ジャニーズ

「時の流れ」はまだまだ流動的!

投稿日:

 

いくつかネットニュースを読んで思うのはまだまだわからない、ということです。

それだけテレビ局にとっては「ジャニーズ担当者」と言うのは特別な存在だったのでしょうし、力も権力もあったのでしょう。

視聴率が稼げればいいのですから。彼らはまだあきらめていませんし、時がたてば復権できると思っています。

それはジャニーズ事務所も同じこと。

 

もちろん「ジャニオタ」の存在も大きいでしょう。いまだにジャニーズを守ろうとか言っている人たちもいます。

被害者を疑ったり、陰謀だと言ってみたり、大きな声を出す人もいます。

こんな記事もありました。

「お前らは詐欺師」ジャニーズ性加害問題当事者の会が刑事告訴に踏み切った「誹謗中傷」数万通の中身

とくに

『当事者の会を立ち上げたときから、こうした書き込みは来ていました。それが、ジャニーズ事務所が社名変更を示唆し、ジャニーズの名前が消えるのではないかとの報道があってから、一気に増えました。『3代またいでジャニーズのファンなのに』といった書き込みもあります。たしかに、ジャニーズに夢を託し、人生の一部として応援してきた人も多いでしょう。そういうファンに強くは言えませんが、僕らは、性被害者として立ち上がらなければいけなかった。こうした事態を招いた原因を、ちゃんと考えてほしいと思います」』

↑こういう声をもっと真摯に考えるべきでしょう。

ファンは『たかがファン』にすぎません、それでも、痛みもなく同情もなくていいわけがありません。

 

私は、これはひどい!と思いましたし呆れました。

そんな行為の善悪は、本人たちの判断力にまかせるとしても。

 

いわゆる「ジャニオタ」の数や動向が気になるのでしょう。

でもそういった「ファン」の力は、そう大きいわけではありません。

組織とは違って流動的でうつろいやすいのです。

結局何もかも時の流れ次第です。

 

企業がそれなりの姿勢を明確にすること。

マスコミが性被害を許さない姿勢を取り続けること、

いつの間にか沈静化してしまうのではなく、ずっと見続けること。

大事なのはこれだけです。

さあ、できるでしょうか?

 

そうしてジャニーズのタレントたちがどう動くのか、ということ。

私はそこが一番大きいと思っています。

保身もあるでしょう、不安もあるでしょう。

決めるのは彼ら自身です。彼らの人生ですから。

ただ忘れてはならないのは、ファンはいつまでも味方ではないということです。

時に批判もしますし、時に離れていきます。ファンにとってはタレントというのはそういうものです。

かつて嵐ファンだった友人は今では韓国アイドルのファンです。そうしてそれは全く『ありがち』なのです。

 

私は力も何もない一ファンにすぎません。

ただ彼らの決断を見守るだけです。

黙って見て居る人もいる、ということも忘れてはなりません。

 

朝晩がかなり「秋」らしくなってきました。

これから「冬」に向かいますね。

 

・・・でもそのあとには「春」がやってきます、

その時、後悔なく「春の日」を浴びて欲しいと思います。

 

 

 







-ジャニーズ
-,

執筆者:

関連記事

東京は桜が満開とか・・・・野球もエンタメ界もいろいろ・・・

野球では「侍ジャパン」が優勝。   エンタメ界では滝沢くんの会社が今後どうなるのか。 春本番を前になんだか『激動』の気配ですね。 まあ、どうなるにしても、結局なるようにしかならない、と思って …

またしても❗️ またしても狙ったように(怒!)

6年ぶりのハイテンションが〜! 一気に落ちるKinkiシングル情報。 その前から、いらないメールはくるし。 私、FC辞めているんですけど? そんなこともお構いなしで、ぜったい参加するはずもないあちらの …

「ジャニーズ事務所の圧力問題」動き出すか!!

結局はすべては力関係の問題か?とも思いますが・・・。 こんな記事に注目しました。 ジャニ圧力問題で「元スマ3人」に超大物の援軍登場 テレビ復帰早まる   この「大物」というのは、あの笹川良一 …

ジャニーさん「家族葬」・・・・7月12日

ジャニーズの「こどもたち」が集まっての『家族葬』が行われたそうですね。 奇しくも光一さんのソロデビュー日と同じ日・・・・。   7月12日はさらに記憶に残る日になりました。 光一さんが寄せた …

東山さんの発言・・・・・。

  こちらの記事を読みました。   東山紀之「ジャニーズという名前を存続させるべきなのか」ジャニー氏性加害問題に言及し謝罪も ジャニーズ最年長の東山さんの発言は、やはり通り一遍のも …