覚え書き

優先順位⁉️

投稿日:

今、この時期、いろいろな事を考えます。

 

そうして、思うのは、光一さんが一番やりたい事は何だろうか?ということです。

いつも、目の前の仕事に全力を尽くす、と言いますよね、

それはよく分かります。

ですから、SHOCKの稽古と後輩くんの指導と、いろいろ重なっても、全力を尽くしたのでしょう。

 

エンタの連載でも、またオファーがあったら後輩くんの指導に行くかも、と言っていましたね、

キンキコンについても、決まった以上は全力を尽くすのでしょう。

ただし、グループのメンバーがあちらですから、「全力」がどんな方向に向かうのか、辛うじてステージを保つだけ、といったところになるのかもしれません、

ここ数年のキンキをみれば、(みていないけれども)立って歌うだけのようですから、コンサートにそれ以上を求めても仕方ないでしょう。

キンキはジャニーズでは前例のない、歌うだけのグループになったのです。

 

ただ、そういうキンキの仕事は、光一さんにとって全力を尽くす意味のあることですか?

 

 

たとえば岡田くんには俳優としてジャニーズのくくりからは離れたところで認められたい、という大きな目標があるでしょう

錦戸くんは、アイドルとして、俳優として、またバラエティ番組等で人気者になることよりも、自分の音楽に拘ったのでしょう。

 

光一さんの拘りは舞台ですか?

 

20年を迎えるSHOCKは、光一さんを支えてきた舞台でもあります。

まさにライフステージ、ライフワークでしょう。

 

しかし、それは最初はジャニーさんが、のちには帝劇(東宝)が望んだ「仕事」となり、もちろん光一さんは「全力を尽くす」ことで応えてきたわけです。

「SHOCK」は毎年上演され、記録も伸ばしてきました。

 

「ソロコン」も結果として3年ごとに行われてきましたが、それはスタッフの「そろそろ・・・・」と言う言葉に促されたもの??

 

ファンというのはある意味「盲目」ですし、「あばたもえくぼ」です。つまりは「光一さん」ならなんでもいいのです。

ドラマも喜びますしもちろん劇場にも行きます。

それが初期の「SHOCK」でも、です。

「ショータイム」も楽しみますし、それが無くなっても文句はいいません。

次の「Endless SHOCK」があったからです。

 

毎年必ず劇場に向かい、1公演だけではなく、2公演3公演と舞台を観るファンによって「SHOCK」は支えられてきました。

そこに光一さんがいたからです。

ごくシンプルに言って、それだけでいいのです。

 

ただし、少なくとも私にとっては本当に見たいものは「ソロコン」でした。

 

あの最初の「ソロコン」の感動と嬉しさ。

これこそが光一さんの真骨頂だ!!という思いは今も少しも変わりません。

ですから、ソロコンを待ちながら「SHOCK」を観るという日々が続いてきたのです。

しかし、もう4年、「ソロコン」はありません。

 

光一さんの時間もファンの時間も無限ではないのです。

 

有限の時間の中では、何を優先するべきか?みんな考えるのではありませんか?

 

ファンにはファンの時間が流れていて、生活の中では、だれもが優先順位を考えながら生きています。

だからこそ、

次第に「盲目」ではいられなくなり、「あばたもえくぼ」でもなくなり、しっかりと目を開いて現実を見るようになるのです。

 

目の前の仕事に全力を尽くす、それが光一さんです。

そこは理解できます。

でもそれは仕事の選び方としては「受け身」ということにはなりませんか?

もちろん「仕事」ですから、好きなことばかりはできないでしょう。

しかし、

滝沢くんに依頼されたら後輩の舞台の演出補佐にあたり、事務所に言われたら後輩のコンサートのお手伝い、キンキコンがある、となったらキンキファンのために何ができるかを考える。

もちろん来年が決まっている「SHOCK」のこともいろいろ考えているでしょう。

 

 

・・・・では「ソロコン」は??

スタッフが「やりましょう」といわなければ行われないのか?

それともまだまだ「ソロコン要望」が足りないのか?

どこまでも「ソロファン」は後回しなのか?

 

「優先順位」というのは、つまりは「オファー」された順番ということなのか?

 

そこに光一さんの「やりたいこと」の順番はないのか?

 

今、目を開いて、光一さんのすることをファンは見ています。

我儘なファンでいたかったけれども、ファンの思いは信じて待てば叶う、と思っていたかったけれども、そもそもファンって何?と疑問を持ち始めてもいるのです。

 

光一さんができない約束はしないことは分かっています。

来年の「SHOCK」のいつもより早い発表も、今年限りで「SHOCK」を去る方たちへの光一さんの気持ちの表れでしょう。

それは理解しています。

・・・・でも、「ソロコン」については、ひとこともありません。「やらない」という言葉もありません。

 

長く待ちすぎると、心の灯は小さくなり、消えてしまうのかもしれませんね。

 

3年ごとであっても「ソロコン」はファンの心を熱く燃やし、その温かさで、気持ちは満たされて、次を待つエネルギーを生み、ファンはファンでいられるのです。

 

 

「SHOCK」の大ファン、と言う人もいるでしょう。

でもわたしは違います。

光一さんに会うために(ほかでは会えないから)劇場に行きますが、「ソロコン」ほどの満足感は得られません。

 

そうして、今、疑問は大きくなるばかりです。

 

そもそも「ソロコン」をする気が光一さんにはあるのだろうか?

 

光一さんが一番したいことは何なのか?

「ソロファン」の存在と「ソロファン」の気持ちは伝わっているのだろうか?

 

こういう質問に答えはないのでしょうか?

 

ファンは、ただ「信じて待つ」だけなのでしょうか?

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「楽しく見放す」・・・ popstyleブログより

  水曜日?の読売新聞を買いそびれてしまったのですが、ツイッターで「popstyleブログ」を知りました。 早速読んでみると、思った以上に濃い内容で、考えさせれられました。 前半はケアード氏 …

絶望して死ね!!

まず頭に浮かんだのはこの言葉! だいたい20回くらいはリフレイン。       ・・・・・・で、このセリフの続きを思い出したのはその後しばらくしてから。 もちろんDVDで …

FNS第2夜?

後から動画を送っていただき、見ました。 あの12月5日の生放送での、光一さんの輝く笑顔、楽しそうなようす、もちろん素晴らしかった歌、もうそれをリピートするだけで十分幸せです。   ・・・・・ …

時々分からなくなる「ファン」の気持ち!?

Twitterのフォロワーさんがリツイートしていました。 私のフォロワーさんはほとんどが光一さんファンの方です。 私がこのツイートを知ったのもリツイートがあったからですが。   光一さんが後 …

理解できないこと。

このところ伝わってくる一連の堂本剛くんの愚痴は、彼のソロイベントでの発言とか・・。   ドームに立ちたかったのに、「トークショー」等の提案が受け入れられなかったことを愚痴り、それをファンが拡 …