスタッフさんの努力で 博多座での公演は成功したと言っていいで …

えっ!!Endless SHOCK とSHOCK eternal  同時上演!!

なんだかすごいことになってますね! しかもライバルとオーナーはダブルキャスト? 記事がこちら。 堂本光一さん「Endless SHOCK」とスピンオフ同時上演へ 信頼するメンバーが集いましたね なんだ …

満開の桜に帝劇を思いながらもモヤモヤ・・・

  何かと忙しい毎日で、今日は梅田で研修など。 その合間に見た桜がこちら 梅田の真ん中の公園ですが、暖かい夕方、しばし桜に見入ったのでした。 ・・・・で、今日は2公演だったなあ、と一日を振り …

『初日おめでとうございます!』なのだけれども・・・何が起こった??

これが気になって・・・・。 EndlessSHOCK eternal初日「…ショーが始まりまーす」ってビバさんの真似で始まった^_^ 次々に場面は進むけどもう最初から涙止まらなくて… カテコで光ちゃん …