ジャニーズ

今井翼くんのリスタート!・・・と?な情報も。

投稿日:

翼くんがネットで発信を始めたとか。

体調も回復したらしく、もはや事務所への忖度も減ってきた状況であれば、今後の頑張り次第か、と思います。

 

フォロワーも順調に増えているようで、まずはよかったです。

 

翼くんといえば、やはり光一さんとの「SHOCK」繋がりなのですが・・・・、なんでしょうね、この「アウェー」感は。私だけかもしれませんが。内くんや屋良くんに感じる身内感とは違うのですね。

 

翼くんは、初期の「SHOCK」はもちろん、「Endless SHOCK」になった頃も出演していました。

2005年は錦戸亮くんとのダブルキャストでライバル役、2006年も同じ。2007年はライバル役が斗真くん。(このライバルたちの映像もぜひ残して欲しいものです。)

2008年からは屋良くん。

ライバル役といえば、やはり屋良くんのイメージが強く、あのギラギラした飢餓感というのか、コウイチには負けない自負心というのか、とにかくこちらが不愉快に思うほどの存在感がありました。

 

翼くんは良くも悪くも淡泊で、淡々としているな、というイメージしかなくて、今となってはむしろ「Endless ~」以前の「SHOCK」出演者という感覚です。

あの「アドリブ」コーナーでいつもちょっと困っていた姿が思い出されます。

 

ジャニーズではキンキに次ぐデュオである「タッキー&翼」のメンバーでもあって、もう少し親近感があってもいいはずなのですが・・・・。

 

デュオといっても、キンキとタキツバにはグループ結成の経緯からして大きな違いがあり、同じように語ることができません。

つまりは、それだけキンキが特殊である、ということにもなるのでしょう。

特別、翼くんのファンでもないので、特に思い入れもなく、気持ち的には交わるところが無いまま、すれ違ってきたなあ、と言う気がしています。

 

錦戸くんも翼くんも、「SHOCK」のライバル役を分けあう関係にあったわけですが、二人とも、本当にやりたいことのために、事務所を去る決断をしました。

また、それがしやすい環境になったのは間違いないでしょう。

もう二人とも十分に大人ですし、思うが儘に頑張って欲しいと願っています。

 

・・・で。こんな記事もあって。

Kinki Kids、年末年始のドームコンサートで重大発表か!?

 

これは例の会報をめぐっての憶測記事ではありますが、今のどうにも身動きできない状態をなんとかしてくれるかもしれない!という意味合いで、ちょっと期待もしてしまいます。

 

ここにあるように、剛くんの「受け皿」になる場所があるなら、可能性は無くもない気がします。

 

また、あの会報を受けて、何らかの「本気の」リアクションがあるなら、キンキのためにもいいことだと思っています。

 

今回のコンサートを最後にする、という前提での「新曲」でありドームコンなら、新たな希望が見える、というものですが・・・。

 

これまでの経緯もあって、過度の期待をしたくはありませんが、少なくとも剛くんの希望が叶うのであれば、大いに結構!!と思っています。

 

光一さんにも『番協』??

何らかの動きがある様子。

 

まあ、静かに見守るだけ、です。







-ジャニーズ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

渋谷すばるくんの脱退・退所!

  渋谷すばるくんの関ジャニ∞脱退、ジャニーズ事務所からの退所が発表されましたね。 しかも、メンバー全員(安田くんの欠席はあっても)とともに会見。   ジャニーズ事務所の「様変わり …

つまりは「炎上」狙いですか?フジテレビが凋落する理由がわかりますね!

  「ブンブブーン」のあちらの誕生日企画は結局炎上狙いの話題作りだったのでしょうか?   どうやら福田某のお得意技らしいですしね。 でも「狙い」の炎上では効果はないと思いますが・・ …

カウコンにタッキー&翼?!

よかったですね。 ファンの方は二人をまた見ることができて。 しかも、トップ4? 山下くんに、風間くん、斗真くんに長谷川くんがバックにつくとか.   この時代のことはあまり知らなくて申し訳ない …

東テレ音楽祭!??

今夜なんだ~と知っていたものの、そもそも見る気が無し!   ツイッターでいくつか感想を拝見しましたが・・・・。 駐車場で歌った? 音響が悪かった? 生放送?     まあ …

錯綜する報道・・・・!

  ここ数日、本当に様々な報道がされていて、結局はジャニーズ御用達メディアと反ジャニーズメディア、という立場の違いからの内容の差、といういことをつくづく感じています。   たとえば …