本・雑誌

舞台誌 ロングヘアの光一さんです!

投稿日:

BESTSTAGE

Stage fan

STAGE SQUARE

の3月号が書店に並んでいます。

この時期の舞台誌はもちろん光一さんが表紙。

ロングヘアの光一さんが並んでいて書店のこの一角が光っています。

表紙の写真はKD応援団facebookで紹介しています。

こちら。

KD応援団facebook

 

写真はやはり「Stage fan」が素敵で光一さんがたくさん見られます。

何しろ『美しい人の新たな覚醒』と表紙に記載があるくらいですから。

記事は「STAGE SQUARE」が私はオススメ。

まず、稽古初日に全員が集まって「顔寄せ」をしたそうで。

それは変更点が多かったので自分で説明もしたかったから、と。

さらに、オーケストラビットを使う、とも。

また「あのシーン」を無くす、とか。

なぜ無くした!と叱られそうだけれども、全員が満足というわけにはいかないし、と。

それはどのシーンなのでしょう??

セリフもかなり歌で表現するように変わったらしいですし、それに伴って歌詞の変更もあるらしい。

昨年から一年ぶりの「SHOCK」なので、良い意味でリセットできた、と光一さんは語っています。

 

また内くんと優馬くんの対談がとても興味深かったですね。

梅芸の優馬くんに期待してもよさそう、と思いました。

 

光一さんの年代だからできる表現を学び続ける、という言葉に、座長の覚悟というのか、これからも続けてゆくのだな、と思いましたし、今年の舞台がその言葉を受けてどんなふうに変化するのか、しっかり見届けなければ、と思いました。

 

「SHOCK」初日は2月4日月曜日。

あと一週間余りです。

昨年の「ナイツテイル」とはまた違ったときめきがあります。

外部舞台からいわばホームに戻って、どこがどう変更され、どう表現されるのか?

内くん、優馬くんはライバル役をどう見せてくれるのか?

まずは帝劇での二か月の公演。

また、幸せな毎日が始まりますね!!

 

 

 

 







-本・雑誌
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

すべては舞台のために 日経エンタテインメント2018.8

まずは「すべては舞台のために」というタイトルに、もうやられてしまいます。 NHKのあのドキュメント、光一さんの息づかい、初めての舞台裏。   ・・・・・でも、井上さんと向き合う光一さんの表情 …

大千穐楽レポ‼️ 雑誌より

STAGE SQUARE vol.35 を購入してきました。   BEST STAGE にもレポはあったのですが、写真が大きくてたっぷりあるぶん、テキストが少ないような。   やは …

日経エンタ連載Vol.57は2ページ全てが見どころ読みどころ!

  前回はGコンの話だったので、正直まあ普通に読んで終わりでした。 この時の感想はこちらです。 日経エンタに見る相違   が、今回は2ページ全てがいわば「読みどころ」   …

日経エンタ連載 「 ぎゅうぎゅうエレベーター‼️」

日経エンタテインメント連載で、光一さんは先輩タレントが後輩たちを育てる、それがジャニーズと言っていますね。   で、「ナイツテイル」について。 自分だけが「座長」と大袈裟に扱われない点が心地 …

日経エンタ 「現状維持ほど難しいものはない」?

日経エンタ、光一さんの連載のタイトル?は「現状維持ほど難しいものはない」 なのですが・・・・・。   「SHOCK」は18年、KinKiは22年続けている、と。 「この状態、まずいよね。どう …