ジャニーズ

しばらくは「静観」と思っても気になること・・・!

投稿日:2019-11-11 更新日:

KinKiに解散という道があるのかどうか、新曲が出るということですし、そもそも事務所が解散を認めるのか?と言う疑問があります。

何しろ「新たな伝説」でしたっけ?

いや「新たな神話」でしたね、それが始まる、と公式に言っているらしいですから。

剛くんの「会報」記事にどれほどの効果があるのか。

かなり怪しくなってきた、と思っています。

 

今のところ、ジャニーズ(事務所)の没落?を面白がりたい派と、ジャニーズ擁護派のメディアの記事がいろいろ出ているようで。

まだまだ先が見えない状態です。

やはりここ一年くらいは見えない状況が続く気がしています。

 

光一さんの場合、舞台「SHOCK」は続くだろうと思います。

ただ気になるのは「ジャニーさんの意思を後輩に継承する」と言うワード。

敢えて「遺志」とは言いませんが、後輩の舞台やコンサートの演出やサポートに先輩が当たる、ということがたびたび行われ、たとえば松潤が、例えば関ジャニの横山くんが、その様なことに当たっているとか。

 

コンサートはともかく、舞台となれば、やはり光一さんが何らかのサポートを求められることになりそうで。

今回の”ドリボ”で実証されたように、光一さんの演出で明らかに変化が見られる以上、事務所ばかりでなく後輩くんたちからも光一さんのサポートを求める声が大きくなりそうです。

 

光一さんにはまだまだ表舞台に立っていて欲しいですし、実際そうなるとは思うものの、自身のソロコンにまで手が回るのかどうか、気がかりです。

 

「若い後輩たちにジャニーさんの教えを伝えることが先輩の役目」的な言い方をよく目にします。

これも事務所の戦略の一つ、とも思います。

ジャニーさんの名前が様々なことで利用できますし、「先輩」たちの引き留め、というのか、「後輩の指導」に当たる、と言う形で事務所でのポジションを確保できる、という保証にも使えるでしょう。

 

・・・ただ私はどこかの記事で、ジャニーさんが嘆いていた、というのを読んだ記憶があります。

自分の自由に若いタレントを使えなくなった現状を嘆き、やりたいことがあったら、事務所を出る方がいい、と言ったとか。

まあ、こういった記事の真偽はわかりませんが。

 

いずれにしても、

あまりにもジャニーさんの偉大さを説こうとする記事やNHKの紅白での追悼企画などには違和感があります。

 

 

いつか、その反動のような報道もあるだろうと思いますし、来年以降が問題だろうと思っています。

 

 

ひと先ず、来年は「SHOCK」があります。

地方公演があるかどうかは、まだわかりません。

光一さんの「ソロコン」はどうなるのか?

その前にKinKiはどうするのか?

 

一喜一憂にちょっと疲れた今は、次の「日経エンタ」や、もしあれば「SMGO」の更新を待ちながら、光一さん自身の言葉で今後を語って欲しいと願っています。

 

 

 







-ジャニーズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

願うのは光一さんの望むことができる環境!

  帝劇の座長として、ジャニーズが帝劇の舞台に上がれる牽引役となった光一さんですが、ジャニーズ事務所は光一さんを「SHOCK」だけに閉じ込めてきたと思っています。   外部舞台への …

東テレ音楽祭!??

今夜なんだ~と知っていたものの、そもそも見る気が無し!   ツイッターでいくつか感想を拝見しましたが・・・・。 駐車場で歌った? 音響が悪かった? 生放送?     まあ …

「グループ」と言っても、もう大人です!

山口くんの謝罪会見が行われたのですね。 弁護士が同席して、「無期限の謹慎」という事務所の処分を発表したとか。   結局、事務所はあの稚拙な「作文」を出しただけ。 誰が責任者かも、誰があの作文 …

TOKIOの「謝罪会見」!?

  また繰り返された「会見」 謝罪するのは管理責任のある事務所でしょう。 しかもTOKIO担当はメリーとか。 裏での恫喝は得意でも表には出てこないようですね。 責任者は隠れたままで、まずは「 …

ジャニーさん「家族葬」・・・・7月12日

ジャニーズの「こどもたち」が集まっての『家族葬』が行われたそうですね。 奇しくも光一さんのソロデビュー日と同じ日・・・・。   7月12日はさらに記憶に残る日になりました。 光一さんが寄せた …